《日本でも問題になっている!!》中国人のマナー問題の原因とは??

___________________________________________
どうも、旅丸shoです。

2013年5月13日から世界一周の旅をはじめました。
皆様に旅の素敵さと面白さと切なさと歯痒さを、写真と情報でお届けしたいと思います。
ランキングに参加しております。
よかったら一日一度のクリックお願い致します。


携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログ応援ボタン


パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
▼▼▼

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

_________________________________________


7月16日
〜フフホト→エレンホト〜

起床5時半。
7時半に電車があるというのは本当か嘘か。
それはわからないけれど、Wi-Fiも通じない状況で今僕ができることはあるかどうかはわからない電車の時間に駅に到着している事だけだろう。

20160715IMG_0379.jpg
僕が宿泊した金龍旅館。
Booking.comで探して最安値だったから泊まったけれど、結局Booking.comで表記されている値段の部屋はあいておらず、少し高めの部屋に泊まるはめになった。
シャワーもないし、なかなかいけてない宿に初日から泊まってしまったもんだ。

20160715IMG_0380.jpg
朝のフフホトを歩くと、どこか懐かしい中国らしい雰囲気を感じ取る事が出来た。
大きな建物が立ち並び、道の幅がやけに広い。
広大な土地を持つ中国特有の景色は、ここ内蒙古までその姿を現していた。

20160715IMG_0383.jpg
ここは内蒙古だからなのか、中国語だけではなくどうやら違う国の言葉も表記されているようだった。
中国語ならなんとか読めるけれど、これになってくるともう絶対に読めない。

真ん中はえんにょうに見えるし、右のやつなんて完全に今から立ち去ろうとしている人にしか見えない。

20160715IMG_0384.jpg
駅に到着したのは午前6時半。
宿の方がいうには午前7時半に電車が出るので1時間前。
まぁ、ちょうどいいくらいなんではなかろうか。


20160715IMG_0385.jpg
中国の駅らしく、入り口もなかなかの厳戒態勢。
身分証明書を持っていないと絶対にいれてくれない。
旅行者はパスポートでオッケーだけど、チケットを買いにきただけでパスポートを持っていない場合などはここで追い返されるので注意して。


20160715IMG_0386.jpg
チケット売り場。
乗り場とチケット売り場はまったく別の入り口になっている。


20160715IMG_0388.jpg
見事中国語のみ。
これは中国語がわからない方にとってはなかなか大変なはず。
日本人の場合は漢字があるのでなんとなくわかるかもしれないけれど、ここに欧米人の方がいたらもうとんでもなくちんぷんかんぷんなんだろうな。


窓口でチケットを購入。
エレンホト行きの電車は午前9時58分発らしい。
7時半発から2時間半ほど遅れての出発。
おかげさまで僕は約3時間もてあますことになった。


昨晩はWi-Fiが使えなかったため、近くのKFCでWi-Fiを拾う事にしよう。
入り口を見ると免費wi-fiという文字が書かれている。
これは無料のwi-fiという意味。


しかしやはり中国



20160715IMG_0390.jpg
そう簡単には使わせてはくれない。
電話番号がないとフリーWi-Fiすら使えないのが中国。
なので中国を長期で旅するなら、確実にSIMフリーの携帯を持ち、中国のSIMカードをいれて電話番号を取得したほうが良いと思う。


20160715IMG_0392.jpg
KFCではWi-Fiを使う事はできなかったが、充電器はあったため、そのま2時間少し滞在していた。
そして駅に戻ってくると、電車はすでに到着していた。


