《I Love Youと伝えたい》だって僕らは兄弟だから。

___________________________________________
どうも、旅丸shoです。

2013年5月13日から世界一周の旅をはじめました。
皆様に旅の素敵さと面白さと切なさと歯痒さを、写真と情報でお届けしたいと思います。
ランキングに参加しております。
よかったら一日一度のクリックお願い致します。


携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログ応援ボタン


パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
_________________________________________


2月13日
〜ウッデバッラ〜

起きると9時だった。


まだ誰も起きてきてはおらず、僕は一人でリビングルームに座っていた。




skyscannerを見ながら。
昨日の夜中から僕はスウェーデンを去るチケットを探し始めていた。
一番条件の良さそうなチケットは2月17日の午前にストックホルムから出るチケットだった。
17日の午前にという事は、16日にはストックホルムについている必要があるし、この週末をヤコブ達と過ごし15日にウッデバッラを去り、15日からはストックホルムで過ごせばいい。


しばらくするとヤコブが起きてきた。

今日は土曜日。
学校に行く必要はない。


sho『おはよーヤコブ』


ヤコブからの返事はなかった。
いつもならおはようっていってくれるのに。


sho『おはよーヤコブ』


また返事はなかった。
聞こえていない訳じゃない。
聞こえているはずだけれど、返事はなかった。


けれど、食事中は会話もした。
もちろんいつも通りではないけれど

sho『オレンジジュース飲む?』

ヤコブ『うん』

とか


ヤコブ『パンもらっていい?』

sho『いいよ。何つける?』

ヤコブ『エビとチーズのやつ』

みたいな会話。
いつもに比べると小さな小さな言葉のやりとり。


これがヤコブが選んだ方法だったのかもしれないと思った。
僕との別れを意識し始めたヤコブ。
近づけばまた別れが辛くなると考えたヤコブ。


今の僕らの心の距離はとてもとても遠く、すぐ隣にいるにもかかわらず、その存在すらも見えないようなものになっていた。



20160213IMG_3738.jpg
外に出ると雪景色だった。
今日はどうやら天気も良さそう。


20160213IMG_3739.jpg
ここには家がぽつんとたっているだけで何もない。
スーパーへ行くのも車じゃないといけない。
ただただのんびりとする場所。


真冬の北欧。
けれど日差しがあれば幾分か暖かい。

20160213IMG_3741.jpg
ヤコブの家では燃えるゴミは自分たちで燃やしてしまう。
今日は天気もいいし、外でゴミを燃やすついでに木を燃やし



20160213IMG_3742.jpg
焚き火。
さつまいもでもあれば焼き芋を作りたいところです。


焚き火で外に出てきたのは僕とリサとホーカン。
ビールを飲みながらゆらゆらと揺れる火を見て、薪を焼べる。


ヤコブはどうやら中でゲームをしているようだった。


僕はブログでヤコブの事を今までたくさん紹介してきた。
本当に素敵な弟ヤコブ。
優しくて、かっこよくて、可愛くて、ユーモアがあって。
本当にスーパーヒーローのような弟ヤコブ。


ただ、僕もだしホーカンも心配している事が一つだけある。



繊細。

繊細というのが悪い事が良い事かというのはまた別で。
ヤコブはとにかくとても繊細なんです。


子供らしく無邪気に遊んでいると思うと、突然気持ちが落ちてしまったりする。
その原因の大半は自分が愛されているかどうかがわからなくなってしまう時。


簡単な例を言えば、欲しいチョコレートを買ってもらえなかった時。
そんな時ですら、ヤコブの落ち込み方はとてつもない。
チョコレートが食べれない事に対する落ちこみではなく、それはヤコブにとっては自分が愛されていないから買ってもらえなかった、そういう風に思ってしまう。


