【旅人さんへ】僕をはじめ、皆さんの行動が良くないと思われているかもしれない。

___________________________________________
どうも、旅丸shoです。

2013年5月13日から世界一周の旅をはじめました。
皆様に旅の素敵さと面白さと切なさと歯痒さを、写真と情報でお届けしたいと思います。
ランキングに参加しております。
よかったら一日一度のクリックお願い致します。


携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログ応援ボタン


パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
_________________________________________

11月30日
〜メデジン〜


電話が鳴った。


かおりさんを管理事務所に呼び出すものだった。


かおりさん『何があったのかなぁ…何があったのかなぁ…』


僕らはもちろん何があったのかなんてわからない。
ゴミは決められた日に出してるし、夜も静かにしている。
けれど何かで呼び出された。




学校へいく途中、僕はかおりさんが呼び出された理由を聞いた。













原因は僕だった。



何がいけなかったのか。



それは


 


 


20151120IMG_8176.jpg
これ。


簡単に言うと、大人が子供達と仲良くしてることがダメらしい。
しかも外国人の大人がっていうのがさらにダメらしい。



具体的に言えばもっと細かくあれこれとあるんやけど、とりあえずダメらしい。


管理事務所の人にも会いかおりさんに通訳をしてもらって話をしたけれど、やっぱりダメらしい。
建設的な意見や提案は一切なかった。

こうしたらいいんじゃないか?
こうやって子供達と仲良く接することはできないのか?


そういった案は一切なく、とりあえず僕が接するのはダメなんやろうなっていう話しか聞けなかった。


僕はただただ凹んでました。
はじめてやったから。
子供達と仲良くして、仲良くなることで怒られた事がなかったから。


ただ、この日は凹んだだけやった。


本当はこの日にかおりさんの家を去ろうって思った。
迷惑をかけてしまった以上、かおりさんのお世話になる訳にはいかない。


けれど、翌日は生徒さんがきてカレーを作る事が決まっている。
それだけは僕もちゃんと終わらせてから去りたい。



そう思って僕は明後日かおりさんの家を出る事にきめた。


12月1日
〜メデジン〜


夕方前。
僕はぴかちゅうがかおりさんの家にくるのを部屋の中で待っていた。

外に出ると子供達が遊んでいると思ったから。
子供達と一緒にいる姿を管理事務所の人が見ると、また何か怒られるんじゃないかと思ったから。



ぴんぽーん



チャイムが鳴った。
きっとぴかちゅうがきたんやろうな。


そう思ってドアを開けると


ミゲルとサミュエルが立っていた。
僕は少し驚いた。
なんでここを訪ねに来たんやろうって思ったから。


管理事務所の人から聞いていた話の中に
『サミュエルのお母さんからもクレームが出てる』
と聞いていたから。


まずサミュエルのお母さんが管理事務所にクレームを出すのであれば、サミュエルにも僕と関わらないように伝えるだろうって思ってたから。


実は、僕はサミュエルのお母さんの事を知っていた。
というか、他の子供達のお母さん、もしくはお父さんともあった事がある。
会話もしていたし、僕は自分の素性を話していた。


だから昨日管理事務所の人に
『親からクレームがきている』
と言われた時、どこかしっくりこない部分があった。


『sho。遊ぼうよ』


そう言ってくれる子供達が目の前にいる。
けれど、僕はこの子たちと遊んでもいいのか。
公園でいつものように遊んで、誰かがまたクレームを言ったりしないだろうか。

そんな風に考えた。



20151201IMG_8876.jpg
僕は折り鶴を教えてあげる事にした。


20151201IMG_8881.jpg
本当は思いっきり彼らと遊びたかった。


20151201IMG_8882.jpg
けれどやっぱり人の目が気になる。
というか、管理事務所の目が気になる。
これ以上かおりさんに迷惑をかけたくないっていうのもあるし、本当に親からクレームが出ているのであれば親御さんにも心配をかけたくない。


20151201IMG_8889.jpg
だから僕は彼らへの今までの感謝の気持ちを伝えたいという思いをこめて、折り鶴を彼らと今日一緒にいない友達のために作る事にした。



