僕らはここに来てはいない。だからそのまま去っていく事にする。

**本日の内容**
・色達から成都へ戻る


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログスマホ用応援ボタン

パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


8月12日
〜色達〜

午前7時起き。
なんだか久しぶりに7時とかに起きてる気がする。
5時発とか4時発ばっかりだったもんで・・・


今日はいよいよラルンガルゴンパへ。
しかし、その前にバスのチケットを買いに行かないといけない。
明日の朝5時半に成都へ出発するバスのチケット。


20160812IMG_2635.jpg
バスターミナルは午前8時から空いているらしい。
成都へのチケットは前日にしか買えないという噂があるので、なんとしても8時に到着してチケットを買わねば。



20160812IMG_2636.jpg
バスターミナルに到着してチケット購入をしないと。
けれど僕らは外国人。
現在色達には外国人は基本的にはいないはず。


中国人のふりをして購入するしかないか。


そう思い列に並んでいると、前の人が成都行きのチケットを買うところだった。


『没有』


中国にきて何度この単語を聞いただろうか。





なんで前日にしか買えへんチケットがもう売り切れてるねん!!!!




困惑。
いったいどうしたらいいんだろうか。


僕らはとりあえずその場に立ちすくんだ。
明後日に成都に帰るという方法でも大丈夫といえば大丈夫。
ただし、できればこの街にはもういたくない。
ずっと緊張しっぱなし。


話しかけられても基本的には無視をしないといけない。
街中の人に話しかけられる事さえ、やはり戸惑ってしまう。

こんなに心臓に悪い街、早く出て行きたい。


そう考えていた僕ら。

帰る手段はいくつかある。
とりあえず色達から成都方面へ行くバスか乗り合いタクシーに乗ればいいんだから。


色達から康定へ行くバスはまだ残っていた。
なので色達から康定へまず行き、康定から成都へと帰るルートも考えられる。

けれど、そうなると明日は康定泊になるのか。


でも色達に残るよりはずっといい。
多少回り道になってしまうけれど、それでもこのドキドキ感を味合わなくてもよくなるならそっちの方がいい。


そう思い僕らは康定行きのチケットを買おうと思った。


すると


『成都?』


と声をかけてくる男性がいた。
どうやらその男性は成都へ行くシェアタクシーの誘いをしているようだ。


sho『はい。明日の朝成都行きのチケットが売り切れてしまったんです』


男性『成都までチャーターだと2400元だよ』


sho『ちょっとそれは高すぎです。僕らは3人なんですが、後何人でチャーターじゃなくなりますか。』


男性『後3人』


sho『それを探してもらう事は可能ですか?』


男性『多分見つかると思うよ』


sho『そしたらチャーターじゃなくてもいいので、残り3人を見つけてもらいたいです』


男性『電話番号はある?』


sho『いえ、ありません』


男性『そうしたら、ホテルの場所を教えてもらえる』


こうして僕らはその男性と一緒に僕らが泊まっている宿へと向かった。
その途中、どこかから電話がかかってきていた。
どうやら成都へ行く人を探しているという連絡っぽい。
しかも相手も3人組。
明日の朝に出発するという事で大丈夫なんだと。


sho『もちろん大丈夫です。明日の朝に出発してもらえるなら。』


帰り道の検問はないという噂を聞いていた。
もちろん本当にないのかどうかはわからないけれど。
ただ、帰りの検問でもしも捕まったらどうなるんだ?
もう色達には行ってしまった後だぞ?
検問側のミスっていう事になるんじゃないか?


まぁ、考えていても仕方ない。


sho『明日は何時出発ですか?』

男性『3時半にここの宿にくるよ。そして他の人とごうりゅうして4時出発にしよう』

sho『4時出発ですね。わかりました。よろしくお願いします』

男性『前金を300元』





・・・





いや。
それはおかしい。
ここでお金を持ち去られたら困る。


sho『明日来た時に必ず払います。』

男性『前金がないと困る』

sho『けれど、僕も今前金を渡すほどお金を持っていません。』

男性『わかった。そしたら3時半に部屋をノックするから』

sho『はい。それで大丈夫です。僕らは必ず成都に戻らないといけないので、絶対に明日の朝部屋にいます』


こうして運転手はその場から去っていった。
僕らが明日成都へ行くのは確実だろう。
しかも、他にも三人が見つかっていて車は定員。


これで大丈夫。


こうして僕らはラルンガルゴンパへむかった。




*********************************************


ラルンガルゴンパの景色は本当に絶景だった。
公安に見つかる事もなかった。


今日は何もまだ食べていない。
街の中で食べるのは危険だろうか。


いや、中国語さえ話せれば問題はないはず。
店の人が僕らを外国人だと思わなければいいだけだし、もし僕らが外国人だとわかったとしても通報なんてきっとしない。
可能性があるとしたら、公安がそのレストランに立ち寄って僕らの身分を確認するっていう事くらい。
けれど、それも可能性はきっと低い。
見た目が確実に外国人なのであればまだしも、僕らもアジア人。
きっと大丈夫。