結果として、ホーカンやリサはヤコブにチョコレートを買ってあげる。
すると、ヤコブはとてつもなく喜び、両親に抱きつき、必ずといっていいほどこう言う。

『I Love You』




ヤコブの繊細な心。
僕が物事をシンプルに考えれない事にも通ずるものがあるのかもしれない。


そう。
僕らはどこか似た者同士。
だって兄弟だから。



寒くなってきて僕は部屋に戻った。
そして、再びチケットを探す。


チケットを探しながらこんな風に思った。



あの時
『明日ちゃんと勉強しなかったらここから出て行くからね』
という言葉を言わなければよかったのか。



その通りだと思う。
もっと他に方法はあった。
けれど、その方法が思いつかなかった。
英語での会話はできるけど、もっともっと深い、心の中の言葉を伝えるには僕もヤコブも不十分。
だったらどうしたらいいのか。


僕はヤコブが僕と離れる事に対してとてもセンシティブになる事を考えれてなかった。



僕は部屋に戻りずっとその事を考えていた。
チケットはまだ買えていない。
今買ってここを離れる決断をするのは簡単。
けれど、そんな離れ方をするのは嫌だ。
そんな想いが大きく、僕はクレジットカードの番号を入力する画面までいき、最後のボタンを押せずにいた。


そんな事をしている間に、いつの間にか部屋は真っ暗になっていた。
部屋が真っ暗になった事にすら気づけないほど、僕は考え事をしていた。
時間はまだ夕方の5時過ぎ。
この時期の北欧の日照時間は極端に短く、夕方の5時にもなれば、周りは暗闇に包まれていく。



僕は喉が渇いたのでキッチンへ行った。
ヤコブはまだリビングルームでテレビゲームをしていた。
その横ではリサが眠っていて、さらにその横でカリンがパソコンを触っていた。

