《さぁ、困った!!》海外赴任が決まったら単身赴任?それとも家族一緒?

**本日の内容**
・ロンドンでのんびり主夫生活をしましょう
・単身赴任っていいのかなぁ?



スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログスマホ用応援ボタン

パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


8月18日
〜ロンドン〜

20160819IMG_3048.jpg
エメリックは朝からお仕事だったので、今日は僕が家で家事を担当です。
イギリスにきたのはエメリックに会うため。
それと、スコットランドにいくため。

スコットランドへは僕一人じゃなく、これまた旅人の友達と一緒にいくんですよね。
今日はその打ち合わせ。
レンタカーの手配だったり、日程の調整だったり。
こうやって世界中でいろんな人に出会えるのも3年間旅を続けることができたから。


っていきなり今日のブログが終わりそうな書き方。

20160819IMG_3047.jpg
晩御飯はなにを作ろうかなぁなんて思いながらロンドンの街を散歩です。
綺麗な街並みですね。
中国を旅してたんで、なんかとっても新鮮なお家。


20160819IMG_3050.jpg
エメリックが暮らしてる地域って日本人の方が結構多く住んでいるらしいんです。
駐在の方が大勢暮らしている地域があるらしく、奥様方がお昼間は買い物に行ってるんですよね。
近所にある大型スーパーへ前回来た時も買い物に行くんですが、毎回必ず日本人の方がいらっしゃる訳です。

イギリスで駐在生活…
なかなか素敵な暮らしができそう。

でも、友達って出来にくいんかなぁ。

そんな事をエメリックとお話ししました。


例えば旦那さんがお仕事で海外に行かないといけなくなったとすると。
まぁ、旦那さんはお仕事なんで当然行くでしょう。
けれど単身赴任でいくのか、家庭を連れて行くのかってなると、いったいどうなるのか。


奥さんには奥さんの仕事があるかもしれないですよね。
子供もいるなら、子供の学校の事だってあるかもしれない。

そうなると、旦那さんだけ単身赴任で行くのかもしれないですね。

実際に僕の前の会社でも単身赴任で海外に転勤してる人は結構いたんですよ。


でももし僕が結婚してて、子供もいたらって思うと…


僕は確実にお嫁さんを転勤先に連れて行きたいって思う。
あくまでも僕の個人的意見ですけどね。


嫁さんが仕事を続けたいって言ったとしたら…

んー、続けて欲しいって思う気持ちはもちろんあるけれど、僕のわがままを言わせてもらうなら仕事を辞めてでも付いてきて欲しい。


でも、その理由によるかなぁって思う。
家計の為にっていう理由であれば、仕事をやめて付いてきて欲しい。
僕一人の稼ぎでもなんとかやっていけるくらい頑張るから。

けど、その仕事が好きやからっていう理由やったとしたらなー。
そこ難しいです。
好きな仕事をしている人はやっぱりとても素敵やから。


それと子供。
子供もやっぱり転勤の時には連れて行きたい。
海外に小さい時から触れさせておきたいからっていうのもある。


けど、小学生くらいになってる子供がいるとしたら。
いきなり来月からイギリスの学校に行きますよなんていうのもね。


まぁ、小学生くらいの子供ならどこの国でだってすぐに友達ができるんやろうけども。
それでも言葉の壁は大きい気がする。
日本人学校にいれるっていう事でそこは解決できるやろうし。



独り身やったら海外転勤って言われたら
『おっけーでーす!よろこんでー!』
って言えるんですけどね。


でも、家庭があるってなるとむーっちゃ色んな事を考える必要があるんやろうなぁ。


旦那さんは仕事仲間とかが会社にいるじゃないですか。
同じ転勤してきてる人同士。
同僚と食事に行ったりする事ができる。


けど、奥さんの方は?
付いてきてくれたとしても奥さんの方は友達どうするの?

その土地にある日本人のコミュニティーとかに入る?
旦那さんの仕事仲間の奥様同士で仲良くなる?


そんな方法になっちゃうのかなぁって。
それはそれで申し訳ない気もする。


そうなると…


やっぱり単身赴任で行く方がいいんかなぁ。
結論としては。
もちろん奥さんが
『あなたと一緒にコートジボワールでもサントメ・プリンシペでもクリストファー・ネイビスでも行くわ』
って言ってくれるならついてきてもらいたいけれど。

そりゃ一緒にいてくれた方が精神的にも体力的にも絶対に楽ですもんね。
家に帰って一人であれだこれだっていうのを色々やらないといけないって思うと、やっぱり慣れない海外生活だと大変。


なんだかこうやって思った事をつらつらと書いていくと脱線する線路がいっぱい出てきそう。
そんな訳で、僕的な見解であれやこれやをまとめてみようと思う訳です。


題して
“海外へ転勤が決定!!単身赴任or家族丸ごと引越し!?どっちが良いのー!!”