20160715IMG_0393.jpg
僕が乗る電車。
なかなか綺麗な電車だった。

僕は特に一等席とか二等席という指定はしなかった。
料金も54元と言われ、そのまま支払った。


20160715IMG_0394.jpg
電車の車内は思いの外綺麗だった。


そう


20160715IMG_0397.jpg
座席シートが直角な事を除けば概ね快適な電車だと言えるだろう。
しかし、あまりにも直角すぎる。
これはかなり辛いぞ。



だってフフホトからエレンホトまでの乗車時間









驚異の9時間だから。

僕も最初耳を疑った。
事前に情報を調べていなかったというのはあるけれど、まさかしょっぱなから9時間移動。






20160715IMG_0397.jpg
90度なんて思ってもいなかったから。


20160715IMG_0399.jpg
中国の列車はとにかく車内販売がよく回ってくる。
お菓子にラーメン、お弁当に飲み物。


しまいには髭剃りなんかも売られてくる。


そういえば春秋航空のフライト中にも髭剃り売られてきてたな。
乗り物の中で実演販売をするのが流行りなのだろうか。


20160715IMG_0400.jpg
横がど迫力なファミリーだった。
この手前の髪型があかんやつ子は2歳らしい。
ちなみに、Tシャツの下から少しだけワカメちゃんのようにパンティーが見えてしまっている。


なんとこの子、女の子だった。


ボリューム過多の女の子を有するファミリーは



20160715IMG_0401.jpg
どうやらお昼ご飯に牛肉麺を食べるようだ。
フォークの新しい使い方を教えてもらった。
まさかこうやって蓋があかないようにする事ができるなんて。

ラーメンを箸で食べる日本人にはまったくもって不要な情報だった。


しかし



20160715IMG_0403.jpg
こちらの車内



20160715IMG_0404.jpg
ラーメンが飛ぶように売れる。

20160715IMG_0414.jpg
しまいには僕の目の前の人もラーメンを食べだした。
もちろん、フォークで蓋をロック。



せっかくなので




20160715IMG_0419.jpg
僕もやってみる事に。
これは僕がお気に入りの高菜入りラーメン。
中国に来た時は必ずこれの袋麺を常備しているくらいお気に入り。


僕はここで中国人のマナーについて考えた。

今回の帰国時に、中国人のマナーがひどいというテレビの番組を見た。
僕自身は中国がとても好きな国なので、悪いのは中国人だけではないという気持ちでその番組をみていた。
コメンテーターの日本人があまりにも中国人の事をひどくいうのにも少し嫌悪感があった。


そんな、悪いのは中国人だけじゃないよ。
だいたい、日本人はマナーとかそういうのにしっかりしすぎてるんだよ。

そんな風にも思っていたけれど



20160715IMG_0418.jpg
席を占領して寝っころがる人


20160715IMG_0412.jpg
食べ散らかしたものをそのまま放置



20160715IMG_0408.jpg
働かずに客と一緒になって子供と遊び続ける乗務員。
しかも大騒ぎだったおかげで、僕はまったく眠ることができなかった。



こういった状況を実際に目の前で見てしまうと、やはりマナーは悪いという結論に至ってしまう。


ではなぜマナーが悪いのか。


それは、マナーが悪いことに全員が慣れているから。
迷惑をかけることも、かけられることも。
中国人は両方に慣れているんじゃないかと思う。


子供が食べかけのものを口から出して床に吐いてしまっていた。
日本であれば、おそらく親がそれを片付けるんだろうと思う。
子供のした事なので仕方のない事ではあるけれど、日本の場合は両親が他の方に対して迷惑をかけてしまって申し訳ないという気持ちが出てくるんだろうと思う。

けれど、その親はまったくそんなことはしない。
周りの人たちもその光景を見て、子供はかわいいなぁという目でしか見ていない。


ようするにそんな程度の事は日常茶飯事の事であって、気にする必要もない事なんだという風に考えているのかもしれない。



20160715IMG_0408.jpg
この状況だってそうだ。
乗務員が4人もこの場所に集まっておしゃべりをしている。
勤務中にもかかわらず。


この状況は客側にとっては迷惑な事であるにちがいない。
本来働いているべき時間に働いていないのだから。

けれど、客はそんな事を迷惑だなんて思ってもいない。
一緒におしゃべりを楽しんでいる。


こういった点はまったく日本と異なるんだと思う。
だから、日本人は中国人のマナーが悪い事に対して苛立ちを覚えるんだろう。


さすがに僕もこの電車ではイラッとしてしまった。
中国に留学もしていたし、中国人の友人もたくさんいるけれど、やはり人に迷惑をかけているという実感は持つべきなんだろうと思う。