20160812IMG_2871.jpg
宮保鶏丁(ゴンバオジーディン)
鶏肉とピーナッツの野菜炒め。
中華料理では定番料理。

20160812IMG_2869.jpg
ジャガイモの千切り炒めと麻婆茄子も注文。
 

無事に食事も終わった。
帰り、外に公安がいたので違う道を通る事にした。


宿に帰ってしまえばもう安心。
僕らはもう外にはでない。
明日の朝3時半、部屋のノックがなるまで。


まだ時間は20時。
外は少し明るい。
外で楽しそうに遊んでいる中国人もいる。
けれど僕らは外にはでない。


宿にはシャワーがなく、水道で頭を洗った。
今日は1日歩き回ったからな。
汗もかいたし、砂まみれにもなっている。
標高が高く寒いし水シャワーは厳しいけれど、仕方ない。


僕らは水で頭を洗い、部屋でゆっくりとしていた。





トントン




突然部屋の扉がノックされた。
いったいこんな時間に誰だろう。


警察?


まさか宿の人が外国人が泊まっている事を知らせたのか?
いや、そんなはずはない。
そんな事をしても宿の人にとって何の得にもならない。


じゃあ誰だろう。
宿の人だろうか?



とりあえず僕はドアを開けてみる事にした。
どっちにしろ開けないままいる事の方がおかしいだろうし。



ドアを開けるとそこには明日の朝3時30分に扉をノックする男が立っていた。


男性『突然なんだけど、今から出発できないか』


時間は21時15分。
本当の出発時刻よりも7時間早い。


sho『すいません。どういう事ですか?』

男性『他の客が今から出発したいと言っているんだ』

sho『突然すぎてちょっと待ってもらっていいんですか。もし僕らが今でないと言えば?』

男性『明日の朝に出発する事になる』

sho『けれど、他の人は今から出発したいと言っている?』

男性『そういう事』



どうしよう。
今から出発するデメリットとは…



まぁ、横になって眠れないという事くらいか。
どうせここで寝たとしても6時間後には起きないといけない。


sho『今出れば成都には何時につきますか?』

男性『朝の10時頃になるかな』


それなら明日の朝宿にチェックインして眠たければ眠ればいい。


何より僕らはできるかぎり色達にいるべきじゃない。
このまま一歩も外にでないとしても、色達から離れてしまっている方が確実に安心できる。



sho『わかりました。それなら今日の夜僕らも出発します』


心配なのは検問。
けれど、昨日の夜23時頃に通過した時には検問がなかった。
今すぐ出発したとしても検問を通るのは23時から24時の間になるだろう。
検問がいない確率の方が高い。


警察に気付かれる事なく色達に入り、気付かれる事なく色達から出て行く。


それが一番良さそうだ。



時間は23時。
僕らは色達を出発する事にした。


僕らはここには来ていない。
だけど





この場所の素晴らしさを知っている。


本日もお読みいただきありがとうございました。
最後にクリックでもしていきませんか?


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
旅丸ブログスマホ用応援ボタン


パソコンの方はこちらのボタンをぽちっとお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


▼▼僕が旅中に使用しているNo1宿予約サイトはこちら▼▼




予約時にお金もかからないし、キャンセルも無料の場合がほとんど。
現地到着時に支払いをするという方法なので、トラブルが起きない優れものです。
ここから飛んで予約してくれると、僕が太鼓叩いて笛吹いて小躍りしたりします。




▼▼僕の旅情報サイト【TABIMARU.COM】もよろしく▼▼
tabimarudottocom.png 
  

スポンサーサイト

スポンサーリンク

6 Comments

あゆQ~  

いやドキドキ~するじゃん(*≧∀≦*)

ハラハラするじゃん(*≧∀≦*)

スリル満載だわっ!!!

2016/09/16 (Fri) 07:35 | EDIT | REPLY |   

myu  

うー

読んでるだけでひやひやする(;´Д`)

2016/09/16 (Fri) 14:32 | EDIT | REPLY |   

ame  

乗り合いタクシーの運転手は客がバックれるのをかなり恐れていますね。

私も電話番号教えたけど、前金払えとか「電話を着信拒否にしないでね」とか散々言われました。

他に安い方法を見つけてバックれる客が結構多いのかもしれませんね。

乗り合いタクシーって客の奪い合いで効率が悪いし、運転手仲間で組合か会社を作ってチケット制かネットで予約できるようにすればいいと思いますがなかなかできないでんしょうね。

2016/09/16 (Fri) 23:01 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆あゆきゅ☆

たまにはそのハラハラドキドキもいいでしょ!!!
刺激のある人生を!!!

2016/09/17 (Sat) 18:34 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆myuさん☆

珍しいでしょ僕のブログにしては笑
ヒヤヒヤするのも楽しみの一つとしてください!!

2016/09/17 (Sat) 18:52 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆ameさん☆

前金払えって言われても、こっちも心配になりますよねぇー。
逆にばっくれられるんちゃうかって思う!!!

他に安い方法見つけてばっくれる観光客も確かにいそうですね・・・・
乗合タクシーって本当にむずかしいですよねぇ。

色達の場合は結構客がいそうだったんでなんとかなりそうなんですが、バスのチケットがなくなってるのはとっても困る!笑

2016/09/17 (Sat) 18:54 | EDIT | REPLY |   

Add your comment