《見逃さないで!!》グルメ旅人が唸った!!ご飯が美味しい国紹介!!Part2

___________________________________________
どうも、旅丸shoです。

2013年5月13日から世界一周の旅をはじめました。
皆様に旅の素敵さと面白さと切なさと歯痒さを、写真と情報でお届けしたいと思います。
ランキングに参加しております。
よかったら一日一度のクリックお願い致します。


携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログ応援ボタン


パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
▼▼▼

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

_________________________________________

『日本でダイエットをする事は、世界一周する事よりも難しい』

どうも。
いきなりこの先数千年残るであろう名言からスタートさせてみました。
この名言が誰のセリフか?
パスカルでもプラトンありませんよ。






僕です。

日本に帰ってきてからダイエットをしようと思ったワケではありませんが、体重維持くらいはしようかなぁと意識しているんです。



もう無理ですね。
増えますよこんなもん。

一番の原因は日本で何を食べたら美味しいかっていうのを知ってるからですよ。
あれも美味しいし、これも美味しい…




んー・・・



hqdefault-e1453794106792.jpg
両成敗でいいじゃない!!
あらやだ、この人こんな大胆な発言してたのかしら。


そうなってしまうワケですよ。
食べちゃう。
食べちゃったらいいの。
ええ、ええ。



日本でダイエットを成功させた人は本当に意思が強い方です。
自信を持ってください。
そして日本でダイエットに失敗した人は、それが当然です。
安心してください。





無理やわそんなもん。


って事で、日本でのお食事に毎日毎日満足して、その度に腹筋の回数が増えていく僕ですが、本日も昨日と同じく食べ物好きな旅人さんにオススメしたい記事。


どぞどぞごらんくださいましー!


グルメな旅人旅丸のshoが選ぶ!!
美味しいご飯が食べれる国!!!
中央アジア編

中央アジアの料理と聞いて思い浮かぶものってなんですか????





ないでしょ?笑

そうなんですよね。
日本人の方には本当に馴染みのない中央アジア料理。
その原因の一つに中央アジアでは豚肉を食べない(宗教的な理由により)文化があり、その代わりに羊肉を食べるのが一般的だからかもしれないですね。
日本人は結構羊肉が苦手な方多いでしょ?
僕も昔苦手でした…
けど、実際に旅をしていると中央アジア料理にどんどん馴染んでいく自分がいたんですよねぇ。
不思議なことです。


20140702IMG_1466.jpg
マンティ
中央アジアではとってもメジャーな食べ物でどこでも食べれるのがこのマンティ。
その名前から連想される通り、由来は中国の饅頭(マントウ)ですね。
香辛料で味付けされた羊のお肉を小麦粉で作った皮に包んで蒸したり茹でたりするやつ。
時には焼いたりもするのでしょうか。
国によって結構食べ方や中身が違うのです。
僕のオススメはキルギスのマンティ。
羊肉以外にもジャガイモやかぼちゃを一緒に具材としていれて、最後に上からサワークリームとバターをかけるんです。
これが酒にあうわけですよ!!!


20140702IMG_1462.jpg
プロフ
これも中央アジアのどこででも食べれる料理ですね。
中央アジアだけでなく、ロシアとかでも食べるみたいですね。
簡単にいうと中央アジア版の炊き込み御飯のようなものです。
ごろごろっとしたお肉が入っていて、人参が入ってるのも定番ですかね。
特徴は、御飯を炊き込む時にニンニクをそのまま一緒に炊きこんでいるっていう事かな。
結構あぶらっぽい料理でもありますので、あまり食べ過ぎないようにご注意ください。


20140702IMG_1461.jpg
ドグラマ
これを見かけたの、実はトルクメニスタンだけやったんですよね。
トルクメニスタンでカウチサーフィンを使った時のホストの方が連れて行ってくれた伝統的なレストランで食べたやつです。
コンソメスープの中にパンと羊の肉が入っている料理。
あっさりしたスープの中に入った羊の肉がなんともいえないマッチングです。
検索しても全然ヒットしないんですが、トルクメニスタンへ行かれた際は是非この写真を見せて《ドグラマ》をオーダーしてみてくださいね!!


20140707IMG_2188.jpg
ラグマン
中央アジア風のうどん!!
牛でとったスープにトマトをいれた、トマトベースのスープを使ったうどんです。
麺はほんまにうどんによく似ているんですよ。
こってりした味付けが多い中央アジアの中では、唯一と言っていいほどのあっさりした料理です。
胃が疲れた方にオススメ!!