ホーカンはキッチンのテーブルの上にパソコンを置き、ビールを飲んでいた。


テーブルの上には先日僕が渡したふりかけの袋があった。
今日の昼はふりかけでご飯を食べたんだな。


sho『ふりかけ気に入った?』

ホーカン『これはとても美味しいね!輸入したいくらいだよ!』

sho『ヤコブも美味しいって?』

ホーカン『とっても気に入ってるよ。だから週末だけ食べていいよって伝えたんだ』


そういう所はここの家族らしいなって思った。


sho『ふりかけまだまだいっぱいあるし、全部置いていくね』

ホーカン『いいよいいよ。旅で日本食がたべたくなる事もあるだろう?』

sho『もうすぐ日本に戻るし、それにもともと今回ここにくる時のお土産で持ってきてもらったものだからね』

ホーカン『じゃあ、もらっておくね。ありがとう』

sho『あ、それとこれ“ほんだし”ね。僕がいっつも日本料理作る時はこれ使ってる事が多いから。スープとか、あとは卵焼き作る時とか』



そういって僕は自分が持っている日本食の一部をホーカンに渡した。

その時ヤコブがキッチンにやってきた。


sho『ヤコブ、今日ふりかけ食べたんだね。前食べなかったタラコも食べたの?美味しかった?』

ヤコブ『うん!タラコってキャビアでしょ?スウェーデンのキャビアは嫌いだけど、タラコは美味しかったよ!』

sho『そっかそっかー。よかったね〜。ヤコブが気に入ってくれたから、ふりかけ全部置いていくね。週末以外も食べていいよ。また夏に持ってきてあげるから』

ヤコブ『本当?また夏に戻ってきてくれるの?』

sho『うん。もちろん。僕はヤコブのお兄ちゃんでしょ』

ヤコブうん。shoは僕のBig Brotherだよ』

sho『勉強しないとダメだよっていうBig Brotherだけどいいの?』

ヤコブ『うん。勉強しなくてごめんなさい。怒った?怒ったよね…』

sho『怒ったりしないよ。全然怒ってないよ。』

ヤコブ『本当に怒ってないの?ちゃんと勉強しなかったのに?』

sho『でも、二日目はちゃんと勉強したでしょ。約束したもんね。短かったけど笑』

ヤコブ『うん。日本語覚えたいから。shoはスウェーデン語覚えてる?』

sho『覚えてるけど、ヤコブがもっと教えてくれないとすぐに忘れちゃうよ』

ヤコブ『うん。日本語も教えてね』

sho『もちろん。ヤコブと一緒だったら勉強も楽しいからね』

ヤコブ『でも、またスウェーデンからいなくなっちゃう?』

sho『そうだね。でも、絶対に戻ってくるよ。ひょっとしたら次はヤコブが日本にくるかもね。いっぱいヤコブに見せたい場所があるんだよ』

ヤコブ『shoと一緒に世界を旅できたらいいなぁ。そうだ。パパとママにお願いしてみよう!』

sho『それいい考えだね〜。ヤコブと一緒だったら毎日楽しいだろうね』

ヤコブ『兄弟だもんね』

sho『うん。そうだよ。僕らは兄弟だからね。ヤコブは僕の世界で一番大切な弟だよ』

ヤコブ『I Love You sho』

そういってヤコブは久しぶりに僕にハグをしてきた。




僕はこの時気付いた。
ヤコブが僕に対して思っていた事が何か。




僕に愛されていないと思っていたんだ。




sho『僕もだよヤコブ。I love you』


ヤコブは僕の手をひき、そのままリビングへ連れて行った。
そしてゲームをやめ、ずっと僕にしがみついていた。
僕はヤコブを抱きかかえ、部屋の中を歩いた。


ヤコブ『右に行って』

sho『右って事はこっち?』

ヤコブ『違うよー!そっちは左だよー!』

sho『だって、僕からみたらこっちが右だからね』

ヤコブ『でも僕から見たらそっちは左だよー!』


抱っこをしてるから僕とヤコブは向かい合っている。
だから僕の右手側はヤコブの左手側になる。


“右に行ってー!”
と言われれば左へ。
“左に行ってー!”
と言われれば右へ。


そんな単純な事だけを僕らは30分続けていた。

笑い声が絶えないヤコブ。



リサ『テレビゲームをしてる時よりもたくさん笑ってるわね』


その通りだ。
テレビゲームをして大笑いする事なんてない。
こうやって誰かと触れ合って、遊んで、笑いが起こる。


僕もだけど、ヤコブも今日1日笑ってなかったんだ。
ヤコブの笑い声が家の中に響き渡るのは久しぶりの気がした。



僕らは今日1日笑っていなかった分、夜になってたくさん笑った。



20160213thumb_IMG_2051_1024.jpg
久しぶりに一緒に撮った写真。
といっても、二日ぶりくらいだけれど。


僕らは今日1日ほとんど触れ合っていなかった時間を取りもどすようにたくさん話をした。
そしてたくさんハグをした。


ヤコブとの心の距離が離れていた時間は2日。
僕にとってはものすごく長い時間のように感じた。
ということは、きっとヤコブも同じように感じている。

その時間を取り戻すかのように僕らは笑いあった。
僕らにとってそれがどれだけ大切な事かというのを僕もヤコブももうわかっている。




20150426IMG_47122.jpg
だって僕らは兄弟だから。


本日もありがとうございました!!

ランキング参加中です!
ヤコブとの話にほっこりしてくれた方ぽちっと押してブログ応援御願い致します。


▼▼▼パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
▲▲▲パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。


▼▼▼携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
旅丸ブログ応援ボタン

▲▲▲携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。


  




スポンサーサイト

スポンサーリンク

16 Comments

トゥカン♂  

自分は読んでないけど

「愛を伝える5つの方法(The 5 Love Languages)」という本がよく売れているらしいよ。
「人には自分好みの愛の表現方法が5つある」と書いている本らしいよ。

5つのタイプとは、「ポジティブな言葉」で愛情を感じる人、共通の趣味など「一緒に何かをすること」で愛を感じる人、「贈り物」で愛情を感じる人、「尽くされること」で愛を感じる人、「肌を触れ合うこと」で愛情を感じる人です。
(コピペ)

ヤコブ氏は「贈り物で愛情を感じるタイプ」なのかな?(チョコおねだり話)

2016/03/21 (Mon) 07:59 | EDIT | REPLY |   

masayo  

またうるうるしちゃいましたよ。歳かな~w

時には言葉で愛してるってストレートに言わなきゃ、
伝わらないこともありますよね。
ちゃんとお互いの気持ちが通じて、
仲直りできてよかった~!!!

