【番外編】死=??? 死×(燃+灰+川)=幸


___________________________________________
どうも、旅丸shoです。

2013年5月13日から世界一周の旅をはじめました。
皆様に旅の素敵さと面白さと切なさと歯痒さを、写真と情報でお届けしたいと思います。
ランキングに参加しております。
よかったら一日一度のクリックお願い致します。


携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログ応援ボタン


パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
_________________________________________


僕は二日間のバラナシ滞在で両日訪れた場所が3箇所ある。

20150925IMG_3623.jpg
一つは僕がバラナシを好きになった理由のプジャー。
本当に美しく、本当に幻想的だった。



そして

20150926IMG_3682.jpg
バナ・ラッシー
バラナシにあるバナ・ラッシーでは美味しいラッシーが飲める。
フルーツが入った美味しいラッシー屋さん。
レゲエの音楽が流れゆっくりとした時間が流れるお気に入りの場所。




今日はもう一箇所の話。



ふらふらと歩いていると…


20150926IMG_3406.jpg
おじいさんが木を切ったり、天秤に木を乗せたりしているのを見かけた。


sho『何をしているんですか?』


おじいさん『屍体を燃やす木を売っているんだよ』


ここは火葬場のあるガートの前。
いくつもの亡骸が毎日絶える事なく運ばれてくる場所。
ガンジスのほとりで燃やされ、灰になり、川へと流される為に毎日毎日たくさんの亡骸が運ばれてくる。


その亡骸を燃やす為の薪ををおじいさんは売っていた。

20150926IMG_3410.jpg
大量に積まれた亡骸を燃やす薪。

20150926IMG_3407.jpg
その薪の重さをはかる大きな分銅。
小さい方は20Kg。
大きい方は50Kg。
合計70Kg。


sho『薪は70Kgでいくらなんですか?』


おじいさん『320ルピー(約600円)』


sho『一人の亡骸を燃やす為に何Kgの薪が必要なんですか?』


おじいさん『200Kg』



おそらく70Kgを三回分という事だろうか。
となると




一人の亡骸を灰にする為の料金は約1800円程という事。


インドは貧富の差が激しい国。
もちろん1800円が安いという人もいるだろうし、とんでもなく高いという人もいる。


けれど、インドの人々はこのガンジスで燃やしてもらう為に食事を我慢してお金を用意しようとする事もある。

20150926IMG_3408.jpg
沐浴をする人がいた。
この沐浴をしている場所のすぐ隣には火葬場がある。
写真の中に見える黒い灰はひょっとしたら誰かの亡骸が灰になったものかもしれない。


そう。
インドの人にとって死というのは日本と比べると日常生活と非常に近い場所にある。


火葬場の裏にはいくつかの建物がある。
その中の一つにこんな場所がある。

20150926IMG_3736.jpg
死を待つ場所。


後はただ死を待つだけとなった人がその場所で毎日ただ座っているだけの場所。
死ねば下にある火葬場で燃やされ、灰になり、川へと流される。


死ぬ事は怖くない。
灰になり、川へと流されるだけ。


そしてそれはインドの人にとって嬉しい事。
何よりも喜ばしい事なのだと言われている。


僕はこの場所で次から次へと運ばれてくる亡骸と共にその親族の方も見た。
誰一人として笑ってはいない。
けれど泣く人もいない。


20150926IMG_37411.jpg
人間の感情っていうのはそんなに上手になんでも処理ができるようなスーパーコンピューターじゃない。

1+1=2


数字の計算なら簡単にできる。
けれど


人の死×(燃やされ+灰になり+川へ流される)=幸福


こんな計算式は一瞬で解ける訳じゃない。
インドの人にとってそれが喜びだとしても、残された側の人にとってはそんな計算式はすぐに解けない。


それが感情っていうものやと思う。


頭の中ではわかってはいる。
計算式を解こう。
これは幸せな事だ。
だから悲しむ必要なんてない。
なんなら笑顔で燃やされ、灰になり、川へ流されていくのを見送ろう。
だってこれは何よりも喜ばしい事だから。


