《僕は知っている》中国人は優しいんだ。

**本日の内容**
・北京への裏技移動。
・素敵な中国人の方との出会い



スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
▼▼▼

旅丸ブログスマホ用応援ボタン

パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


8月2日
〜ザミンウード→北京〜

20160802IMG_1853.jpg
午前6時。
太陽が昇り始める。
太陽が沈んでいる時間は本当に短いモンゴル。

僕は今日、モンゴルを去り北京へと移動する。
国境の町ザミンウードの駅前に行ってみると


20160802IMG_1855.jpg
朝早くから何台かのバスが止まっていた。
赤のバスはここから北京まで行くバス。
ピンクのバスはここからフフホトまで行くバス。
フフホトまでダイレクトのバスが出ているんやな。
というか北京までのダイレクトバスっていうのもなかなかすごい。


北京までのダイレクトバスに値段と時間を聞いてみた。

料金は220元。
出発するのは午前8時。
そしてエレンホトで休憩をして、そこから午後14時に出発。
北京に到着するのは夜中の1時すぎになるそう。


夜中の1時過ぎに北京着か…

僕は明日から2泊3日の列車移動をすることになる。
できれば、今日は宿に泊まりたい。

けれど、どうやらエレンホトへ行ったとしても北京行きのバスが出るのは午後14時頃が一番早い時間らしい。


そうなると、どのバスに乗っても北京に到着するのは日付をまたいでしまう。
仕方ない。
日付をまたいでからタクシーに乗って宿に移動するか。
今日宿でシャワーを浴びておかないと3日間浴びないことになる。


僕はまぁ大丈夫なんだけれども




ネベブー『だんめだっ!おで!二日はいんねかったらすっぱくなっちまう!』

だそう。


まぁ、僕もできればシャワーくらいは浴びたい。
そのため、とりあえず北京の安宿に目星をつけておいた。

 
バスは合計4台止まっていた。
一つはベッドタイプの北京行き。
二つは座席タイプの北京行き。
一つは座席タイプのエレンホト行き。

僕たちが行くのは北京なので乗るとしたら3台。

その3台に尋ねてみる。
すると全て同じ回答が返ってきた。



sho『すいません。北京まで二人』


バス『満員』


どうやら予約でいっぱいらしい。
今は誰も乗っていないのに、列車が到着したらその乗客が乗ってくるということだろうか?
それともエレンホトから乗る人の予約でいっぱいという意味だろうか。

3台全てが予約で埋められているらしい。


バス『ここからエレンホトまで移動して、エレンホトからバスを探せばいい』


1台のバスの運転手がそういった。
エレンホトまでは50元。
とりあえずエレンホトのバスターミナルまで移動をしてから北京行きのバスに乗ればいいと。

エレンホトから北京行きのバスはかなり頻繁に走っているよう。
そうか。
ってことは…


深夜1時になっても到着しない可能性が出てきたわけだな。


こりゃ困った。

とはいっても、行くしかない。
今日行かないと、電車に乗ることができなくなってしまう。

20160802IMG_1856.jpg
そんなわけで、僕らはフフホト行きのバスに乗り、エレンホトで途中下車するという方法でエレンホトまで行くことにした。

20160802IMG_1857.jpg
ここがモンゴル側のイミグレーション。
出発したのは午前8時だったけれど、イミグレーションに入ったのはもう10時を過ぎていた。
どうやら国境がまだ開いていなかった様子。

列車の到着時刻が7時40分。
そのためバスの出発は毎日8時頃になる。
けれど、国境が開くのはまだ先。

なので、毎日ここの国境を越える人は国境前で待ちぼうけを食らわされることになる。


20160802IMG_1858.jpg
再び訪れたエレンホトの国境。
中国の国境はとても綺麗な建物で非常に大きい。
だいたいどこの国境もそんな印象がある。


ネベブー『おで、べんじょいっでぐっから。バスうごきだしそうだったらとめでで』


そういってネベブーは中国国境のトイレに行った。


2分後ネベブーが走って戻ってきた。
早い便所だな。
もらしたんじゃねーか。


ネベブー『やばい。トイレがやばい』

大興奮のネベブー。

ネベブー『一つはドアがなかった』

まぁ、中国だからな。

ネベブー『もう一つのには便器のふちにうんちがこんもりのっかっていた

いや。
もう状況が理解不可能やねんけど。

ネベブー『便器の中にはいっているなら、おでは流した。けれどふちにのっかっていたものはどうしようもない』

sho『そして、貴様はそれを目に焼き付けてきたのか』

ネベブー『んだ。しかとこの目に』



そ…そうか…
できるだけ早めに忘れることだ。



20160802IMG_1859.jpg
2週間ぶりの国境。
大きな虹がかかっているのが中国側。

20160802IMG_1860.jpg
てっきりバスターミナルまで連れて行ってくれると思ったら、まさかの途中で降ろされる始末。
あれに乗れあれに乗れと言われて言われるがままに乗ったバス。
1路というのはバスの路線番号。
エレンホトの中心から国境までいくのはこのバス。
けれど、エレンホトーザミンウードの国境はここまでバスできたとしても徒歩で越えれない国境なので、必ず車に乗らないといけなくなります。