20151201IMG_8890.jpg
『ありがとうsho』

そう言ってくれる子供達。



ごめんな。
僕がちゃんとスペイン語を全部理解してあげれたら、管理事務所の人とも話を僕が直接できるし、もっと遊べたかもしれへんのに。
みんなの親にもちゃんと話できて、もっと信頼してもらえたかもしれへんのに。


そう思いながら僕は少し泣きそうになっていた。


その時、二人の女性がやってきた。


『いつも子供と遊んでくれてありがとう』


そう言って僕にお菓子をくれた。
僕がいつも遊んでいる子供のお母さんだった。
一人はサミュエルのお母さん。


僕はこう思った。

“本当に、サミュエルのお母さんがクレームを出したんだろうか…”


僕はこの日かおりさんにこの話をした。

『僕はどうしてもサミュエルのお母さんがクレームを出したとは思えないんです。
管理事務所の人が僕を見かけた時、確かに僕はサミュエルと一緒にいたし、サミュエルが僕の膝に乗っているのを注意されたのは覚えてます。
ただ、その後に僕はサミュエルのお母さんとも話をしているし、今日はお礼も言われたんです』



そう伝えるとかおりさんはこう言った


『サミュエルのお母さんがクレームを出したかどうかというのは本当かどうかわからない。
けれど、コロンビアにも日本と同じように本音と建前があるのも事実。
ひょっとしたらサミュエルのお母さんはsho君にはありがとうって伝えてはいるけれど、実はよく思っていないのかもしれない。
それに、sho君にお礼を伝えていれば自分の子供が何かのトラブルに巻き込まれないんじゃないかと考えていたかもしれない』



そっか。
本音と建前…
確かにあるかもしれない。


けど…


なんやろう…
このモヤモヤ。


ただ、僕に釘が刺されたのは事実。
親御さんからクレームが出たかどうか、それが本当か嘘か。
それはもう関係なかった。



12月3日
〜メデジン〜

20151120IMG_8191.jpg
子供達の事は大好き。
本当はまだまだこの子たちと遊びたい。


けれど僕はかおりさんの家を去る事にした。



世界を旅していると子供達と仲良くなる事がたくさんある。
特に僕の場合、もともと子供がむちゃくちゃ好き。
言葉が通じない事もあるけれど、子供との間にそんなのはあまり関係ない。


すぐに仲良くなる。



仲良くなればなるほど、彼らは心をオープンにしてくれる。
ハグだったり、ほっぺにキスだったり、手をつないだり、膝にのったり…



けれど、僕は今回の事で学んだ事がある。


《性犯罪と思われる可能性もある》


子供との関係。
どの程度まで仲良くなっていいのか。
そんな事考えた事なかった。
仲良くなれるならどんどん仲良くなりたい。
そういう気持ちで旅をしていた。

実際、そうやって旅をしてきてたくさんの子供達と仲良くなってきた。
時にはヤコブのように家族同然の仲にまでなる事ができた。


けれど、世界にはたくさんの子供を対象にした性犯罪があるというのも事実。


僕は自分の考えの甘さを痛感した。


自分が今まで良かれと思っていた事。
けれど、それはひょっとしたら世界の中では良くない事なのかもしれない。


多くのバックパッカーの人たちは子供と接する事が好きなんじゃないかと思う。
たくさんの人たちのブログを見て、子供達と楽しそうにしている写真を見かける事もしょっちゅうある。
僕はそういった写真がすごく好き。

日本人が世界に出て、たくさんの子供達を笑顔にしている。
子供とのコミュニケーションは言葉だけじゃなく、行動でだって取れる。



けれど、そういう見方じゃない人だってもちろんいる。



何が良くて何が悪いのか。
そんなのは人によって違うかもしれない。
けれど、一つ言える事がある。



性犯罪が間違いなく悪である事


子供への性犯罪が世界からなくなれば、子供と遊ぶ事に何の障害もないのに。
みんなが笑顔で、大人と子供が笑いあって過ごせるのに。

バックパッカーの皆さん。
子供達との距離。
近づきたいって思う気持ち、僕もよくわかります。

けれど、それを良く思わない人もいるっていう事を考えないといけないかもしれないですね。

残念だけど。
でも、それが今の世界の現状。


性犯罪がなくなるよう、大人は周りの子供達をもっと気遣っていかないといけないですね。

本日もありがとうございました!! 

