《悲劇》旅中に2回も首しめ強盗にあう旅人なんてそうそういないだろうけど、ここにいるよ。

**本日の内容**
・強盗にあいました
・ちょっとあんまりよくわかってない



スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログスマホ用応援ボタン

パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

10月3日
〜ミュンヘン〜










ここどこだろ。



僕の体は全身びっしょりと濡れていた。

雨が降っている。

土の上。



首周りに痛みを感じる。


僕は考える。
何があったのか。


確か…








*********************************


僕はトイレに行った。
会場の中にトイレがあるのは知っていたけれど、明日でオクトーバーフェストも終わりという事で来客が非常に多く、入場規制をしていた為、テントの中のトイレに行く事はできなかった。


その為すこしわかりづらいけれど、外のトイレへ行くしかなかった。
オクトーバーフェストの会場内には野外のトイレが幾つか設置されていて、僕が覚えているのはテントが並んでいる裏側、土手のようになっている場所の近く。


ビールは4杯程飲んでいたけれど、酔っ払ってはいない。
テント内ではなく、テントの外で飲んでいたという事もあり、熱気にほだされてたりはしていなかったから。


トイレに到着し、用をたす。
そして外に出る。


一人の男が近づいてきた。


男『タバコを吸いたいんだけど、火をもっていない?』

僕は普段タバコを吸わないので、ライターは持っていなかった。

sho『ごめんなさい。もっていません』

そう伝えた。

男『どこの国からきたの?』

sho『日本です』

男『オクトーバーフェストははじめて?』

sho『いえ、3年前に一度来ています。今回はこれで二回目です』


僕はすこしその人と話をしていた。

おそらく10分程度。
たけこ達はまだあの席にいるだろう。
時間もまだ遅くない。


sho『友達が待ってるから席に戻るね』


僕はそう彼に伝えてその場を後にした…



*********************************
 

ここまでしか覚えてない。
その後何が起きたのかも覚えてない。


けれど僕はこの喉の痛みを経験した事がある。
風邪とかじゃなく、何かで圧迫されたような痛み。


キューバだ。
キューバの首しめ強盗の時だ。



ひょっとして、僕は首しめ強盗にあったのか??


そして今回は意識を失ってしまったのか??




荷物…



ポケット…



iPhoneがない。
キューバで盗られて2日後にイタリア人からかったiPhone4がない。


財布はある。
けれど中身はない。



クレジットカードは持ってきていない。




時間は



iPhoneがないから時間すらもわからない。
周りに人はいない。
そして場所はやっぱりどこかわからない。



会場ではなさそう。








暗い
寒い
痛い



とにかく明かりがある場所へ移動したい。


僕は方向も何もわからないままその場を離れた。



人通りは少ない。
時間はいったい何時なんだろう。


僕は住宅街に紛れ込んだ。
このあたりで誰かに警察へ連れて行ってもらうか、もしくは警察へ電話をしてもらおう。
けれど人通りはすくなく、僕はどうしていいかわからなくなった。



時間が何時かわからないというのはとても不便なことだ。


まだ早い時間なのであればどこかの家のインターホンを押して、話を聞いてもらうことはできるかもしれないけれど、ひょっとしたらもう深夜なのかもしれない。
いや、多分深夜なんだと思う。
想像以上に夜は寒く、そして暗い。


オクトーバーフェストの会場からそこまで離れていないはず。
だけれども人通りが少なく静かという事は、オクトーバーフェストが終了してからすでにかなり時間が経過しているという事だろう。


とにかく寒い。
僕はTシャツと昨日買ったばかりのオクトーバーフェスト用のチェックシャツを着ているだけだ。
パーカーは会場においたままだった。


人通りが多そうな場所へ移動したいけれど、雨も降っているしこれ以上体を冷やしたくなかった。


僕は屋根がある場所でしばらく待つ事にした。
ここは住宅街だし、誰かがここにやってくる可能性もある。




けれど、時間はどんどん経過していく。
誰もここを通る事がないまま。



どうしたらいいのかわからない。



僕はインターホンを押す事にした。
インターホン越しに誰かと話ができれば警察に連絡をしてもらえる。



インターホンを押した




すると、ドアが突然あいた。
誰かと話をする事もなく、ドアだけがあいた。


とりあえず中に入る方がよさそう。
けれど、いったいどの部屋の人がドアを開けてくれたのかがわからない。


僕は一つ一つの部屋の扉の前に立ち、耳をすませてみる事にした。
中から音が聞こえ、人の気配がすればその家の人たちはまだ起きている。


一階


二階


三階


四階の一室から音が聞こえる。
僕はその部屋のインターホンを押す事にした。


本日もお読みいただきありがとうございました。
最後にクリックでもしていきませんか?


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
旅丸ブログスマホ用応援ボタン


パソコンの方はこちらのボタンをぽちっとお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


▼▼僕が旅中に使用しているNo1宿予約サイトはこちら▼▼




予約時にお金もかからないし、キャンセルも無料の場合がほとんど。
現地到着時に支払いをするという方法なので、トラブルが起きない優れものです。
ここから飛んで予約してくれると、僕が太鼓叩いて笛吹いて小躍りしたりします。




▼▼僕の旅情報サイト【TABIMARU.COM】もよろしく▼▼
tabimarudottocom.png 
  


スポンサーサイト

スポンサーリンク

3 Comments

あらQ~  

あなた、もぉ~~なんてことになっちゃってるのっ?!!
本気で心配になるわね、本気の事件じゃない?首閉めて気絶でよかったよ、殺されてたかもしれないね、。
わたしは海外、ここ最近まったくいってないけど、いま、ヨ~ロッパ、色々あって治安がいままで以上にわるくなってるんでしょ?
人をはじめから疑っていたら本気つまらない旅になりそうだけど、気を付けてね、、。。
でも無事でよかったね。ほっ(*´-`)

2016/11/06 (Sun) 13:10 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆あゆぷーん☆

てへぺろー!!!!!
そう。そうなんですよ。
フェイスブックあげたらいいねばっかりついてたやつの全貌はこれだ!!!!

素敵な友達を持ちました。

まぁ、元気なんで笑
僕はしにましぇーんですよ。
てつやてつやてつやー!!!!!!!!!!!

2016/11/07 (Mon) 23:39 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/11/08 (Tue) 11:49 | EDIT | REPLY |   

Add your comment