バスに乗ってしばらく。

運転手が降りろ降りろと言い出した。


20160802IMG_1861.jpg
なんだかよくわからない所に降ろされたけれど、ここにバスが1台止まっていたんです。




北京からザミンウードへむかうやつが。


おっちゃん。
逆や。
わし今ザミンウードから帰ってきた所やねん。
北京行きたいってゆーたがな。


そう運転手に伝えると、結局終点までいくことになってしまった。
そして再び同じ道を折り返す。



もちろん料金は取られた。


お…おっちゃんのミスなのに…
まぁ、僕が降りる所も知らずに乗ったのが悪いのかもしれないけれど…


エレンホトのバスターミナルまで到着。
時間は11時30分。
中国とモンゴルの時差は1時間あるので、1時間戻して11時30分。
ってことは、ザミンウードを出発したのが8時なので、国境を越えてバスターミナルにくるだけで4時間が経過しているってことになるのか…


なかなか厳しい国境越えな訳ですね…この陸路国境…。
それとも僕がたまたま運が悪かっただけなのだろうか。


まぁ、とりあえずは北京にいくバスを探さないと。



そう思い、バスターミナルの中に入ろうとすると…



おばちゃん『北京!?北京!?』

そう声をかけてくるおばちゃんがいた。

sho『うん。北京』

きっと客引きだ。
けれど、僕はちょっと予想していた。


“絶対にシェアタクシーがある”


僕の予感は的中。
おばちゃんは客引きだった。

北京まで

20160802IMG_1862.jpg
この乗用車で行かないかという話を持ちかけてきた。


料金は300元。
バスで行けば180元。
120元も高い。


シェアタクシーでいくメリットを考えてみた。
・バスなら深夜1時すぎ着だけれど、シェアタクシーなら夜9時には着く
・バスならバスターミナルにしか止まらないけど、シェアタクシーなので地下鉄の駅で降ろしてもらえる。
・シェアタクシーなら今すぐ出発する

そんな所か。
この差に対する価値を考えてみた。


sho『250元ならいいよ』

バスの値段プラス70元。
日本円にして約1000円程度。


1000円で僕は4時間早く着くという事と、深夜に北京に到着しないというのを購入する事にした。


明日成都行きの列車に乗らないならきっとバスに乗っていたと思う。
けれど、僕は成都行きの列車に乗る。
2泊3日。
風呂なし。

まぁ、それを考えれば70元を出して、今日早く到着するというのを買うのは良い選択じゃないかとおもった。


車は12時頃から走り始めた。
客は僕ら二人とモンゴル人女性二人。
合計4人の客が乗っている。


走り始めてすぐ、草原の中に



20160802IMG_1863.jpg
恐竜登場。


20160802IMG_1864.jpg
え。
いやいや。
なにここ。
なにが関係してるの。



20160802IMG_1869.jpg
めっちゃ恐竜おるやん。
なんで。
なんで車窓から恐竜見てるの僕。



20160802IMG_1866.jpg
あ…なんか通り過ぎたけど…



今のいったいなにやったんやろ…





振り返ると…




20160802IMG_1867.jpg
そこには仲むつまじげにキスをしようとする超巨大な恐竜がゲートになっていた。
え。
なに。
エレンホトって何かのテーマパークなの。


20160802IMG_1870.jpg
ふ…不思議…なんか不思議…
草原に恐竜がいっぱいだなんて。




道中は基本寝ていました。
まぁ、やる事もないし、しばらくしたら草原もなくなって町になってきましたし。



20160802IMG_1872.jpg
そんなわけでもう夜の19時頃です。
北京まで降りてきたのでほとんど日本と変わらない時間に日没がある。



20160802IMG_1871.jpg
時折トイレ休憩があるんです。
その度にネベブーは


ネベブー『だめだ…またドアがない…うんこが角にこびりついてる…いったいおではどうしたらいいんだー!!』


ネベブーは意外なことにデリケートらしい。
まったくそうは見えないのですが。


20160802IMG_1873.jpg
そんなわけでついに到着北京!!!
僕の留学場所!!!
懐かしい…16年前…


え。
16年前。



すいません。
僕のブログ読んでる人でまだ生まれてない人いるんちゃいますか。


ま…まぁいいんです。
とりあえず…




20160802IMG_1875.jpg
下りエスカレーターをつけてくださいませんか。
北京発展したんだから、下りエスカレーターくらいつけてくれ。


20160802IMG_1877.jpg
なんか…違う…
僕の知ってる北京じゃない…
僕の知ってる北京にはこんなものなかった…


20160802IMG_1876.jpg
僕の知ってる北京にはこんなわかりやすい料金表なかった…
なかったのに…


すごい発展です北京。

僕が留学していた時って地下鉄も4本か5本しか走ってなかったんじゃないかなぁ。
今は15本も走ってる。
たった16年とは言わないけれど、16年でそれだけの発展を遂げる中国の首都北京。
きっと東京の発展のスピードよりもかなり早いと思う。
いや、世界のどこと比べたって北京の発展の仕方は世界トップなんじゃないかって思う。


きっかけは2008年のオリンピックみたいです。
あの時にいろんな開発が進んだことは間違いない。
僕2008年も北京にきてたんです。
その時は前職で一番仲の良かった親友と一緒に旅行だったんですけどね。


あの時はまだ昔の北京の名残があった気がする。


けれど、今はもうない。
僕の知る北京じゃない。



結果。






道に迷う。



うぉー!!!!!
宿がわからーん!!!!