ブログ応援よろしくお願いします。

▼▼▼パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
▲▲▲パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。


▼▼▼携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
旅丸ブログ応援ボタン

▲▲▲携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。


  





スポンサーサイト

スポンサーリンク

19 Comments

にょろ  

なんとも残念な出来事やなぁ。
子供と仲良くするのが、性犯罪へ発展するかもという恐れにつながるとは。
よっぽど子供が性犯罪に巻き込まれる事件が多いんやね。
普通に遊ぶのがあかんなんて。
悲しすぎる( ; ; )

2016/01/05 (Tue) 07:21 | EDIT | REPLY |   

トゥカン♂  

故マイケルジャクソンさん

彼の場合は、「コドモ好きなオトナ。」ではなく「彼がコドモそのもの!」だったね。悪い人たちに、時間とお金とその他モロモロを奪われたね。

もしかしてだけど「親しくなって気を許した子供を通して、その家庭内の情報を得て、空き巣に入る。」とか、日本では想像しにくい犯罪があったりするんじゃないかな。懐いたコドモを、まとめて誘拐とか?

自分は「赤ん坊には泣かれ、イヌには吠えられ、ネコは逃げる。」タイプなので、自らは決してコドモに近づきません。うおーん!(泣)





2016/01/05 (Tue) 09:32 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/05 (Tue) 15:07 | EDIT | REPLY |   

れい  

ブログを読んで、少しドキッとしてしまいました(._.)
ぼくも子供が大好きなので、いつこーゆー風に言われるだろう、悪い立場になるのだろう、ということはいつも思いながら子供達と関わっています。日本でもそうですが、特に自国の文化を知らない外国人というのが目立ってしまうんでしょうね。
ただ、ぼくはいつも(国内外問わず)子供達本人の意思を尊重し、行動しています。子供というのはいい意味でも悪い意味でも「知らないこと」がいっぱいです。ぼくと関わることで、「楽しい」「発見、気づき」のような新たな価値観だけでなく、今回しょうさんが書かれていたような自国の文化にある暗黙の了解といったものを学ぶ機会にもなるんじゃないかなあと前々から思っていたので書かせていただきました。
子供達とそういった意味でこれからも真剣に関われたらなあと思います\(^o^)/
まー、ぶっちゃけ子供が好きなもんはしゃあないですよね!はたから見たら誤解されることもあると思いますが、伝わる人には伝わるはずです!
アグレッシブなしょうさん、大好きですよ!愛ですね!笑

2016/01/06 (Wed) 04:27 | EDIT | REPLY |   

Chloe  

思いはいろいろです。

お久しぶりです。
慌ただしくて、最近は「コロンビアでゆっくりされとるんやな〜」と思いつつ、毎日はここに訪れないようになっていました。
けれど、いつも世界を楽しそうに見せてくださってたShoさんの落ち込みを見ると、思わず声をかけたくなりました。
世の中にはいろんな人がいます。親たちも、何かあってはいけないと、決してあやしい人物に見えないShoさんにも用心せざるを得なかったのだと思います。
親は、子どもを守らなければと思うでしょうから。

もう、気持ちを切り替えておられるかもしれませんが、これからも、旅が終わるまで、笑顔で、私達に広い世界を見せてください。

2016/01/06 (Wed) 05:34 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆にょろ☆

なんとも残念です…
僕の大好きな子供が…
って思っても、仕方ない事なんかもしれんなっていう気持ちやね。
確かに日本で、知らない外国人が子供を抱っこしてたりしたら親としては心配になるもんね。
僕にはまだわからん感覚なんかもしれんけど、それは親やからこそ知れるものやろうし。
うーん。
悲しい…

2016/01/06 (Wed) 06:22 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆とぅかんちゃん☆

マイケルさんはそうでしたね。
僕と同い年のマコーレーカルキンもあれやこれやになってましたね。
今元気なんだろうか。

やっぱりそういう風に思われても仕方ないのが世界の現状なのかもしれないですね。
まとめあげて誘拐って…そんな…
僕前任の塊!!!

