《ヤコブの気持ち》なぜヤコブは僕から距離をおいているのか…

___________________________________________
どうも、旅丸shoです。

2013年5月13日から世界一周の旅をはじめました。
皆様に旅の素敵さと面白さと切なさと歯痒さを、写真と情報でお届けしたいと思います。
ランキングに参加しております。
よかったら一日一度のクリックお願い致します。


携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログ応援ボタン


パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
_________________________________________


2月13日
〜ウッデバッラ〜


みんなが寝静まり、僕とホーカンの二人になった。

ホーカン『ワインでも飲まない?』

きっと、ホーカンは僕と二人になる時間を作ってくれたんだろう。





ホーカン『今日は1日どうだった?』

sho『うん。楽しかったよ。』

ホーカン『そっか。ならよかった。けど、何かあったらなんでも話してね。』

sho『うん。ありがとう。』

ホーカン『何かあるでしょ。見てればわかるよ。shoはもう家族なんだからなんも遠慮する必要はないよ』

sho『うん。そうだね。今、ここで何もないよって言っても嘘ついてるのがバレるからね』


僕はホーカンに今僕が考えている事を伝えた。

・スウェーデンの教育と日本の教育が全く異なっていて僕は困惑している事。
・僕はヤコブの勉強や学校を休んでいる事に対して少なからず責任を感じている事。
・ヤコブはとっても賢いけれど、年齢の割には甘えが多いと感じている事。
・甘えている原因は叱るべき時に叱っていない事だと思う事(例えばゲームをしない約束だったのに、ゲームをしているのを知っていても叱らない事など)
・僕はヤコブの友達としてではなく、ヤコブのお兄ちゃんとしてヤコブに接したい事。



本当にありのままを伝えた。
僕もホーカンを友人、そして父親として思ってるから。
そしてホーカンが僕の事を息子と思っていてくれる事も分かっているから。


ホーカンはこう言った。

ホーカン『たしかにスウェーデンは他の国と比べるとかなり特殊な国だと思うよ。
    そして私は今のヤコブにとって学校がそこまで重要なものだとは思っていないのも事実。
    スウェーデンの小学2年生が何を勉強するか知っている?
    お絵かきやレゴで遊んだりするんだ。もちろん英語も勉強はするけれど。
    まるで幼稚園と変わらないんだ。
    それなら家でshoや家族と英語を話して勉強をする方がいいとも思っている。
    けれど、昨日はshoにヤコブの勉強をみてもらいたいって言ったけど、そこまでシリアスな事じゃなかったんだ』


sho『うん。わかってるよ。学校でレゴをしてるのはびっくりしたけど。
  勉強に対してそこまでシリアスじゃないのはわかってた。
  けど、5つの勉強をするって約束をしたなら、それは守らないといけないって僕は思うよ。
  達成度やレベルの問題じゃなくてね』



ホーカン『たしかにそうだと思う。
    今日は勉強をみてあげてくれてありがとう
    それと、私たちはヤコブを甘やかしてしまっているのも事実だと思う。
    もうわかると思うけど、リサはヤコブを強く叱ったりはしないし、私もしない。
    叱る時はもちろんあるけれど、強くは叱らない』



sho『強く叱る事が大切なんじゃないって僕は思うよ。
  きっと大切なのはもっと他にあるんだと思う。
  叱る事は時には必要だけど、大きな声で怒鳴ればいいってものじゃないしね。
  大切なのは、なんで自分が今叱られてるのかをわからせる事だって思うよ。
  そして、同じ事を繰り返させない事じゃないかな』


ホーカン『そうだね。
    私たちはヤコブの事が何より大切なんだ』


sho『うん。わかるよ。
  僕もヤコブの事が大好きだから。
  だからヤコブの為に叱ってあげたい』


ホーカン『shoはヤコブの本当のお兄さんだと思うよ』


sho『だったらいいね。ヤコブもそう思ってくれてたら嬉しいよ』


ホーカン『ヤコブもそう思ってるよ。
    ヤコブはshoがいない時、いつもshoの話をしてくるんだよ。
    今回来る前もずっと話をしてた。
    でもヤコブはもう知ってるんだよ。







