《久しぶりに頭使った》経営者になったつもりで考えると面白い。

___________________________________________
どうも、旅丸shoです。

2013年5月13日から世界一周の旅をはじめました。
皆様に旅の素敵さと面白さと切なさと歯痒さを、写真と情報でお届けしたいと思います。
ランキングに参加しております。
よかったら一日一度のクリックお願い致します。


携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログ応援ボタン


パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
▼▼▼

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

_________________________________________


3月23日
〜ホイアン〜

ぐっもーにん



20160323IMG_6674.jpg
ホイアン。
今日はちょっとおでかけ。
っていってもホイアン旧市街の中なんですが。


 
お昼ご飯を食べに来たんですよ。
先日カンボジアのシェムリアップでPumpitの学校建設に僕行かせてもらったじゃないですか。
その時に知り合った子が、ホイアンにいくならぜひいって欲しいレストランがあるっていってたんでね。


それで訪れたわけです。


20160323IMG_6686.jpg
あらまぁ、日本の国旗があるじゃないですか。

こちらのレストラン。
とある特徴がありまして、日本人の大学生がたくさんインターンシップで働いてるんですよ。
ベトナムのホイアンで大学生がインターンシップ???

謎すぎる・・・
謎すぎるけど、面白そうなので行ってきました。


20160323IMG_6678.jpg
席につくと、日本人の女の子が日本語で接客してくれました。
メニューですって渡されたので開けてみたら



20160323IMG_6679.jpg
日本を紹介されてしまいました。
あれ、ご飯食べに来たのになぁ。
次のページ?


20160323IMG_6680.jpg
ふ…ふんどしと舞妓…
謎すぎますね。
これはオーダーしづらいけど…



すいません舞妓さん二人お願いします。
ノーふんどしで。


ってオーダーしたらいいんでしょうか。


20160323IMG_6682.jpg
どうやらメニュー間違えたみたいです。
すごい間違え方しましたねこちらのインターン生。


そうそう。
このカオラウパスタっていうやつが僕が食べたかったやつ。
ってことでオーダーさせてもらいました。
なかなか高いですけど、まぁきっとその価値があるでしょう。


20160323IMG_6684.jpg
こちらの女の子は店舗の内装と外装を作るんだって。
インターン生はいくつかのグループに分かれてて、店舗の内装や外装を作るチームと新メニューを考案するチームとかにわかれてるんだと。


20160323IMG_6690.jpg
こちらではトイレの案内を作っております。
The most Romantic restroom in Hoian
ってかいてる。
すごいですね。
すごい謳い文句です。


20160323IMG_6687.jpg
生ビールもいただきました。
一杯20000ドン。
他のお店が5000ドンとかで生ビール(グラス)出してるので、ここに関しても強めですね。
入り口には5000ドンって書いてたんですけども笑
知らん間に4倍の値段に跳ね上がった…
あれは一体なんだったんだろうか…


20160323IMG_6689.jpg
ここのコンセプトは日本料理とベトナム料理のフュージョンなんですって。
侍バーガー気になる…
タイのマクドにあるサムライポークバーガーはてりやき味ですけどね。


20160323IMG_6685.jpg
さてさてやってきました。
こちらカオラウパスタ。
カオラウっていうのはホイアンの名物料理なんです。

20160322IMG_6665.jpg
ちなみにこれがカオラウ。
麺が太くてうどんみたいなんですよね。
汁なしうどんです。


それをパスタで作ったっていうのが


20160323IMG_6685.jpg
このカオラウパスタ。
過去にこのお店でインターンをした日本人が考えたメニューだそうです。


味はカオラウ。
麺はパスタ。
なるほどね。



イタリアンとフュージョンしてませんか?笑
まぁ、そこはおいといて。
美味しかったですとっても。
ボリュームもあるしね。



20160323IMG_6691.jpg
美味しいご飯食べて、美味しいビール飲んで、綺麗な景色見るって幸せですね。
のんびりできる。



すると一人の学生が僕のところにやってきてこう言いました。


『すいません。今新商品が完成したので、その写真を撮ってもらえませんか?』

なんだって。
僕に写真を撮って欲しいだって?
大喜びで撮らせてもらいます。


それがこちら!!




