バラナシの夜が幻想的すぎてやばいと俺の中で話題に。

___________________________________________
どうも、旅丸shoです。

2013年5月13日から世界一周の旅をはじめました。
皆様に旅の素敵さと面白さと切なさと歯痒さを、写真と情報でお届けしたいと思います。
ランキングに参加しております。
よかったら一日一度のクリックお願い致します。


携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログ応援ボタン


パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
_________________________________________


9月25日
〜バラナシ〜

夕方。
僕はふらふらとガンジス川へむかいました。


 20150925IMG_3417.jpg
ガンジス川には毎日夕方たくさんの人たちが訪れます。


 20150925IMG_3430.jpg
ここでは毎晩《プジャー》と呼ばれるお祈りの儀式が行われてるんです。


 20150925IMG_3426.jpg
その儀式を見るために多くの人が訪れます。
毎晩訪れてる人も。


 
20150925IMG_3430.jpg
バラナシにくるのは3度目。
けれどこのプジャーを見たのは初めてだった。


どうしてもバラナシといえばガンジス川から見るサンライズと火葬場のイメージが強かった為、夜にプジャーという儀式があることすら僕は昔知らなかった。




20150925IMG_3437.jpg
けれど今日この場所を訪れて思った。








バラナシは〜サンライズと火葬だけだと思ってい〜た〜ら〜




プジャーがすて〜きすぎました〜






koume1.jpg
ちきしょー!!!
今までもきとけばよかったー!!!



 
20150925IMG_3443.jpg
・・・




20150925IMG_3438.jpg
僕は狂い咲いてしまったんです。
プジャーの光景を見るだけで大興奮。


しかも一番インドの中でも苦手としていたバラナシで大興奮。



20150925IMG_3463.jpg
僕はバラモン達の祈りに夢中になっていました。
大勢の人たちが訪れている夜のガート。



20150925IMG_3472.jpg
その中をできるだけ自分が納得いく角度で見れるようにあちこち移動し



20150925IMG_3457.jpg
バラモンの姿を一枚一枚丁寧に写真に収め続けていた。




20150925IMG_3479.jpg
ここで祈りを捧げているバラモンというのはインドのカースト制度の中の最高位であり、ヒンドゥー教の司祭階級の総称の事を言い表す。



20150925IMG_3496.jpg
インドのカースト制度は生まれた時から階級が決まっている。
なので彼らは生まれながらにしてバラモン。
修行をしたからという訳ではなく、生まれた時からこの場所で祈りを聴く側ではなく、祈りを捧げる側の立場の人間。


今は憲法によってカースト制度は否定されているものだけれど、やはり現在もなお残るカースト制度。


20150925IMG_3502.jpg
不思議な事に、彼らには何か神がかったようなものを僕は感じてしまった。


20150925IMG_3506.jpg
それは決してバラモンとシュードラ(カースト制度の最下位)のどちらが偉いとかそういう問題でなく



20150925IMG_3514.jpg
この場所で日々祈りを捧げる姿が美しいものだと僕は感じた。


20150925IMG_3536.jpg
火の灯ったろうそくが立つ燭台を手にし



20150925IMG_3549.jpg
祈りを捧げる彼らの姿が本当に美しかった。



20150925IMG_3543.jpg
この場所には観光客ももちろん多い。
大勢の人が見に来ているというのもあるし、ツーリスト用になっているのかもしれない。


けれど




20150925IMG_3530.jpg
実際にこの光景を目の当たりにすると



20150925IMG_3553.jpg
ツーリスト用なのかどうなのかなんて一切頭の中には浮かんでこない。


ただひたすらに…



20150925IMG_3589.jpg
バラナシの美しい夜に酔いしれてしまう。


20150925IMG_3573.jpg
僕は本当に魅了されてしまったんです。
自分が知っているバラナシとはまったく異なる光景が目の前で繰り広げられていたから。


20150925IMG_3611.jpg
しかもその美しい光景は毎夜この場所で見る事ができるだなんて。




koume1.jpg
ちきしょー!!!!
前もみとけばよかったー!!!!