    
また別れがある事を』




そう。
僕はまたこの場所を離れる。
そしてその事をヤコブに昨日伝えた。


『もしもまた勉強しなかったら僕はもうここから去るよ』




だからヤコブはまた別れを意識し出した。


ヤコブには
《もしもまた勉強しなかったら》
という部分よりも
《僕がここから去る》
という事のインパクトが大きすぎた。


ホーカン『ヤコブはわかってるんだよ。
    今、shoと楽しく過ごせば過ごすほど、別れの時、そしてその後が辛くなる事を。
    だから近づきすぎないように気をつけてるんだよ。
    もちろん、それを意識してできるほどヤコブは大人じゃないからね。
    無意識のうちにそうしてるんだろうね。
    今までshoとの別れを何度も経験してるから』



僕はいつもヤコブの家から去る立場。
毎回僕はヤコブと別れてから涙を流している。
なんならヤコブともうすぐ別れるんだと思うだけでいつも涙を流していた気がする。


ヤコブも同じ。
僕と離れる事で、ヤコブは涙を流している。



僕は今回もヤコブの家を去る。
ずっと一緒に暮らせる訳じゃないから。


sho『そうだね。
  でも、僕はこの夏にもスウェーデンにくるつもりだよ』


ホーカン『ヤコブにはその期間がわからないんだよ。
    長いのか、短いのか。それがわからないんだ。
    例えば夏休み。
    子供の時は休みが永遠に続くんじゃないかって思わなかった?
    大人になればなるほど、夏休みには終わりがあって、それが近づいてきているのを感じるようになったでしょ。
    それと同じなんだよ。
    子供の時は、時間の感覚がわからないものなんだよ。
    だからshoが夏にくるってわかってても、それが長いのか短いのかはわからないんだよ』



ホーカンのいうとおりかもしれない。
僕らは大人になるにつれ
《終わり》
を意識しはじめるんだ。


子供の時は、死ぬという事すら意識していなかったはず。
それが大人になるにつれ、自分はいつか死ぬんだという事を意識しはじめる。

それと同じ事。


だから終わりをイメージできないヤコブにとっては、僕が今離れてしまうという事実だけが残り、離れてる期間が長いのか短いのかがわからない。


でも…



僕はどうしたらいいんだろうか。
ヤコブが僕と離れる事を意識して、別れが辛くなるからという事で僕と近づきすぎないようにしてるのに。
僕はヤコブに近づいてもいいんだろうか。
それは結果的にヤコブに寂しい思いをさせる事になってしまうんじゃないか。



そんな風に考えながら僕は眠りについた。
いや、正確に言えばつこうとした。
寝れるはずがない。


ヤコブの気持ちを知った今。
僕はどうしたらいいのかまったくわからなくなっていた。

本日もありがとうございました!!

ブログ応援よろしくお願いします。

▼▼▼パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
▲▲▲パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。


▼▼▼携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
旅丸ブログ応援ボタン

▲▲▲携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。


  





スポンサーサイト

スポンサーリンク

8 Comments

トゥカン♂  

ゆびきりげんまん!

