《さらば世界最高の息子!》旅にテーマは必要なのか?

___________________________________________
どうも、旅丸shoです。

2013年5月13日から世界一周の旅をはじめました。
皆様に旅の素敵さと面白さと切なさと歯痒さを、写真と情報でお届けしたいと思います。
ランキングに参加しております。
よかったら一日一度のクリックお願い致します。


携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログ応援ボタン


パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
_________________________________________


2月4日
~オーランド~


ぐっもーにん



20160204IMG_2975.jpg
ゆうと。


ゆうと『ぱぱー、僕ニューヨーク行かなきゃ』


そう。
今日でゆうとはオーランドを離れニューヨークへ。

僕らはディズニーへ。


そんな訳でゆうととの旅が終わりになりました。
日本へ一時帰国した時に僕の家に遊びに来たゆうと。

20150920IMG_2971.jpg
世界一周に出発し、ネパールで再会。



20151231IMG_1036.jpg
年末には僕に再会する為にウユニへきてくれた。

20160118IMG_2068.jpg
ペルーで再び。

20160128IMG_2337.jpg
そして僕の大好きなコロンビアのメデジンでも再会。

20160201IMG_2449.jpg
メデジンからアメリカまで一緒にやってきて、いつも僕の心の支えになってくれた。


世界一周が人を成長させるかどうか?
ということを考える人がいる。


僕にとってはそこまでこだわりがないもの。
だって、僕には旅のテーマもないし、持とうとも思ってなかったから。


けれど、ゆうとは違う。

20150920IMG_3080.jpg 
ゆうとの世界一周は、世界の国際協力を自分の目で見るというのがテーマとしてある。


それをゆうとはきっちりとやり続け、世界中のJICAやボランティア施設を訪れてきた。


結果


20150920IMG_2970.jpg
ゆうとは大きく成長した。
世界に出る前のゆうと、出た直後のゆうと、終盤のゆうとを見た僕だから言える。


ゆうとは間違いなく成長した。

20160107IMG_1511.jpg
旅人としても、人間としても。


もちろん僕の目から見て、まだまだ子供な部分だってある。
周りに対する配慮が足りない事だってある。


けど、そんなものはあって当然。



201601112IMG_1857.jpg
だってまだ高校生やもん。
僕が高校生の時なんか、今のゆうとと比べる事すらできないくらいの人間やった気がする。


国際協力を自分の目で見るために高校を休学して旅に出たゆうと。
アルバイトが禁止のため、アルバイトという形ではなく協賛という形でお金を自力で集めた。



そんな事、少なくとも僕が高校生の時は誰もやろうとも思っていなかっただろうし、誰もやってないと思う。

もちろん、今の時代が旅をしやすいかしにくいかというと、僕が高校生の時と比べれば随分やりやすいんだろう。
Wi-Fiを拾えば世界中どこでだって日本と連絡はとれるし、ガイドブックなんかなくたって、自分で調べる事もできる。
飛行機のチケットだって簡単に買えるし、お金の送金や受け取りだって簡単。



けど、たとえ簡単になっていたとしても、それを実際に行動に移そうという人がいるかどうかといえば、ごくごく少数の人のみ。
そんなん当然。



20160103IMG_1320.jpg
だってまだ高校生やもん。


今から自発的に行動ができるようにトレーニングされていく年齢やもんな。


ゆうとが言うには周りにはもっと自分よりもすごい高校生はいるらしい。
けど、周りにどれだけゆうとよりすごい高校生がいたとしても、僕はゆうとの事を尊敬しています。
ひょっとしたらゆうとの周りの高校生の子の事も尊敬するかもしれんけど、知らんからね。


20160107IMG_1500.jpg
今、僕が世界で一番尊敬する高校生は間違いなく吉野裕斗です。




20151231IMG_1066.jpg
そして、僕の世界最高の自慢の息子です。




そのうちの息子の旅の資金のでどころについてこんなつぶやきが

twitter.jpg
何を勘違いしてるねん。
ゆうとは家族から金銭的な援助をもらって旅をした訳じゃないです。
全部自分の足でいろんな会社をまわったりして協賛金という形で集めたお金。
そんな事が誰でもできるとは僕は思ってない。
少なくとも、僕にはそこまでの行動力はない。


というか親が金持ちやからとかっていう理由で世界一周する高校生がいるとは僕は思えないです。
そんなもんは本人の意思ですからね。
親が金持ちかどうかなんてのは大事な要素じゃない。