ヤコブの照れくさそうな顔がまた可愛い。

2016/03/21 (Mon) 12:09 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆とぅかんちゃん☆

僕どれやろ!!!
結構全部かもw
贈り物はあんまりやけどなぁ。

やこっちゃんは贈り物で感じるタイプなのかもしれないですね笑
言葉だけじゃやこっちゃんには物足りなさそうな印象は確かにある笑

2016/03/21 (Mon) 22:56 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆masayoさん☆

いやぁ、僕もしょっちゅううるうるしてるからね!!
あ、歳ですね。


そうなんですよね。
時にはちゃんと伝えないといけない時だってありますよね。
特に言葉が通じない僕らだからこそ、大切なことはちゃんと伝えないといけない。

仲直りしましたよー!!
ヤコブと溝があったことで、さらに仲良し度倍増です!!!!

2016/03/21 (Mon) 22:59 | EDIT | REPLY |   

LOO  

同じくらいの子供がいますけど、そのくらいの年齢って遊んでくれる人が大好きだから、思いっきり遊んでやればいいんじゃないですかね?
勉強も、大したことはやってないし、せっかく学校を休むなら学校の勉強とは違うことを教えてやればいいんじゃないかと思いました。

うちの子は幼稚園の年長の時に釣りがしたいから幼稚園を辞めると言ったので、それから小学校に入るまで、ずっと釣りばかりしてました。
夏にまた行かれるそうですが、今度はショウさんにしか教えられないことを教えてあげるといいんじゃないでしょうか。世界のいろんな国のこととか、地図を見ながら写真を見ながら、ブログも見せながら、話してあげたら絶対楽しいし、ショウさんからしか聞けない話がたくさん聞けて、学校に行くより勉強になると思います。

学校に行かなきゃならない理由は探せばたくさんあるけど、でも大人だって仕事を辞めて旅をすることに反対する意見もたくさんありますよね。
そんな中でショウさんは旅に出ることを選んだわけだから、ヤコブ君が学校を休むことを認めてあげて、ショウさんにしか伝えられない世界のことを教えてあげればいいんじゃないですかね?

2016/03/22 (Tue) 00:09 | EDIT | REPLY |   

にょろ  

(;_;)

良かったね〜。
ヤコブくんと笑いあえるようになって。
泣けたわ。

きっと毎回別れるのが寂しくてしょうがないんやろうけど、
夏に再会する約束があるから、なんとか我慢できるかな??

2016/03/22 (Tue) 00:14 | EDIT | REPLY |   

れい  

涙が出ました、

2016/03/22 (Tue) 02:51 | EDIT | REPLY |   

マミー  

ここ数日のブログは、みなさんと同じくうるうる・・・でした。
ヤコブはまだ自分の気持ちを伝えること、整理することが難しいですよね。って大人になってもなかなかできないことなんですけど。
楽しければ楽しいほど、離れるのが辛くて悲しくて寂しくてたまらない。
胸に突き刺さる痛みです。

でもやっぱり楽しく同じ時間を共有したいですもん。

ヤコブの気持ちが痛いほどわかるだけに、切ないですね~

shoさんの厳しくもあり優しいところ、きっとヤコブに伝わりますよ!

ステキな兄弟だな~

2016/03/22 (Tue) 10:45 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆LOOさん☆

お久しぶりです!!お元気されてましたか!!??

そうなんですよねぇ〜。
思いっきり遊んだらいいんだと思うんですが、スウェーデンの寒さで外にでるのもなかなか難しく、どうしても家の中で遊ぶ事がメインになって、ヤコブの興味がテレビゲームに注がれちゃったりするんですよねぇ。
僕も一緒にゲームやってたりするんですが笑

世界のいろんな事を結構教えていたりはするんですが、やっぱり言葉の壁は大きいですね…
ヤコブの英会話力は日本でいうと高校生くらいだとは思うんですが、ボキャブラリーは中学生くらいで何かを伝えるにも言葉の壁がどうしてもでてきてしまっているのが現実ですね。