20160323IMG_6697.jpg
うまそう!!!
ライスペーパーで巻いた春巻きを揚げた料理。
試食もさせてもらいましたが、適度な歯ごたえがあってちょうどよい。
これはありですね。
むっちゃ美味しい。



20160323IMG_6693.jpg
こうやってみんなでチームになって一つの店を作り上げていくプロジェクト。
なかなか面白そうですね。




20160323IMG_6716.jpg
日本にはいろんな事を考えて仕事にする人がおるもんですね。

20160323IMG_6778.jpg
こちらがそのお店。
Ancient Bridge Restaurant


ここ場所が人通りが多いところに面してないんですよね。
だからあまり立地としてはそこまでよくないのかもしれない。
なので




20160323IMG_6773.jpg
頑張って客寄せしないといけません。
あれ?
客寄せの方法が…




20160323IMG_6776.jpg
幾分か気になりますがまぁ、目を引くっていう意味ではありでしょう。


20160323IMG_6790.jpg
このお店の奥にはフードコートのような場所もあるんですよね。
それに他のレストランには欧米人のお客さんが結構入ってたりします。


20160323IMG_6779.jpg
メンバーも客寄せを必死になってやってるんですよ。
これは外観を写真で撮って、遠ってる人の興味をひくっていう手法。


でもなかなか人は入ってこない。



まず、問題は外からみてお客さんの入りが見えないっていうことろなんだと思うんですよね。
入り口が狭くて、手前にオープンテラス席みたいなやつはあるけれど、人数は座れない。
そんでもって入り口にいろんなものを置いてるから奥まで見えない。


看板を出したりするのは大切やけど、その看板が原因で外から中が見えにくくなっちゃってる気がするんですよね。

このレストランはもちろんローカル向けのレストランではないです。
完全に観光客向けのレストラン。
ってなると、このホイアンに来る観光客がどういう人かを考えないといけないですよね。


バックパッカーはもちろん多いです。
日本人バックパッカーよりも欧米人のバックパッカーが多い。
僕のドミもアジア人僕だけで後全部欧米系の方ばかりですからね。


ツアー客も多い。
韓国・中国・日本。
このツアー客に関しては団体なので、おそらくお金を持ってる方たち。
きっとホテルとかで食事も用意されてるでしょう。


ってなると、やはりターゲットはバックパッカーになりますよね。


バックパッカーが何を気にしてレストランを選ぶか。
①値段
②客が入ってるかどうか
③雰囲気が自分の好みか
④メニューが見やすいか
⑤美味しそうな料理が期待できるか

まぁ、こんな感じでしょうね。

特に①②④が大切かと思います。


このお店の料理一品の値段。
80000ドンから100000ドン程度。
だいたい400円から500円。
この値段が安いか高いか。


店にもよりますが、ベトナムの中ではそこそこするんじゃないかなぁと思います。
屋台なら20000ドン(100円程度)
ちょっと高くても50000ドン(250円程度)

日本料理とのフュージョンっていうことで100000ドン程度の料金っていうこともあるかもしれませんが、バックパッカーなら少し敬遠してしまう。
ただ、原価も聞いたけどこれ以上値段を下げるわけにもいかないくらい原価がかかってしまってるんですよね。

原価の問題に関しては、店が小規模であることと客数が少ないことによって多く仕入れができないので値段を下げられないことだそうです。



続いてメニュー。
ここのコンセプトはベトナム料理と日本料理のフュージョン。
ではメニューを見てみましょう。
先ほどのカオラウパスタ。


20160323IMG_6685.jpg
カオラウの味付けをカオラウの麺ではなくパスタでやった料理。
これは、多分ですが日本とベトナムのフュージョン料理ではないですね。
パスタはイタリアンですからね。
ってなると、どうしたらいいのか?