2016/01/06 (Wed) 06:26 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆れい☆

ほんまにね。
なんか複雑な気分になるよね。俺も子供めっちゃ好きやからさ。
色んな国で色んな子供と会ってきたんやけど、周りの目っていうのはほんま気にしてなかったんやなぁって思った。

れいちゃんほんまにええ子やからね。きっと子供だけじゃなく、親御さんもれいちゃんの事を信頼するようになるんやって思うよ。
ただ、外国だと文化の違いはもちろん、言葉が100%伝わらないっていうのがすごい大きな問題になってきてしまうんかもなって。
俺が言葉をちゃんと話せたら、親御さんの誤解を自分で解く事だってできたかもしれんのに。

俺もれいちゃん大好きやで!!!!
って今どこやねん笑
もうすぐ日本やんな!!!!
ハッピーバースデー!!!!!

2016/01/06 (Wed) 06:38 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆Chloeさん☆

おひさしぶりー!!!!
コロンビアむっちゃ楽しかったんですが、この事があってから自分の旅ってどんなものなのかなぁって考えてしまうようになりましたねぇ。

世の中にはやっぱり色んな人がいますよね。
善人ばかりの世の中ではないっていうのが現状ですもんね。
自分にとっても当たり前は誰かにとっての当たり前じゃないっていうのが現実としてあるんだっていうのを実感しました。
親にとって子供はとっても大切な存在ですもんね。
僕が親でも子供が知らない外国人と妙に仲良くしてたらやっぱり怪しんでしまうかもなって思いました。

もちろんです!!!!
世界の笑顔たくさんお見せしますよ!!!

2016/01/06 (Wed) 07:49 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/06 (Wed) 10:36 | EDIT | REPLY |   

タビータビーチョッパー  

久しぶりにコメントします

んー…なんと言うか…
誤解されて残念だと思います…
ですが…
私が旅丸さんに感じた本当に本当のことを書きます
ヤコブくんとの記事や、今迄のブログ記事や写真を見てて、ほんの少しの違和感を持ったのは事実です。
私には息子が2人いるのですが、やはり大人の男性が男児であれ女児であれ、過度なスキンシップをするのは感心しないのです。
特に、膝に乗せるのはナシです。
厳しい言い方をすれば、言語道断なのです。
かおりさんの意見は、言うまでもなく正論だと思います。
言うべき事はキチンと言うけど優しいかおりさん、流石ですね。
子供と自由に遊べない世の中なんてと言う意見や、旅丸さん自身も傷つき憤慨したと思います
旅丸さんも書いている通り、自分が親の立場になれば解ることです。
これからは、自分の為にも御家族の為にも誤解されませんように^ ^

2016/01/06 (Wed) 15:51 | EDIT | REPLY |   

しほ  

しょうさん初めまして。
子供と遊ぶことで注意を受けることがあるなんて、本当に驚きました。でもそれも平和な日本に住んでいるからこそ、そう思ってしまうんでしょうね・・・。
子供に対する性犯罪がある場所では、確かに親からすれば心配かもしれないですね。
まだまだ自分の知らないことが多いなぁ~と思いました。
でも子供からすれば「しょうさんと遊んだ楽しかった記憶」としても残るはず!
一時帰国まで旅気をつけて楽しんで下さいねl(*´∀`*)

2016/01/07 (Thu) 01:32 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆りーさん☆

はじめまして!コメントありがとうございます。
本当におっしゃる通りですよね。

きっと、オーストラリア人の男性も子供が好きでりーさんのお子さんと接していたんだろうけれど、親御さんからすると
『もしかしたら・・・』
という気持ちがまったくなくなる訳はなく、心配な気持ちがどんどん強くなってしまうというのもあるんでしょうね。

りーさんのおっしゃるように、親御さんによって、お子さんと他人との距離感をどこまで許容できるかというのもまったく違うものだと思います。
実際に、コロンビア場合は大半の親御さんからは感謝の気持ちを伝えていただいていたりしましたしね。
そこを見極めるのは本当に難しいことなんやなぁって改て実感しました。

でもやっぱり子供大好きなんですよね僕笑
仲良くなるのもどちらかというと得意なので、子供達からするとちょっとだけ自分たちの言語をしゃべるおもろい外国人の兄ちゃんがやってきたってなって、一気にハードルが下がるんやろうなぁって思うんです。
あー、もどかしい!!!!笑

またブログ読んでください☆
きっと、いつもの笑顔でわいわい騒いでる姿が登場しますw

2016/01/07 (Thu) 06:06 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆タビータビーチョッパーさん☆

お久しぶりです!!!
元気でしたか!?