拗ねてたんだ!ヤコブ氏、かわいいね!
shoさんがヤコブ氏の親戚のおじさんなら「クリスマスに会いましょう。」とか、約束ができるけれど、旅人のshoさんでは、次に会う約束ができないからね。

2016/03/20 (Sun) 07:44 | EDIT | REPLY |   

M  

思いっきり近づいた方がいいと思いました。距離を置く事に何も意味はないんじゃないかな。近づき難い人、になるだけかも。
離れてしまう人、でも来てくれた時はとっても近くなれる人、でいいのでは?会うのがとっても楽しみな人。その存在が、会えてない期間も支える気がするー。
サプライズは子供にはいらないかも。逆にしつこいくらいに、夏に行くよ!2ヶ月後に行くよ!来月行くよ!と伝えた方がいいのかも。

私は同じ8歳の双子男子のママですー。

2016/03/20 (Sun) 07:44 | EDIT | REPLY |   

かわいいなQ~  

かわいいね、ヤコブ。
楽しいの反対側はかならずあるからね。
すべては相対するからな。陰と陽、月と太陽があるように。

Shoくんが自然にふるまっていればいんじゃない?

そしてまた、あうときがくるのだから。

学校でレゴか!創造力がついて、組み立てる力がつくのかもね。

そんな授業もおもしろいな。
創造することは大事だもんね。

2016/03/20 (Sun) 09:14 | EDIT | REPLY |   

masayo  

もう読みながら目がうるうるです。
距離感難しいですね。

もうこうなったらshoさんスウェーデンへ移住どうでしょう?笑
shoさんどうでるのか、明日のアップ待ってます。

2016/03/20 (Sun) 15:13 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆とぅかんちゃん☆

ヤコブ氏かわいいでしょ!!
さすがうちの弟です。

そうなんですよねぇ。
いついつに会いましょうっていう約束ができないんですよね。
嘘もつきたくないし。
でも夏に戻るっていうのは伝えたけど、その夏までの期間がどれくらいなのかがヤコブにはわからないんですよね。
そこが困った!!!

2016/03/21 (Mon) 00:58 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆Mさん☆

コメントありがとうございます!!
思いっきり近づきたいんですけどねぇ…
ヤコブは一人でいたいとき、
『今一人でいたいから』
っていうんですよね。
きっと、何か他にも言いたいこともあると思うんですが、どうしても言葉の壁っていうのがあって、ヤコブの気持ちを全部聞いてあげることも僕の気持ちを全部伝えることもできなくて。
僕とヤコブのコミュニケーションはどちらも母国語ではない英語でやるしかなくって、近くに行けば行くほど、それがやっぱり大変だなぁっていうのは思いました。

そこがもやもやしてしまうところですね…

ヤコブからは誕生日にきてくれるんでしょ?っていう風に言われてたんですが、ヤコブの誕生日の6月はどうしてもスウェーデンに行く事ができそうになくって、夏に会おうねって伝えたんですが、その夏までの期間がどれくらいなのかがわからないみたいなんです。

でも、明日以降のブログで再び変化が!!
楽しみにしててください!!

最近は毎日電話かかってきてるんですけどね笑
いつくるのー!って毎日かかってきて逆に困ってるのが僕ですw

2016/03/21 (Mon) 01:06 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆かわいくないなーきゅー☆

ヤコブさんかわいいでしょ!!
ほんまかわいすぎる!!

いやぁ、自然にしてるんやけどねー。
どんどんヤコブが離れていくのがあの時はわかったなぁ。
すごかったで。

でもやっぱり言葉の壁でかいねー。
母国語じゃないっていうだけで全然違うからな。
ヤコブまだ8歳やからね。
それで英語話せるっていうだけでもすごいんやけどね。
僕がスウェーデン語完璧になるしかないのかw

日本語が共通言語やったらいいのに!!!!

2016/03/21 (Mon) 01:09 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆masayoさん☆

距離感難しいよねぇ〜。
どうしても伝えたくても伝えきれない気持ちみたいなのがあって。
いやぁ、距離感と言葉がw

心が通じていれば言葉なんて関係ないなんてあんなの嘘ですよ!!笑

心が通じているからこそ言葉が絶対に必要なんやって思うもんなぁ。
より必要!!!

明日のブログも楽しみにしててください!!!

2016/03/21 (Mon) 01:10 | EDIT | REPLY |   

Add your comment