ベトナムと日本料理のフュージョンをコンセプトにしてそこにこだわるなら、カオラウの麺を使ってうどんにしたらええんちゃうかなぁって僕は思ったりします。
他の店でやってる事かもしれんし、味は知らんけどね。
でも、カオラウって日本のうどんを模倣して作ったものなんですよ。
って事は、相性が悪いとは思えないですからね。
試した結果美味しくなかったのかもしれないけど、それならパスタにせずに焼うどんとか。


日本人バックパッカーの場合、日本食は食べたいって思うことはあるけど、日本食と海外の料理のフュージョンした料理を食べたいっていうのはなかなか思わないのも現実。

例えば寿司。
寿司を海外で食べるとき、海外の料理とコラボした寿司を食べたいと思うか?
チーズとトマトをたっぷり乗せたピザ寿司。
シャリをサフランライスにしたパエリア寿司。
カレーをかけたカレー寿司。ってかもはやカレーライスやん。


違うんですよね。
普通に寿司が食べたい。
マグロやサーモンがのってる普通の寿司が食べたい。


例えばうどん。
トムヤムクンのスープをつかったトムヤムうどん。
ジャガイモの冷製スープをつかったビシソワーズうどん。
カレーをかけたカレーうどん。おい。カレー万能すぎるな。


違うんですよね。
カツオや昆布だしのうどんが食べたい。


ってなると、ここのコンセプトであるベトナム料理と日本料理のフュージョンした料理に関しては、日本人をターゲットにできない。
少なくとも節約してるバックパッカーはこれそうにない。

メンバーのみんなもそのことをよくわかってるんですよね。
ここのコンセプトだと日本人の集客は見込めないから、欧米人旅行者を狙おう。


正直に言うと、立地の問題は少しやと僕は思ってます。
だって、このお店の奥にあるお店には欧米人のお客さんが常に6人から8人テーブルについてたからね。
そのレストランのいいところは、お客さんが入っているのが見えるんですよ。
だから、ここの店は安心できるっていう風に思う。
結果、そのお店のメニューを見ようと思う。
バジェット内だなぁって思う。
食べたいなぁって思うものがみつかる。
席に座る。


こういう流れを作ることが大切。


このAncient Bridge Restaurantは①②の問題をクリアできていない感じがする。


集客に関してはビラを様々なホテルに配布しに行ったらしいです。
1日で58件に置いてもらったってゆーてたなぁ。
すごい頑張ってますね。
次は、このビラを見た人がご飯を食べに来てくれるかどうか。
これはもうちょい先になるでしょうね。


今、このお店の問題点としてあるのが、損益の分岐点がどこなのかっていうところ。
毎月いくらの経費が必ずかかっているから、最低でもこれだけの売り上げを出さないといけないのかっていうやつ。
そのためには、平均客単価だったり、平均客数だったりを数値化して、それを元に売り上げ目標を算出しないとダメなんですよね。


インターン生の子達は、原価率の事はわかってました。
ただ、利益を出す仕組みだったり損益分岐点などに関してはまだわかっていなかった様子。



僕この企画すげー面白いって思ったんですよね。
学生の時代から、日本ではなく海外でインターンシップを経験させて、世界で活躍できる人材の芽を育てるっての。
日本でインターンするのは結構普通になってる時代ですからね。
それを海外でやりたくても、どうやったらええのかわからんっていう学生の方達にはとってもいい企画やって思います。


ただ、僕の中ではもっとビジネスに関する知識を学生の方に教えてあげたらいいのになぁっていう印象でしたね。
学生らしいっていうのがいい点なのかもしれへんけども、せっかく将来を見据えて世界で活躍できる人材になろうって思って、企画に参加して、海外にまできたんやからね。
もっともっと、損益の構造とかを教えてあげたらいいのになぁって個人的には思いました。


あ、この企画のファシリテーターの方は僕なんかよりもずっと優秀な方達ばかりなので何か考えがあるのかなぁとも思いましたが。
僕も一人の経営者として仕事をしていたので(一応経営者の自覚はあったんですよ)この店の問題点が色々見えてしまってね。
その問題点は全部同じところに辿り着いてしまう訳です。