北京の街中で大騒ぎです。
と…とりあえずWi-Fiをさがそう…そして連絡しよう…






がっつり迷子だと。


すると、一人の男性が声をかけてくれた。


男性『日本人の方ですか?』


まさかの日本語。
しかもペラペラ。
日本人なんじゃないかと思うほど。


彼は光さん。
日本の大学院で6年勉強をしていたらしい。
そして現在は日系企業で働いている方だった。


僕らが宿の場所がわからず困っていることを伝えると光さんはスマホを使って僕らの宿を調べてくれた。
そしてその場所はわかりにくいからといって僕らを宿まで連れて行ってくれた。


きっと光さんに出会えなかったら、僕らは路頭に迷っていたと思う。
時間は夜の21時半。
ほとんどの店が閉まっていて、Wi-Fiなんて見つけることはできなかった。
僕らだけではどうしようもなかった。


そこで出会った光さん。
しかも日本語検定一級の持ち主。


本当に素敵な出会い。
道に迷ったからこそできたつながり。
僕はまたありがとうを言わないといけない人ができちゃったな。


20160802IMG_1879.jpg
北京に到着した記念。
やっぱりビール飲まないと。
燕京ビール。
僕が留学をしていた時、毎日何本飲んだかわからないビール。
とっても軽く、爽やかな喉越しのビール。
ビールが苦手な人でも飲みやすい中国を代表するビール。


20160802IMG_1881.jpg
土豆丝。
日本ではあまり有名ではありませんが、中国では非常に有名な前菜的食べ物。
ほとんどの中国人の方がオーダーする料理ですね。


20160802IMG_1882.jpg
木須肉。
キクラゲと豚肉と卵の炒め物。
それをご飯にのせたもの。


これだけでお腹いっぱい。
ビール2本と料理二品で46元。
一人23元。
370円。


中国…す…住めるかもしれない…


反日だ反日だとかなんだかんだと言われているけれど



20160802IMG_1885.jpg
僕はあまりそんなことを感じたことはない。
彼は覚えたての日本語を僕に話してくれた。

『コンニチワ。サヨウナラ』

笑顔でそういう彼に反日の感情なんてない。


もちろんだけど


20160802IMG_1886.jpg

この子供にだってそんな感情はない。
僕の知る中国。
それは反日感情ばかりがある国なんかじゃない。


僕は今回の旅できっとたくさんの中国人に助けられると思う。
だって、中国人は優しいんだから。




僕はそれを知っている。

ってことで…



モンゴル旅終!!!!



本日もお読みいただきありがとうございました。
最後にクリックでもしていきませんか?


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
旅丸ブログスマホ用応援ボタン


パソコンの方はこちらのボタンをぽちっとお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


▼▼僕が旅中に使用しているNo1宿予約サイトはこちら▼▼




予約時にお金もかからないし、キャンセルも無料の場合がほとんど。
現地到着時に支払いをするという方法なので、トラブルが起きない優れものです。
ここから飛んで予約してくれると、僕が太鼓叩いて笛吹いて小躍りしたりします。




▼▼僕の旅情報サイト【TABIMARU.COM】もよろしく▼▼
tabimarudottocom.png 
  

スポンサーサイト

スポンサーリンク

4 Comments

親方  

エレンホトと言えば恐竜

2016/08/28 (Sun) 12:11 | EDIT | REPLY |   

あゆQ~  

いやいいね~
たのっすィ~
トイレ扉ないのぉ?
うちはあるけどけっこ~オ~プンハ~トよ~
てんこ盛りは、やばいなっ!!!
その上に盛るってのもいいけど、、、素人には無理ねっ!!
あ、あなたはできそうだけど。。

16年前って二回目の結婚が失敗したときじゃない~あたし、きっとあなたの過去のどれも大人だわっw
中国のかた、やさしい~いいね。
きっと、誤解がほとんどでみんな、やさしいとおもうよ~
さ、明日もたのしみにしてるからなっ!!
今日は、沖縄居酒屋で泡もってくるわい~✨

2016/08/28 (Sun) 13:08 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆親方☆

一瞬ですぎた。

2016/08/28 (Sun) 17:00 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆あゆきゅーん☆

トイレ扉ないよ!!
そこの家と一緒!!
あ、一応あるんやっけ?笑

いやー、素人にはできない。
僕もまだ素人。
そこまでの気合なし。

ってその数字すごいな笑
二回目のが失敗ってw
はくりょくがありすぎるよねーさん!!!!!

2016/08/30 (Tue) 16:34 | EDIT | REPLY |   

Add your comment