金銭面
→家族丸ごと引越しが良い
これは会社にもよるのかもしれませんが、海外での駐在の場合、その土地での家賃とかは会社負担ですよね。
そんでもって、海外手当っていうものがある。
しかも日本での給料も出てる。
僕の知ってるパターンはこんな感じです。
なので、日本での給料にはほぼ手をつけずに海外での手当だけで暮らす事が可能。
そうなってくると、日本での出費は極力ない方が良い。
なので、家族丸ごと引越しという形の方が金銭的には良さそうな雰囲気があります。


精神面
→家族丸ごと引越しが良い
もう言うまでもないですね。
家に帰って誰かが『おかえり』って言ってくれる事の大きさときたら…
子供が笑顔で『パパー!!』ってゆーてくれるだけで仕事頑張れる気もする。
そうなるとやっぱり家族にはいっつも側にいて欲しいって思うので家族丸ごと引越しの方が良い。


子供の教育
→僕的には家族丸ごと。けど、子供の事を考えると単身赴任。
子供にとって何が最適かっていう事を念頭におくならば、急に環境を変えてあげない方が良いかもしれない。
日本の小学校からいきなりジブチの小学校に転校ってなると子供もさすがにびっくりするでしょう。
ただ、僕が親ならば海外に小さい時から触れさせたいっていう気持ちが強い。
グローバルな人材になって欲しいっていう気持ちもあるのはあるけれど、僕は子供の頃から海外に触れ合っている事ってその子にとってもいい影響があるような気がするんですよね。
一つの教室でたくさんの文化や宗教が混ざり合った環境の中で育つっていう事こそ、全世界の人々が共通の認識を持っていけるんじゃないかって。
ムスリムもキリストも仏教もヒンドゥーも。
アーメンも南無阿弥陀仏も一緒の場所に集まる。
そこには対立する必要なんて何もないんだっていうのを子供のときから理解してる。
それが平和に繋がるんじゃないかなぁって僕個人としては思う訳です。


嫁さんの仕事(嫁さんが仕事を好きな場合)
→単身赴任で頑張ろう。
やっぱり好きな仕事を辞めてもらうっていうのは忍びない。
結婚をしてるとはいえ、嫁さんには嫁さんの人生がある。
僕には僕の人生がある。
お互いが大切な仕事をしていて、好きな仕事をしているならそれをやめる必要はないんじゃないかなって思う。
そりゃ、付いてきて欲しいっていう気持ちがない訳じゃないけど、やっぱり好きな仕事を手に入れてるんだったらやめてもらいたくはない。


嫁さんの仕事(家計の助けの場合)
→家族丸ごと引越し。
僕頑張ります。
嫁さんが働かなくてもいいように。
海外赴任って事になると、金銭面での負担は軽くなるはずっていうのもあるし、嫁さんが仕事を手放してもやっていけるんじゃないかという算段です。


幸せな家庭的には
→家族丸ごと引越し
これいろんな捉え方があるけど、まぁ家庭崩壊っていう事が第一関門としてある。
いや、そんなん愛情が深ければ大丈夫っていうかもしれんけど、やっぱり不安もつきまとう。
毎日会えてたのが急に会えなくなる訳ですからね。
そうなってくると、やっぱり側にいてもらいたい。
自分のためにも、相手のためにも、家庭のためにも。
僕はやっぱり家族一緒に住んでいないと将来を描けないんじゃないかって思ってしまう。
目の前にいる人を幸せにしたい、いつまでも。
って思うことで自分に気合いれるタイプなので。


と、まぁここまで考えた結果…


やっぱり家族丸ごと引越したい。

っていう所に着地するような気がするし、僕はきっとそうすると思う。




って…







結婚は?
(すいません。もうすぐします。今すぐします)


まぁそんな事をロンドンの友達の家で考えながらご飯を作ってた訳です。
そしてこんな考えも出てきた訳ですよ。





あれ。










主夫っていう形もありやな。



なんていうね。
(海外へ転勤する事が濃厚で付いてくる旦那を募集している人、ここに最良物件ありますよ。アパマンでも紹介してくれませんよ)


20160819IMG_3052.jpg
そんな今日のメニューは肉じゃがともやしとほうれん草のサラダ(スプライトポン酢ドレッシング)

久しぶりに和食作ったのでとっても楽しかった訳です。


20160819IMG_3053.jpg
ってな訳で、ロンドン編好調にスタートでございます。
こんな旅のスタイルだって良いものですよ。

本日もお読みいただきありがとうございました。
最後にクリックでもしていきませんか?