経営の事をもっと知る必要があるって事。
ここで働いているお店の人たちがもっと経営を意識する事が必要。

そんで、もーっともっと学生の子たちに利益の仕組みとかそういうのを教えてあげたら、この店はもっと化けるって思う。
だって、みんな一生懸命やねんもん。
ほんまに頑張っていろんな事を考えてあの手この手を使ってこのお店を流行らそうって思ってる。
まぁ、経営の事を教えず手探りでやらせるっていうのがコンセプトなのかもしれないのですが、一つの店の運営がかかってますからね。


学生の子達は一生懸命新商品を開発したり、内装をきれいにしたり、ビラを配ったり、客寄せをしたりしていました。
ものすごい頑張ってるし、見てて頑張れ頑張れって応援したくなりました。


ただ、もっと経営の事を教えてあげたら、もっと違うメスのいれ方ができたんじゃないかなぁって思うんですよねぇ。
それを吸収するだけの力がある子たちばっかりやったからね。


いや、教えてたのかもしれないですよ。
教えてたのかもしれんけど、その子たちの力になってなかったら教えてないも同じですからね。
それは教えた側の責任です。



僕の中でのここのレストランの一番の売りは・・・




20160323IMG_6870.jpg
この景色ですね。
ホイアンの夜の景色を色々みてまわったけど、川に反射する景色の中で一番きれいやなぁって思ったのがこのレストランの前から見る景色でした。



ってなんの話やねん。
久しぶりにお店の経営事情みたいなのを垣間見たからついつい嬉しくなって分析しだしたら、いつの間にか夜になってました。

ここのお店がやらんといけない事は、継続する事じゃないです。
企業にとって今の状態をただ継続するのは停滞している事と同じ。
企業にとって大切なのは、成長する事なんですよねきっと。


その視点でこのレストランに僕も関わりたいなぁなんて思ったりしたのは、きっと僕にはまだ経営者の心が残っているからですかね。



こりゃ・・・


日本帰ったら起業ワンチャンやな。
 
本日もありがとうございました!! 

世界一周ブログランキングに参加しています!
ブログ応援よろしくお願いします。


▼▼▼パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
▲▲▲パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。


▼▼▼携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
旅丸ブログ応援ボタン

▲▲▲携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。


  

instagramやってます。
最新の写真などはこちらで見てもらえるので、よかったらフォローしてやってくださいな。
instagram.png




スポンサーサイト

スポンサーリンク

4 Comments

トゥカン♂  

コピペだけど

日本では「閉店した飲食店の件数を業態と営業年数ごとに集計したところ、アジア料理、ラーメン、中華、そば・うどんについては、7割以上の店舗が営業3年以内で閉店しており、4割以上の店舗については営業1年以内に閉店していることが判明した。」(2015年7月)ということらしいよ。

ベトナムの飲食業はどういう感じなのかな?潰れても屋台で再出発!なのかな?

2016/05/01 (Sun) 08:24 | EDIT | REPLY |   

あゆQ~  

きのうのやっつけブログとちがって内容こっ!!!

と、いうか文字多い~~~~w

生ビ~ル大事ね!
あげ春巻き、いいよ~
ナポリタンは日本の文化、名古屋の名物だから、いんじゃない~☆日本とのコラボでw

っていうか、ツイッターで新しいブログ上がってこないけど、、つぶやきやめたんかい???

2016/05/01 (Sun) 11:21 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆とぅかんちゃん☆

それ僕も見たんですよー。
飲食店やろうと思ったらなかなか熾烈な戦いになりそう…

ホイアンのお店は僕の知ってる限りだと1年は続いてますねー!!
こっからどうなるんでしょうか・・・
屋台も結構ありましたが、あんまり流行ってる様子はなさそう・・・

2016/05/02 (Mon) 11:13 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆あゆっぷー☆

だからやっつけじゃないってば笑
なんでそんなこといっちゃうの!!もう!!ぷりぷり!!

文字多くても頑張ってよんでっ!

生ビール大事でしょ。安いほうが嬉しいもの!

ツイッター上がってない!?
あれ、設定間違えちゃったかもw
おしえてくれてありがと−!!

2016/05/02 (Mon) 11:15 | EDIT | REPLY |   

Add your comment