かおりさんの意見はほんま正論ですね。
世の中を黒か白でわけてしまうなら、異国で言葉もわからない状態で子供達と過度に仲良くなるのは黒になってしまってもおかしくないって思います。

やっぱり子供を相手にした性犯罪っていうのがなくならない限り、親御さんからすると心配な気持ちや不安な気持ちがあって当然ですからね。
だって僕なんか見ず知らずの兄ちゃんですからね。
突然やってきたちょっとスペイン語を話す日本人ですから、子供達が興味を示す事もあるでしょうし、僕ひとなつっこいので仲良くなるのもすぐでしたしね。

ヤコブの場合はまったく別です笑
ホーカンやリサ、ナターシャ・カリン、もちろんヤコブも僕の事を本当の家族同然のように思ってくれているので、どこへ行くにもだいたい僕と手を繋いで行きますし、おはようもおやすみもほっぺにちゅーしてくれてますよw

今、またヤコブの家にホームステイしに行こうと思っているところなので、ヤコブとのブログはほんわかした気持ちで見ていただければと思います☆

2016/01/07 (Thu) 06:20 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆しほさん☆

はじめまして!コメントありがとうございます!!

僕も今まで子供達と遊ぶ事にたいして、こういった考え方があるんやっていうのを知って最初はものすごくモヤモヤした気持ちでいっぱいでした。
というか今もモヤモヤしてる部分は残ってはいますが…

でもやっぱり親の気持ちは親にならないとわからないものなのかなぁっていうのも思うんですよね。
僕は自分が親になったとき、自分の子供が外国人の方と仲良くしているのを見て
『うんうん。僕の血をひいてるな』
なんて軽く思うタイプかもしれませんが、やっぱり親御さんによっては許容範囲っていうのがバラバラだとも思うんですよね。

でも、しほさんが最後に仰った
『しょうと遊んだ楽しかった記憶』
が子供達に残ってくれたら僕はそれで満足です!!!

昨日ミゲル達からハッピーニューイヤーのメールがきましたよー!!!
めっちゃ嬉しかった!!!!

2016/01/07 (Thu) 06:24 | EDIT | REPLY |   

ぺー  

今までずっとブログ読ませてもらってましたが、初めてコメントします。
いつも楽しく読ませてもらっていますが、ひとつだけ、違和感を感じていたことがあります。
それがこの記事に書かれているコトです。
先に言っておきますが、きつい言い方になると思います。
すみません。

今まで何度も子供との距離が近すぎるな~と思ってました。
よく子供を抱きしめてたり、顔をくっつけてたり、ひざに乗せてたり、そんな写真をアップされてましたよね。そのたびに私はもやもやしてました。
どこの国の、なんと言う名前の子かは忘れましたが、、、中央アジア辺り?で旅丸さんが出会った男の子で、おでことおでこをくっつけてる写真とか、正直ドン引きでした。

私は海外在住で結婚出産、今は2児の母です。
海外、特に欧米での子供に対する対応、子供を守るための法律・ルールは日本よりも厳しいです。
知らない大人が、子供にちょっと話しかけてちょっとポンと肩を触っただけでも、下手したら警察呼ばれます。
旅丸さんは自分がただの子供好きで、仲良くなりたいだけなんだと思いますが、子供の親や周りの大人からしたらそんなのわかりませんよね。
教職、聖職、警察官、俳優、どれだけ幼児ポルノ、もしくは子供に対する虐待で捕まってますか?
外見だけで、ちょっと話しただけで、人のことなんか到底分かりませんよね。

一昔?ふた昔?前に、コロンビアでは子供を誘拐して人身売買する、というのがよくあったそうです。そういう犯罪もあります。
そして、どこの国ににも子供に対して性的に興奮する人がいます。そっちの犯罪もあります。
他の方が言ってるように、子供を手名付けて家に入り込もうとする犯罪者もいるかもしれません。

子供たちは無邪気すぎて、人を疑うことをまだ知りません。
まだ無知すぎて、どんな危険が待ち受けているのか、察知できません。
子供を守ろうと思う大人がいて、当たり前の世の中なんです。

海外日本関係なく、大の大人が子供と肌がつくような距離感で遊んでるのを見かけたら、普通おかしいと思いませんか?
普通はよその子供を捕まえて、抱っこしたり顔をくっつけたり、写真撮りまくったりしないと思います。
自分の家族の子供とか、親戚の子供とかとは違うんです。
他人の、大の大人が、その辺で遊んでる子供をひざに乗せるって、すごく異常なことですよ。