自分がやるって決めた事をかっこよく貫くかどうかでしょ。
金があるかないか。
なければ稼ぐ。
稼げないなら集める。
自分の足で頑張って集めるしかないなら毎日足を、体を、頭を、心をつかって動く。


それを成し遂げたゆうとを非難するやつは俺がとことん話につきあってあげます。
ゆうとにはそんなあほみたいな人間の相手をする暇はないんです。
ゆうとには今じゃないとできない事が山積みなんです。
だからしょーもない事をゆーてる人の相手をする暇なんてこれっぽっちもない。
俺もそない暇じゃないですけどね。
(いや、三年も旅してるんやから暇でしょとかいうのは無し)


自分の息子を守るくらいできへんで何を親ぶってるねんって思うしね。



ゆうとの旅はテーマを持った旅。
僕の旅はテーマを持たない旅。
旅のスタイルはまったく違うけれど、僕らは意気投合しました。

僕はゆうとを息子と呼び
ゆうとは僕をパパと呼ぶ


いつの間にかそんな事が当たり前になった。

僕がゆうとを褒める時は息子として褒める。
僕がゆうとを叱る時も息子として叱る。



どっちかいうと叱る事の方が多かったかもしれんけどね。
ごめんねゆうと。


でもゆうとはきっといろんな事を今吸収したい時。
褒められて伸びるよりは、ゆうとは諭されて伸びるんやって思うから、あえてたくさん叱ってしまいました。
旅に出たのに叱られるなんてね。
ほんまごめんねゆうと。





旅にテーマを持ったからゆうとは成長したのか?


ちょっと違う。
旅にテーマを持ったから成長のスピードや幅が広がったっていうのが正解な気がする。
ただ旅をしているより確実にその方が成長するって思うからね。
自分で吸収しようって行動をする事ができるしね。


ただ、テーマを持たなければ成長できなかったのかっていうとそれも違う。


きっとゆうとは国際協力を自分の目で見るっていうテーマを持たずに旅に出たとしても成長したと思う。
それは、ゆうとが色んな人との出会いを通じてたくさんの事を吸収していっただろうから。
周りの人たちがゆうとを成長させていってくれたはずやから。


正直僕は国際協力の事にかんして知識がむっちゃあるっていう訳じゃありません。
ニュースで流れる情報を知っているだけにすぎへん。


けれど、僕は今回の旅でゆうとの成長に大きく携わったって自分でも思える。
国際協力やボランティアなどの面ではなく、


人間ってどんなんなのか。
人と付き合うってなんなのか。
大切な事ってなんなのか。
環境を作るってどういうことなのか。



ゆうとは本当にたくさんの事を吸収していった。
タビイク第三弾ではたくさんの参加者の方にゆうとなりに色々考えて配慮をしていた。


みんなに楽しんでもらいたいから。


ゆうとは一人の男性として一つ成長しました。
本当に世界最高の息子です。


僕は仕事を辞める時、僕と一緒に働いてくれいるスタッフ、そして過去に僕と一緒に働いてくれたスタッフと同僚にこうメッセージを残しました。


・1分1秒を無駄にしない
・チャンスは努力した人にしかやってこない
・これが自分の人生だと自信を持って言える人生を送ること



どんな生き方だっていいと思います。
器用な人、不器用な人いるから。
うまく生きれる人、生きれない人いるから。
でも、大切にしてもらいたいなぁって思うことは上にかいた3つの事。
それは個人差なく頑張れる事やって思うから。




ゆうとにも同じメッセージを送りたいです。


ゆうと。
長旅お疲れ様でした。
パパはゆうとの成長する姿を実際にこの目で見て、こう思いました。
『本当に心から誇れる息子ができた』
けど、こんな風にも思いました。
『今からもっとたくさんの困難があるだろう』

ゆうと。
時間っていうのは有限です。
長生きするとか早死にするとかそういう話じゃなくてね。
精一杯行動や活動ができる時間っていうのはやっぱり限られてる。
今のゆうとにとっての1分1秒は、長い人生の中のほんの一部に見えるかもしれんけど、それは長い人生のほんの一部じゃないんです。
全部が今っていう時間です。
絶対に1分1秒を無駄にせず、今を全力で生きていってください。