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
旅丸ブログスマホ用応援ボタン


パソコンの方はこちらのボタンをぽちっとお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


▼▼僕が旅中に使用しているNo1宿予約サイトはこちら▼▼




予約時にお金もかからないし、キャンセルも無料の場合がほとんど。
現地到着時に支払いをするという方法なので、トラブルが起きない優れものです。
ここから飛んで予約してくれると、僕が太鼓叩いて笛吹いて小躍りしたりします。




▼▼僕の旅情報サイト【TABIMARU.COM】もよろしく▼▼
tabimarudottocom.png 
  

スポンサーサイト

スポンサーリンク

6 Comments

kaz  

で、っ結婚は!?

で、いつするんですか?

嫁は子どもの友達繋がりで、友達ができます。子供が一緒だと教育文化を知ることができます。
ぜひとも家族ご一緒で…(笑)

で、いつするんですか?(笑)

2016/09/21 (Wed) 07:23 | EDIT | REPLY |   

やすこ  

私も赴任についてきた奥様のお友達が数人いますが、みんな日本では仕事をしていて、ご主人のお仕事の為に辞めて付いてきた方達です。
最初はみんな「家族一緒にいたいから」と付いてくるのですが、やっぱり旅丸さんのおっしゃる通り、現地で1番苦労するのは奥様方。
ご主人は1日の大半を会社で過ごして、言葉も不自由しない場合が多いですけど、奥様は子供の学校での付き合い・奥さん同士、ご近所の付き合い・現地での買い物・病院などでの言葉の壁…毎日相当苦労なさってます。

ご主人も、「付いてきてくれてありがとう」といった気持ちもいつの間にか忘れちゃうのか、「仕事が無いんだから家事・子育てやって当たり前だろ」という態度を取られる方も多いようで。奥様方の不満は日々爆発です^^;

今日ブログを読んでいて、奥様や子供のことをすごく真剣に考えられてる旅丸さんが、さすがだな!っと感動しました!
旅丸さんの奥様になられる方はきっと幸せですねっ♪

あまりにも共感できる内容だったので長文になっちゃいました。失礼しました(^ω^;)

2016/09/21 (Wed) 08:04 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆Kazさん☆

えっと…
やぐちがしてからでいいかな…
(一生しないかもしれない)

2016/09/22 (Thu) 00:47 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆やすこさん☆

めちゃほめられてて感動した!!表彰状を差し上げたいくらい僕を上手に褒めてます!!笑
いやー、本当にね。
奥さんには奥さんの人生がありますからね。
いくら結婚をしているからって、そして家族だからって、奥さんにとって一緒に海外へ行くっていう選択が本当に幸せなのかどうかっていうのを一番に考えてあげたいですからね〜。
そりゃ一緒に行きたいですけども!!
子供と離れるっていうんも考えられへんw

ついてきてくれるって決断してくれるなら、絶対についてきたことを後悔させたくはないし、その土地で最大限楽しんでもらえるような環境をつくってあげるのも旦那さんの役目やって思いますからねー!!

2016/09/22 (Thu) 17:09 | EDIT | REPLY |   

myu  

駐在員の子供としては

正直転校するのは嫌だったし中学受験のために塾行ってたのに意味ないじゃん!!って泣いたし今ほど海外の情報もなかったので不安でいっぱいだったけど今は両親に感謝しかない!!

日本人学校の時の友達は戦友のような連帯感がある。
今も旅行したりフットサルやったりするいい仲間だし、海外で活躍している子も多くみんな幼少期に海外で過ごせたことが今の生き方にいい意味で影響してると思う。

父が単身赴任の時は入学式、運動会にも来てもらえずさみしい思いをした。

母親は今思うと子供二人連れて意味わからん土地、英語も通じず大変だっただろうなあ。
駐妻カーストとかあったみたいだし・・・(;´・ω・)

2016/09/29 (Thu) 14:54 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆myu☆

おー!!そうやったんですか!!
まぁ、子供の立場からするとほんまに嫌やって思う事ですよね。
でもよくよく考えればすんごい良い経験をさせてもらってるってなる気がする。

僕も駐在員息子でいたかったー!!って思うもん笑

やっぱり親は大変やんねぇ〜。
子供はいろんな事に馴染む事ができるかもしれないけれど、お母さんからしたら誰かに頼ったりする事もできへんし。

カースト制!!!!
こわw

2016/09/29 (Thu) 17:34 | EDIT | REPLY |   

Add your comment