以前まではただ仲良く遊ぶっていうのがメインだったので、言葉の壁がそこまで感じなかったのですが、今回の場合はよりヤコブに近づいていたので、逆に言葉の壁を感じる事が結構ありましたねぇ。
ただ無邪気に遊ぶだけなら全然いいんですが、それだけだと僕もヤコブももう満足しないような状態で笑

今スウェーデン語勉強してるんで、次行った時はもうちょっとヤコブとスウェーデン語で話せたらなぁって思ってます。
最近では毎日のようにビデオ電話がかかってきて、今どこにいるのかを報告するのが義務のようになってますが笑

世界に興味を持ったみたいなのでよかったですw

2016/03/22 (Tue) 11:34 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆にょろ☆

ヤコブとの深い愛情話なかなかやろ。
これはヤコブファンにはたまらんやろ笑

毎回寂しい思いさせてるなぁっていうのはあるんやけどなぁ…
そんなんわてかて寂しいわい!!!!
夏に会うっていうのも、夏までどれくらいの期間待たないといけないのかがヤコブにはわからんのよなぁ。
そこむずいw

2016/03/22 (Tue) 11:37 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆れい☆

案外心綺麗やった。

2016/03/22 (Tue) 11:39 | EDIT | REPLY |   

くりきんとん  

愛を感じますな

ヤコブ可愛すぎやし、しょう兄さんの愛情駄々漏れ。笑
羨ましい通り越して何かもう微笑ましい。
最後のツーショットが物語ってる。
言葉で伝えることって大事やね。
日本人特有(なんかな?)の言葉で言わなくても分かるでしょ空気読めよっていう習慣が私は嫌いで(笑)
せっかく話すっていう、人間にしかない能力を持ってるんやから最大限に活かさないとね。
あと英語のI love you は魔法の言葉ね。
日本語で愛してるよー、大好きだよーなんて恥ずかしすぎてなかなか言えないもんね。

2016/03/22 (Tue) 20:02 | EDIT | REPLY |   

やじ  

うううー
やこっちゃんめっちゃ可愛いな。
2ショットの2人の笑顔がめちゃいいね。
でも少し心配だね、チョコ買わないだけでも、それを愛されてないって思ってしまうのわ。
もう少し大人になったら、また違うと思うけどね。
あたしもチョコにアイス大好きだから、やこっちゃんと合うわ〜♪

2016/03/22 (Tue) 20:30 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆マミーさん☆

うるうるしていただけましたか!!
僕もうるうるでした…
や・・やこぶが・・ってなってましたからね当時笑

まだ8歳ですもんね。
素直になる部分と、素直にならない部分があるのがいじらしいやこぶちゃんです。
かわいい。

一緒にいる間はやっぱりずっと笑ってたいですよね。
別れがあるってわかってても、やっぱり笑っていたいものです。

きっとヤコブは僕の気持ちをちゃんと理解してくれるはずです。
大人になればなるほど、その気持ちがわかってくる。
だからやっぱり毎年会わないと!!!

2016/03/22 (Tue) 23:15 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆くりちゃん☆

ヤコブかわいすぎるやろ。
もう愛情がもれすぎてとまらへん。
大好きヤコブ!!!

俺めっちゃヤコブに大好きっていいまくるからなぁ〜。
そのたびにヤコブに抱きつかれてみーとぅーって言われてみなさい。
もう、かじりつきたくなる。

ヤコブはちょっとずつ大人になってきてるけど、相変わらず愛情には飢えまくってるのです。
なので、ちょっとでも不安になるとしょんぼりしちゃう笑
もう、いい加減にそこなおしてくれないと!!!!!

2016/03/22 (Tue) 23:28 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆やじぱん☆

やこっちゃんむっちゃかわいいやろ。
相変わらずのかわいさやからな。

チョコ買ってもらえないとしょんぼりするでー。
面白いで笑
どんだけ凹むねん!!!
っていうくらい凹むからな。

ヤコブが将来やじみたいなまつぼっくり体系になったらどうしよう。

2016/03/22 (Tue) 23:29 | EDIT | REPLY |   

Add your comment