完全に小梅太夫なのでした。



そんな風に思っていたら…





だんだん


20150925IMG_3623.jpg
あれ?小梅太夫なんじゃないか。


こんなとんでもない事まで僕は思うようになってしまった。


20150925IMG_3635.jpg
プジャーはおよそ一時間ほどで終わる。


20150925IMG_3637.jpg
プジャーが終わるとバラモンはステージを降り、お祈りの儀式で使っていた用具を持ってガンジス川へ。



20150925IMG_3640.jpg
すると大勢の方がバラモンの体に触り出しました。


きっとこれはご利益か何かでしょう。





僕もしっかり触らせていただきます。
今回4日後にロングフライトが控えている僕としてはガンジス川に入る事は厳しいのです。





昔とんでもない目にあいましたからね。
人間ってこんなにうんこでるんやっていうくらい出しました。
消化ってこんなに早いんやっていうくらい食べたらすぐ出てました。



以前僕はベトナムを旅した時に、赤痢っぽいやつになった事があります。
異変を気づいたのは飛行機の中。
しかももうすぐ着陸。
普通着陸態勢時では飛行機のトイレは使用禁止なんです。
けれど僕の肛門はもう限界。
このままだと墜落の次に最悪のパターンに陥ってしまう。


運良く日本人女性のスチュワーデスさんがいたのでお願いをしました。

sho『すいません…トイレに…トイレに行かせてください…』

スチュワーデス『今は着陸態勢に入っているので10分程我慢していただけませんでしょうか』

sho『無理です…飛行機が…パニックに陥ってしまう…』

スチュワーデス『わかりました。それは仕方ありません』


優しいスチュワーデスさんは僕にそう言い、何かレバーなようなものを引いた後、僕をトイレに案内してくれました。


トイレに入りズボンとパンツを下ろし、一気に放出。
一気に放出と書いたけれど、一気に放出できるような量じゃなかった。
一度で出し切ってしまうと確実にトイレがつまる。





koume1.jpg
ちきしょー!!!
まだ出るー!!!


どんな時でもCOOLに冷静に。
僕は一度レバーを引き、流す事に。


そしてもう一発。



ふぅ…


これで着陸までは耐えれる…



そう思った時、飛行機は僕を便器の上に残したまま無情にも着陸。




結果




着陸の振動により3発目放出。


僕はこの時こう思った。





《神秘だ。まだ出る。》




そんな事があった為、今回は大事をとってガンジスには入らない事にした。
陸でバタフライするからいいさ。



その時



ぶしゃー!!!!

20150925IMG_3645.jpg
川に入っていた男がガンジス川の水を周りに巻きまくっていた。




結果





in to the mouse





・・・




20150925IMG_3660.jpg
バンザーイバンザーイ




20150925IMG_3654.jpg
おじいちゃん1『あの子、お水お口の中に入ったんだってぇ〜』

おじいちゃん2『・・・え〜?』

おじいちゃん1『ガンジスがよ〜、お口の中に入ったんだってぇ〜』

おじいちゃん2『・・・ガンジーが小倉の中に入った?それはめでてぇ〜』





・・・





『おい』




・・・






20150925IMG_3662.jpg
乳牛っぽい牛『俺のおごりだ』






ぶりぶりぶりぶりぶりぶり




ば・・・バラナシの夜が幻想的すぎる・・・


[広告] VPS


本日もありがとうございました!! 

ブログ応援よろしくお願いします。

▼▼▼パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
▲▲▲パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。


▼▼▼携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
旅丸ブログ応援ボタン

▲▲▲携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。


  





スポンサーサイト

スポンサーリンク

8 Comments

ギャハハハQ~Q~  

なんでまた!!あなた、ポッカ~~~ンと口開けて、坊さんみとれたんでしょ?!
ポッカ~~ンと!!!