旅丸さんが子供好きなのはブログを見ていればよくわかります。
でも、距離を保ってください。わかりますよね、距離。
肌に触るとか、抱きつくとか、抱っこするとか、顔をくっつけるとか、膝に乗せるとか、親としての立場からいうと、ありえません。

一緒に遊びたいのであれば、他に大人がいる場所で距離を保って遊んであげてください。
そして、その時は子供たちに警戒することも教えてあげてください。

そして旅丸さんが言っているように、他の旅人さんにも時々似たような人がいるので、気をつけてほしいです。
世の中の子供のため、そしてご自身の身を守るためでもありますよ。

2016/01/07 (Thu) 12:09 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆ぺーさん☆

はじめまして。

僕が子供好きなのは事実ですね。
ほんまに世界に出てると、街を歩いてるだけでたくさんの子供たちがどこからともなくやってきた日本人に興味を示してくれて、言語学を勉強していたという事もあり、少しだけその土地の言葉が話せるというのがきっかけですぐに仲良くなり、笑顔で遊ぶ子供達を見てると、旅にでてこういった笑顔にたくさん出会えてよかったなぁというふうによく思います。

僕、そんなに子供とひっついてる写真アップしていましたでしょうか…
おでこを引っ付けてとなると、リトアニアのEitanかなぁと思ったのですが…Eitanはもう子供という年齢ではないので違うかなぁ…
それとヤコブですかね…?ヤコブの場合はご両親や二人のお姉さんも一緒に暮らしているので、僕の事を本当の家族のように考えてくれていましたので、距離はものすごく近かったかと思います。

子供とよく遊んではいますが、僕自身も体が密着するような事には注意をしていたつもりなのですが、気持ちが高揚してそういった写真を撮っていたかもしれません。
ご不快の念を与えてしまい申し訳ございません。

確かに子供を思う親の気持ちというのは僕にはまだわからない部分が大多数だと思います。
今回の件で僕自身も学ぶ事がたくさんあったと思います。

僕自身も子供が大好きだという事もありますし、多くのバックパッカーも同様に気持ちをストレートに表してくれる世界中の子供達との出会いを楽しみにしているというのも事実としてあります。
大半の方は僕と同じようにただ純粋に子供たちの事が大好きなだけだとは思いますが、その行動自体が親御さんに心配をかけてしまっているというのも事実。

僕をはじめ、多くの旅人は今までそういった事を考えていなかったと思います。

子供たちに警戒する事を教えつつ、子供たちにとって僕をはじめ多くのバックパッカーと遊んだ事が良い思い出になるような行動を僕らバックパッカーは心がけていくべきですね。

コメントありがとうございました。


2016/01/07 (Thu) 22:51 | EDIT | REPLY |   

もっちぃ  

はじめまして。

世界一周中のものです。
とても考えさせられます。
私も子どもは大好きで、現地の子どもたちと思いきり関わりたいのは山々なのですが、
気軽に遊んで楽しむということに躊躇してしまいます。
保育士の経験から、それはやはり親の気持ちを考えてしまって。たとえその場に親がいなかったとしても。もちろん歓迎してくれる事もあるでしょうが、逆の立場だったら……と考えると。人の気持ちを考えて臨機応変が何より大事ですね。

2016/01/07 (Thu) 22:51 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆もっちぃさん☆

はじめまして。コメントありがとうございます。
そうなんですよねぇ〜。現地の子供達とおもいっきり遊んだりしたいですよね。
子供好きのバックパッカーむっちゃ多いですもんね。

実際に子供達と遊ぶ事で親御さんからお礼を言われたり、家に招待してくれたりする事が旅中に何度もあったので、きっと親御さんの考え方も様々なのだとは思うのですが、やはり子供に対する性犯罪が絶えないこのご時世ですので、心配される親御さんがいらっしゃって当然ですもんね。

でもやっぱり子供の笑顔最高ですよね笑
本当に旅しててよかったなぁって思える!!!
これからは距離感や周りの環境の事も考えて子供達と接していきたいと思います。
コメントありがとうございました。

2016/01/07 (Thu) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Add your comment