ゆうと。
よく人は『運が良かった』や『ラッキーだった』っていうセリフを口にするけどそうじゃない。
チャンスっていうのは努力をした人にだけ巡ってくるもの。
本当に大切なチャンスっていうのはそういうものです。
何も努力をしていない人が手に入れるラッキーはほんの一瞬のものでしかない。
本当に大切なチャンスっていうのは今後一生ゆうとに幸運をもたらすものの事をいうんです。
だから、努力をしっかりしてチャンスを手に入れてください。

ゆうと。
ゆうとは自分の生きる道を自分自身で自信を持って『これが自分の人生です』って言える?
それは自慢するとかじゃなくて。
自分自身が精一杯生き抜いてる、楽しんでる、満足している人生かどうかっていう事ね。
ゆうとの人生はまだまだ始まったばかりかもしれないけれど、今の時点でゆうとが『これが自分の人生です』って自信を持って言えないなら、今すぐにでも行動をしないといけない。
成功してる人生だから誇れるんじゃない。
失敗してる人生だから恥じるんじゃない。
自分自身の人生に納得し、自信を持って『これが自分の人生です』って言える事がきっと大切。

ゆうと。
パパはほんまにゆうとに出会えてよかったって思ってるよ。
何歳になっても、パパはゆうとを息子やって思う。
パパがおじいちゃんになっても。
ゆうとがおじさんになっても。
きっと僕らの関係はいつまでも続いていくものって思うから。


だって僕は、自分の人生の中に吉野裕斗っていう息子を持てた事を声を大にして言えるからね。

また会おう。



2016020512516642_782952808517987_1123165454_o.jpg
ゆうと。



〜裕斗の現在〜

2月11日に日本に帰国し、現在は日本で講演会を行っています。
高校生はもちろん、中学生・小学生の方にも聞いていただきたいです。
もちろん大人の方も。
きっと何かを変えるきっかけになると思います。
詳しくはホームページより。

吉野裕斗ホームページ⇨高校生単独世界一周バックパッカー


本日もありがとうございました!!

ブログ応援よろしくお願いします。

▼▼▼パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
▲▲▲パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。


▼▼▼携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
旅丸ブログ応援ボタン

▲▲▲携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。


  





スポンサーサイト

スポンサーリンク

12 Comments

トゥカン♂  

なんでだろう

shoさんの息子は高校生なのに、弟のヤコブくんは7歳?なのは、なんでだろう?

息子は「父を越えていくもの」であって欲しい。
弟は「思い出を共有して、ときには競争したりしながらも、並んで人生を歩いていきたい。」存在とか?
父親が偉大すぎると息子が大成しないらしいから、shoさんパパくらいが「ちょうどええ。」だったりして。うしゃしゃのしゃ。

2016/03/11 (Fri) 07:36 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/03/11 (Fri) 07:52 | EDIT | REPLY |   

あゆあゆきゅQ  

なによりかにより、ゆうとくんが無事に日本に帰ってきてくれてホッとしたよ❤

旅達人?なパパとアドバイスがあったから安全第一でまわれたのかな😋

やらない後悔はしたくないからね。動き出さなきゃなにも変わらない、ゆうとくんの行動力にはビックリと嬉しくなるよね!自分もまだまだ~!!って活力をもらえるわよ!
これからの成長が楽しみだね🎵
パパ丸もまけてらんないなっw
パパ丸ちんもパンツみっ~で成長するんだぞぉ~w

2016/03/11 (Fri) 08:02 | EDIT | REPLY |   

myu  

ゆーちゃん!おかえりなさい!

ゆうと君お疲れ様でした!!ものすごく男らしくなりましたね(^-^)♡

高校生が一人で世界に飛び出すなんてそう簡単にできるものじゃないと思います。
私なんてただの小生意気なJKでしたよw

協賛金という形をとるなんて考えもつかなかったでしょうし、たとえお金が余るほどあっても、時間が余るほどあっても同じ行動を起こす勇気はなかったでしょう。

うっかりするとゆうと君の親でもありえる年になった今だって飛び出せないでいるのに本当にすごい!

高校生を世界に送り出したご両親も素晴らしい。
きっとものすごく不安だったでしょうね。

あんぽんたんなツイートする人たちもいるもんですね。
きっとうらやましいんでしょう。
行動を起こす勇気がないことに言い訳したいんでしょう。

心無い言葉はスルーしてこれからも強くたくましくがんばってください。
応援しています!