そんなときの為に、次回はイソジンもっていって、ガンガのお水にイソジンいれてうがいしてみて!!

どうなるのかね?そういった場合、どうなるのかね????

デンジロ~先生とは違う感じだけど、実験たのしそうだね~w

プロフィ~ルは、写真たのんだぞ!!!

大根、アスパラなっ!あとは、、、鼻にピ~マン半分わって被せるか?

用意はしておく。。。

キレイなものをキレイにとってねっ!!!

2015/11/03 (Tue) 08:00 | EDIT | REPLY |   

ヒロリン  

あぅ〜〜プジャー綺麗すぎる‼︎
動画でさえこんなに感動するなんて‼︎
素敵すぎる‼︎
こんなの毎晩行われていたとは…
バラナシに行ったら絶対見なきゃですね
(火葬とか怖くて見れないし)
SHOさんがクローズアップしたバラモンの
カッコ良さと言ったら…
インド、興味はあるけど 行くのはちょっと的な
国でしたが、コレは見てみたい。

でもうんこは踏みたくない…笑

素敵な動画をありがとうございました

あっ、高野てるこさんのガンジス川でバタフライ
昔読みました〜
あれからガンジス川で泳ぐのが
バラナシ観光のメインみたいに
なっちゃってるんですよね〜〜笑

2015/11/03 (Tue) 19:26 | EDIT | REPLY |   

にょろ  

神秘〜

炎の赤が全身に染まったバラモンが神秘的すぎて・・・。
実際見たらすごく感動するんやろね。

ガンジス川って、入っただけで赤痢になんの?
なんちゅー恐ろしい聖なる川。
後半ずっとブリブリやんか!

2015/11/03 (Tue) 22:29 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆くちあけぽかんきゅー☆

完全にあいてた。
みとれてたから!!!!
ほんまぼーさんが男前すぎたわ。

がんがのお水にいれてうがいしたら大丈夫にきまってるやん!!!
体の中の悪い物全部お尻からでるわ!!!

もちろん!!!
パプリカ割ってかぶしてくれてもいいで!!
その方が彩りが綺麗かもしれへん!!!

2015/11/04 (Wed) 02:40 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆ヒロリンさん☆

あぅー!!ってなるくらい素敵でしょ!!
ほんまにプジャーすごかったです。見事!!あっぱれ!!

バラナシにいったら絶対にみないとダメですねこれは。
よるやけどそんなに遅くないし。

火葬場なんですが、怖さは本当に0ですね。
明後日くらいかな?火葬場に関するブログ書いてるのでよかったらまたみてください!!

僕も読みました笑
いやー、あの本いいんですけど、確かにあの本の影響でバラナシ観光といえばガンジス河で泳ぐ!!!
ってなってしまってるのはいなめないですねー。
沐浴として入るならいいんですけど、地元の人たちからすると観光ではないですからね沐浴w

基本日本人しか泳いだりしてないですw

2015/11/04 (Wed) 03:02 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆にょろ☆

バラモン男前すぎてひくやろ笑
いやぁ、あれ神秘的すぎた…毎晩みたい。

ガンジス河では何かしらが体内に入り込み下痢や発熱、嘔吐などを発症する方が半数いらっしゃるとかいないとか…

だってぶりぶりしてるから!!!!
犬も牛も人も!!!!!

2015/11/04 (Wed) 03:20 | EDIT | REPLY |   

ニコニコ  

仕事中に見てました(^-^)スチュワーデスの下りで吹き出しそうになってあぶなかった。癒されました。゚(゚^ω^゚)゚。

2015/11/04 (Wed) 22:28 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆ニコニコさん☆

吹き出してくれてよかったんですよっ!!!!
おもっきり!!!!

2015/11/05 (Thu) 01:50 | EDIT | REPLY |   

Add your comment