20140710IMG_2577.jpg
ボソラグマン
これもラグマンの一種なんですが、調理方法が焼うどんのようになっています。
麺はラグマンと同じなんですが、具材と一緒にソースと絡めて痛めたタイプ。
ラグマンには他にもスープをかけていないギュロラグマンというものがあるんですが、僕はこのボソラグマンが一番オススメ。




ペルー編

南米で一番美味しいのは間違いなくペルーだと言い切れます。
本当に美味しい。
というか、日本人好みにわざと味付け寄せてるんじゃないの??って思うくらいです。
ペルーの特徴は海鮮が美味しいっていう所です。
昨日紹介したブラジル料理も素敵ですが、総合的に見るとペルーが一枚上手!!!


20160119IMG_2099.jpg
セビッチェ
僕が一番大好きなペルー料理のセビッチェ。
ペルー風のマリネのようなものですね。
ペルーではなんと生魚が食べれちゃうですよ〜。
美味しいのはもちろん海岸沿いの方ですので、リマが一番食べやすいかもしれないですね。
エビやイカが入ったミックスセビッチェもいいですが、僕は魚だけのやつで充分!!!
魚が恋しい方は是非ペルーでセビッチェを!!!!
あ、あと酸っぱいのが好きな人も絶対にはまります笑


20160118IMG_2025.jpg
アロス・コン・マリスコス
アロスがお米。
マリスコスが海鮮。
ってことで、海鮮チャーハンのできあがりです。
これ、絶対にお米炊いてる時に海鮮の出汁一緒にいれてるやろ!!!
って思うくらい、海鮮のなんとも言えない風味がお米に染み付いてるんですよねぇ。
ほじくり返したら、どんどん海鮮が出てきて…あ…あぁ…


001.jpg
チャーハンの採掘現場やぁー!!!



2014new23-20140506.jpg
パパ・アラワンカイナ
すごい名前でしょ。
パパ!!(そのぱんつええ加減)アラワンカイナ!!(一体何日連続履いてると思ってるん!!)
まぁ、名前はいいとして、こちらの料理もペルーの伝統料理ですね。
パパはスペイン語でジャガイモ。
ワンカヨ地方の名物ジャガイモ料理っていうことで、この名前になったそうです。
この黄色いソースの正体は、チーズとアヒ・アマリージョと呼ばれる黄色唐辛子のペースト。
ちょっとだけピリ辛な風味はありますが、全然辛くないので辛いものが嫌いな方でも大丈夫。


2014new24-20140506.jpg
ロモ・サルタード
ペルー料理で絶対に忘れちゃいけないのがこのロモ・サルタードですね。
牛肉と野菜、フライドポテトを一緒に痛めた料理です。
ポイントは、ジャガイモではなくフライドポテトを一緒に炒めるっていう所ですかね。
こちらものすごく日本人の口にあうんですよ。
なぜか?
味付けがなんと、お醤油なんです。
醤油風味のお肉と野菜炒め。
いや、もう日本料理じゃないですか(フライドポテトはいったん忘れておこう)



20160119IMG_2103.jpg
ペルー料理特別枠として推薦したいのがこのイカスミパスタ。
もうね、僕のペルー旅はこの料理なしでは語れません。
本気でオススメしたいイカスミパスタはリマにある『Punto Azul』というレストランで食べれます。
ほんまに美味しいです。
って言いすぎて、他の人が『旅丸のshoが美味しいっていうから行ってみたらそうでもなかった』とか言っちゃうくらいなんですけど、これはほんまにオススメなんですって。
もう、リマの名物になりつつあります。
リマへ行くなら絶対に行って欲しい!!!!!でもあまり期待しまくらないで!!!!




ギリシャ編

ヨーロッパの中で有名のってフランス料理とかスペイン料理ですよね。
確かにスペイン料理は美味しいです(フレンチの美味しさはあんまりよくわかってない、というか高すぎて食べたことあんまりない)
でも、僕がオススメしたいのはギリシャ料理。
ヨーロッパの中で一番美味しいのはギリシャ料理なんじゃないかって僕は思うんですよね。

20160508e0177330_4283357.jpg
グリークサラダ
正式なギリシャでの名称はホリアティキサラダらしいですよ。
海外のいろんな所で見かけるサラダですが、こちら発祥はギリシャ。
特徴はトマトとフェタチーズとオリーブが使われてる所ですかね。
ドレッシングで食べるのではなく、塩胡椒とオリーブオイル、ビネガーをかけて食べるのがギリシャ風っぽいです。
さっぱりしたサラダでどこでも食べれるのでオススメです。