けれど解けない。
人の死×(燃やされ+灰になり+川へ流される)=幸福
という式が解けきれていない。

20150926IMG_36921.jpg
その間にも、どんどん亡骸は燃やされて灰になっていく。

20150926IMG_37011.jpg
亡骸が燃やされている横を行き交う小舟。

20150926IMG_37441.jpg
上を見上げればサドゥの姿。

20150926IMG_36941.jpg
そして遠くからはたくさんの人たちが火柱を見つめていた。


僕はこんな風に思った。


人の死×(燃やされ+灰になり+川へ流される)=幸福

このなんとも言えない不可思議な計算式が解けるのは



20150926IMG_37451.jpg
亡骸が灰になりガンジスへと流されていく時なんやろうな。

その時、別れの寂しさや悲しさは昇華されて、はじめて少しの笑みをこぼし、川へと流れていく灰を見送る事ができるんかもしれんな。


20150926IMG_34031.jpg
多くの人間は死に対して敏感やと思う。
僕もそう。
けど、僕は案外死に対して冷静な方なんかもしれへん。

もちろん親族やペットが亡くなった時は、なんとも言えない複雑な気持ちになった。


悲しい。
寂しい。
辛い。


けれど、それはその相手が亡くなった事に対する事じゃないのかもしれない。
相手の死に対して悲しい・寂しい・辛いという気持ちになった訳じゃないのかもしれない。


結局は自分自身がその相手と話したり、遊んだりする事が出来なくなる事に対してなんやと思う。


例えば、話した事がない芸能人の方が亡くなった時。
僕はこんな風に思う
『あ〜…⚪︎⚪︎さん亡くなったんや…』


正直にいうと、これぐらいの気持ち。
たとえ、僕が大好きなお笑い芸人さんが亡くなったとしても
『あ〜…⚪︎⚪︎さん亡くなったんや…面白かったなぁ…』
こんなぐらい。


そう考えると、やっぱり僕は誰かが亡くなった事に対して悲しみや寂しさを感じるのは、明日からこの人と一生話せなくなるのか、遊べなくなるのか、という事に対するものなんやろうな。


けど、これって僕だけじゃないよな。
いや、ほとんどの人がそうなんじゃないかなって思う。



だって



ありがとうって気持ちになるやろ。

今まで僕と一緒におってくれてありがとうって。
今まで僕と話してくれてありがとうって。
今まで僕を楽しませてくれてありがとうって。
今まで僕を笑顔にしてくれてありがとうって。
今まで僕を支えてくれてありがとうって。
今まで僕を幸せにしてくれてありがとうって。



今まで僕を愛してくれてありがとうって。




誰かの死に対するありがとうじゃない。
主体となっているのは僕自身。


身近な誰かの死を容易に受け止めれる程僕はしっかりしてない。


悲しさや辛さ、寂しさがどうしても溢れ出てしまう。
そりゃ泣く事だってある。


けれど、それを上回る程僕はその相手の方に感謝したい。


今まで僕と一緒におってくれてありがとうって。
今まで僕と話してくれてありがとうって。
今まで僕を楽しませてくれてありがとうって。
今まで僕を笑顔にしてくれてありがとうって。
今まで僕を支えてくれてありがとうって。
今まで僕を幸せにしてくれてありがとうって。



今まで僕を愛してくれてありがとうって。



だってそっちの方がええやろ。
僕にとっても、亡くなった相手にとっても。




もちろん僕は何か一つの宗教に固執してる訳ではない。

死んで極楽浄土?楽園?輪廻?
僕にはよくわからん。
もちろんそう考えれるようになれば、死んだ後の楽しみの一つでもあるのかもしれんけれど、やっぱりしっくりこない。



長渕剛の曲でガンジスという曲がある。
この曲は長渕剛自身がガンジスを訪れた時に、感じた事やそこでした会話を音楽にしたもの。
僕は遺体が燃えている横でこの曲を聴いていた。


長渕剛は死んだらどうなるのかと尋ねた。
すると老人はこう答えた。



死んだら灰になるだけさ


なるほど。
ただ灰になるというのもあるか。


きっとこの考え方はデスノートで死んだら無になるというのとよく似ているのかもしれない。


けれど、まだ僕にはピンときていない。


多分僕は一生

死ぬ=????