20160715IMG_0423.jpg
エレンホト駅に到着したのは19時前だった。
この日の夜、日をまたいだ深夜1時にウランバートル行きの列車はあった。
しかし、料金が600元とかなり高い。


20160715IMG_0424.jpg
こちらの方々は中国人の旅行者の方々。
彼らは600元を支払ってウランバートルへむかうらしい。
寝台列車でのウランバートル行き。
僕もそれをする予定だったけれど、ちょっと高いしな。


20160715IMG_0427.jpg
僕はとりあえず駅の目の前にある安宿にチェックインした。


この宿にはWi-Fiがあった。
VPNを接続し、ネットでエレンホトからウランバートルまでの行き方を確認してみると…


エレンホトからザミンウードまでのチケットを40元で購入し、ザミンウード到着後そのまま乗りっぱなしでいる。
そうすれば追加料金140元程でウランバートルまで行ける。
なので合計180元。


ザミンウードというのは中国とモンゴルの国境。
エレンホトが中国側でザミンウードがモンゴル側。



しかし、その電車の出発時間はザミンウードを18時過ぎに出るものだった。


僕が今から乗ろうとしている電車は深夜1時にエレンホトを出発する電車。
これでもし、ザミンウードで超高額を請求されてしまうと、まったく意味がない。


しかし明日は日曜日。
日曜日は電車が出ていないという話を宿の人に聞いた。


宿の人がいうには、毎日エレンホトからウランバートルまでバスが出ているという話だった。
僕はそんな話をまったく聞いた事がなかった。
ネットで検索してもまったく出てこない。


けれど、宿の人は毎日朝10時半にエレンホトを出発し10時間程でウランバートルに到着するという話だった。


明日の夜20時過ぎに到着する事になるのか。
今日も9時間の移動を終えたばかり。


本当は寝台列車にのってゆっくりと横になって明日の朝にはウランバートルに到着するという予定だったけれど、横になるのなら宿で横になっても同じ事か。


バスがあるかどうかはまだわからない。
けれど、今日は9時間の電車移動でクタクタだ。


とにかく今日は休もう。
特に何もしていない日だったけれど、移動はかなり体力を消耗する。


20160715IMG_0428.jpg
深夜一時。
宿の目の前にある駅からはウランバートル行きの列車が走り出した。


僕はとにかく体を休める事にした。
明日バスがあるかどうかはまだわからない。

けれど、今日ここで一泊しておくべきなんだろうと旅で培った勘がそう言っている気がする。


本日もありがとうございました!! 

世界一周ブログランキングに参加しています!
ブログ応援よろしくお願いします。


▼▼▼パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
▲▲▲パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。


▼▼▼携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
旅丸ブログ応援ボタン

▲▲▲携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。


  

instagramやってます。
最新の写真などはこちらで見てもらえるので、よかったらフォローしてやってくださいな。
instagram.png



スポンサーサイト

スポンサーリンク

2 Comments

あゆQ~  

中国でかいもんな~

あんま小さいことに気にかけないのかな~(^^;

でもやっぱり、みんなが気持ちよく過ごせたほうかいいよね。

マナーはやはり、大事だよね、
これから中国のひとたちも、たくさん世界にでて旅行したり、いまもだけど、しているから少しづつでも、マナーのあり方が
かわるといいよね。

で、うちの息子は相変わらずな敬語で、入院した日に、いますぐスマホもってきてください!と、無理なお願いをされたわ、一緒に救急車のったから、電車で帰らなきゃいけないのにさ。。敬語でいうあたりが、はらただしぃ~

2016/08/08 (Mon) 14:55 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆あゆきゅ☆

中国でかいからねー!!
まぢでw
ほんまにでかすぎて大変。

そうそう。全然気にしないの彼ら。

マナーって大事。
でも、文化があるから仕方ないのかもしれないとか思うんよな…

まぁ、ちょっとひどすぎるけど笑
さすがに国境でおしっこはあかん!!!!

息子〜!!!
俺が今度しかったるから!!!!
(きっと僕の事を尊敬しているはず)

2016/08/08 (Mon) 23:55 | EDIT | REPLY |   

Add your comment