20160508Taramosalata01.jpg
タラモサラダ
なんだこのピンクの物体は…実はこちら…
《以下Wikipediaより抜粋》
タラマとニンニクをパンまたはジャガイモに練り合わせたメゼである。地中海地方ではもっぱら塩漬のコイやボラの卵を使用し、タラコは代用品である。

なんかよくわからん。
とりあえず、このピンクは卵っぽいですね。
ポテトサラダにたらこ混ぜたって思っときましょうかね。それが一番わかりやすい説明やわ。


201605085185f9adbeb1d93ed29e84ae.jpg

サガナキ
これはチーズです。
ええ、ええ。もうまるっきりチーズですよ。
チーズをフライパンの上で焼いた料理です。
それだけなんですよ。それだけなんですけど、信じられへんくらいうまいです。
焼いたチーズがこんなにポテンシャル高いなんて…知らんかったぞ…ってみんな声に出してしまう。
あ、もちろんワインと一緒に。


2016050844d6b886.jpg
スタッフドトマト・スタッフドピーマン(パプリカ)
ギリシャではイェミスタっていう料理なんです。
こちらもギリシャ料理で有名なやつですね。
トマトやパプリカの中身をくりぬいて、お米と具材を混ぜてもう一回野菜の中に戻したやつ。
それをオーブンの中に入れて調理したのがこれ。
野菜の美味しさも味わえるし、お米が入ってるからお腹もいっぱいになる素敵な料理!!!


20160508015873e3.jpg
ムサカ
僕が一番オススメしたいのはこのムサカ。
ムサカってトルコとかでも食べれるんですけど、圧倒的にオススメなのはギリシャのムサカです。
ナスとジャガイモ、ひき肉を重ねて、ベシャメルソースをかけてオーブンで焼いた料理。
ラザニアやグラタンによく似てるんですが、パスタは使われていません。
これはギリシャの伝統的な家庭料理なんですが、ほんまにどこで食べても美味しい。
確実に僕が食べた料理の中で世界トップ5には入るんじゃないかなぁって思います!!



あぁ・・・またお腹すいてきた…
今日も3カ国紹介させてもらいました。
昨日とあわせて、これで6カ国。

世界にはもっともっと美味しい料理があるんです。
けど、今回紹介したのは平均的にどれを食べても美味しいよっていう国です。
(東南アジアや中国・韓国は平均的にっていう点では上位間違いなしなので今回は対象外にしています)


世界食べ歩きほんまに面白いです。
文化が異なれば食も異なる。
食文化っていう言葉があるくらいですもんね。
そして、食文化を見ればその国がわかるっていっても間違いではないと思います。

特に陸路で国をまたいでいくと、その違いがよくわかる。
隣の国では牛肉を食べていたのに、国境を越えると食べなくなるなんて事もしょっちゅう。


いやぁ…世界4周目はどこの美味しい料理を食べる事になるんでしょうか。
今からもうワクワクする。


でも、気をつけないと。
ここは日本。


『日本でダイエットをする事は、世界一周する事よりも難しい』

ですからね…
さぁ、今日も腹筋開始だ。

本日もありがとうございました!! 

世界一周ブログランキングに参加しています!
ブログ応援よろしくお願いします。


▼▼▼パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
▲▲▲パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。


▼▼▼携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
旅丸ブログ応援ボタン

▲▲▲携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。


  

instagramやってます。
最新の写真などはこちらで見てもらえるので、よかったらフォローしてやってくださいな。
instagram.png





スポンサーサイト

スポンサーリンク

2 Comments

あゆQ~  

野菜マンティつくってください!

なまえがいいにくい、、、
活性わるい人は、、

たいへんや(;´_ゝ`)

ギリシャ料理はチ~ズ系多くて魅力的だわぁ~~

あ~~~そんな美味しいものを出す、宿をつくって、、自立したい、、、。。

腕利きのシェフ、一緒に会社つくりましょ。。。株式会社マンティの食べれる宿グローバル!!
なまえ、べたかな(((^_^;)

2016/06/27 (Mon) 13:26 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆あゆきゅ☆

野菜まんてぃむずかしい!!
あれの美味しさ肉汁!!!!

ギリシャ料理ほんま美味しいよ!!
世界でトップクラスに美味しいねんけど、あんまり知られてない!!

ほんとに…僕をシェフと看板アイドルとして雇いなさい。

2016/06/27 (Mon) 23:32 | EDIT | REPLY |   

Add your comment