この単純な式を解けないままかもしれない。
けど、解こうとも思わない。

死ぬ=楽園へ
死ぬ=生まれ変わりへ
死ぬ=地獄へ
死ぬ=灰に、そして無へ



人生で答えがでない事を残して死ぬのも良いかもしれない。


死んだ後に答えがわかるから。

誰にも内緒の答え。



あ、そっか。

その秘密の答えがわかるっていうのが、死ぬ事の特権なんかもしれんな。


その時まで僕は精一杯生きようと思う。
なんとなく、精一杯生きていたらヒントだけは見つかりそうな気がするから。


死ぬ=???


の答えに対するヒントがうっすらと見つかるかもしれんから。
きっと今回のバラナシで見た人が燃え、灰になり、川へ流されていくのも僕が精一杯生き、旅をし、この場所にこれたから遭遇したもの。


これもきっと


死ぬ=???

の答えに対するヒントやったんかもしれん。


20150926IMG_37631.jpg
プジャーを見てヒントを得たような気がした。


本日もありがとうございました!! 

ブログ応援よろしくお願いします。

▼▼▼パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
▲▲▲パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。


▼▼▼携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
旅丸ブログ応援ボタン

▲▲▲携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。


  





スポンサーサイト

スポンサーリンク

4 Comments

にょろ  

人は死んだら

人は死んだら灰になるだけが良いなぁ。
死んでからもあの世でなんやかんやするの面倒だもん。
残された人もしばらくは思い出してくれるだろうけど、忘れるのも大切な事やしね。
全てリセットして生まれ変わるのも良し。
リセットしてるから覚えてへんしね。
シンプルが一番だ〜。

カラースプラッシュええやん!

2015/11/05 (Thu) 07:24 | EDIT | REPLY |   

られられQ~  

神秘的だね~ガンガは。。。

死か、、人はいつかかならず死ぬもんね。。
普通で言うなら歳の順に?

身近な人やペットとの別れは、もうさわることも、話すこともできない、と思うとさみしいよね、でも、かならずわかれはくるしね。
歳をとるとさ~、どんどん死は近づいてくるし、どんどん時間がたつのがはやく感じるんだよね~(笑)
そうするとさ、やりたいこと沢山出てきたりしてあせっちゃうよね。
時間が足りんーーー!!って。

だから、日々毎日を後悔しないよう生きよう、とおもうよ。
明日はかならずくる、わけでもないかもしれないしね(笑)

ただ灰になるだけ、と思えるくらい今生をやりきりたいよね。。

インドかぁ~行くことあるかなぁ~(笑)

韓国は家族とはいかないわよ、あなたとふみえといくのよ!!!

高給取りのふみふみに大盤振る舞いしてもらいましょ!!!

2015/11/05 (Thu) 07:43 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆にょろ☆

シンプルやね。
天国とか地獄とか、あんま考えられへんなぁ〜。
死んだなら死んだで灰になってそれで終わりでええよね笑い

全てリセットして生まれ変わって新しい自分でやっていくっていうのもいいよね。
前世の記憶とかいらないや笑

結構いい具合にできたでしょ!!!
オレンジが素敵すぎた!!!

2015/11/06 (Fri) 07:17 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆あゆぴゅー☆

神秘すぎるよねぇガンガ。
もうたまらんよね。

ねぇ。
あんま考えることないけど、ガンジス見たときは考えたわぁ。
さすがに目の前で燃えてるからねw

時間たらんよね!!!!
ほんまにまだまだやりたいことあるのに!!!!
でも、全部はできへんっぽいのが確定してきた今日この頃。
でも全力でやりまくるのを決めるのが今回の旅。


ほんまにただ灰になって終わるだけでもいいって思えるくらい全力でやりきりたいね!!!!

え!?
僕とふみえとあゆきゅの三人とかもう終わってるやんか!!!!

でも、ふみえにたかるのはあり。

2015/11/06 (Fri) 08:24 | EDIT | REPLY |   

Add your comment