あ、shoさんのところなのにゆうと君へのメッセージになっちゃいましたw

2016/03/11 (Fri) 11:48 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆とぅかんちゃん☆

そこは突っ込んじゃダメなんです。
ヤコブが僕の事をBig Brotherって呼ぶのでそれでオッケーなんです。
そこはそれで成立!!!!

そうですね。
まさしく僕くらいが適度笑
っていうかもう国際的な事を考える国際人としてはゆうとにすげー抜かれてる気がします笑

2016/03/12 (Sat) 02:00 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆非常識さん☆

ブログのメール欄からメールしてくれていいです。
それかメアド書き込んでください。
僕から連絡します。
日本帰国した時にお会いするのでも全然いいですよー。
ネットでよりお会いした方がお互いいいですしね!

2016/03/12 (Sat) 02:06 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆あゆあゆあゆきゅー☆

いやー、ほんま無事に帰ってよかった…
アフリカと南米勧めたの僕やったからね笑
トラブルあったら大変やって思ってたのも事実笑

ゆうとはほんまにすごいと思うわぁー。
何もかもにたいして後悔しないように今を全力で頑張ってるもんなぁ。
みならわんとあかん!!!

いや、僕も頑張るけど・・・
ぱんつみーはちょっと違う・・・

2016/03/12 (Sat) 02:09 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆myuさん☆

あ、ゆうとに連絡しときます笑

2016/03/12 (Sat) 02:12 | EDIT | REPLY |   

YURI  

サイコーのサイコーすぎます!
もー、サイコー☆

2016/03/12 (Sat) 09:01 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆YURIさん☆

めっちゃ喜んでくれてる笑
さいこーですよー!!!!!!

2016/03/13 (Sun) 00:58 | EDIT | REPLY |   

-  

長年楽しく読ませて頂いております。
ゆうと君の事を批判するつもりは全くありません。
彼は世界一周の為に協賛を集めたりし、凄い行動力と思います。

ただ「稼いで学費払わなくちゃ」とか「早く働きに出て親の負担を減らさなければ」と考え、自分の夢など二の次という生活の子もいるでしょう。
世界一周ブログを読み、疑似体験することで夢を満足させている子もいるかもしれません。
私は、家がお金持ちというのは重要な要素の一つと思います。

彼には自分がおかれた環境に感謝し、その環境を十二分に生かして貰いたいと思います。
Shoさんの言葉に、恵まれていない環境の子について考えられていないと感じ、少し残念に思いコメントしました。

2016/03/13 (Sun) 18:37 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆名無しさん☆

コメントありがとうございます。

今回の事で僕自身が嫌な思いをしているのは、ゆうとの事を何も知らず親の資金力で世界一周をしていると勘違いしている点、そしてお金さえあれば誰でも世界一周するなどと軽んじた発言に対してです。

自分の夢など二の次という生活の子もいるかどうか。
確かにそうかもしれません。
ただし、僕の不幸話を事細かく露呈するつもりもありませんので、詳細は書きませんが、僕自身も自分の生活の為に高校生の時から必死でアルバイトをし、自分の夢の為に行動をしてきました。
そして、ゆうとの家庭の事も僕はゆうとから話を聞いているので、決してゆうとがものすごく恵まれている環境にあったかどうか、と思うとまったくそうは思いません。
むしろ、ゆうとの話を知っている僕からすると、僕では考えられない程彼は苦労もしています。
そういった事情を出さず、ひたむきに自分が国際協力を自分で見たいからと言い、お金を集めて世界一周をしたのがゆうとです。


僕の中で環境というのは自分で変えれるものだという認識です。
もちろん困難な事もあるでしょうし、簡単にいかない事もあるでしょうし、スタート地点が異なる事もあるかもしれません。
ただし、環境を自分で作るという意識をしっかりと持ち、努力をし続けていれば、たいていの夢は叶うと僕は思っています。


本当に世界一周を何が何でもしたいという気持ちがあるなら、ブログで疑似体験なんてもったいないと思いますよ。
今や高校生から定年退職をした方まで世界一周を実現させる時代です。
それを叶えれるかどうかは、上述した通り、その方の行動しだいのはず。


家がお金持ちかどうか。
僕はまったく関係ないと思います。
だって僕の家はまったくお金持ちじゃないですからね。
むしろ借金ありますよ。
恵まれていないレベルにもよるかもしれませんが、僕も貧しい環境で暮らしていた事に対していじめにあった時代もあるので、幾分かはわかるつもりでいます。

2016/03/14 (Mon) 01:27 | EDIT | REPLY |   

Add your comment