スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

チェルノブイリ原発事故現場へ行けるって知ってましたか?

**本日の内容**
・チェルノブイリへ行ってきました


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログスマホ用応援ボタン

パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

11月5日
〜チェルノブイリ〜


20161105IMG_7627.jpg
朝早くにミーティングポイント。
実は本日ウクライナに再びやってきた理由であるチェルノブイリ原発へ行くのですよ。


20161105IMG_7628.jpg
前きたとき、チェルノブイリにいけるなんて思ってもいなかったのです。
でも、その後いろんな方がチェルノブイリに行ったというのを聞きまして、僕も次ウクライナに行く事があったらチェルノブイリへ行こうと思っていたわけです。

チェルノブイリに行く為にはツアーにはいらないといけません。
今日は土曜日。
なんと僕が予約したツアー会社だけでも50名近くの人が参加をするようです。



20161105IMG_7630.jpg
車にのって1時間半ほどでチェルノブイリに到着。
ここは原発から30キロほど離れた場所。
この手前からすでにパスポートチェックがあります。
こちらは原発事故のメモリアルではなくて、第一次世界大戦でなくなった方へのメモリアルらしい。


20161105IMG_7633.jpg
ここは劇場兼集会所のような場所。


20161105IMG_7634.jpg
中はこんな感じ。
あの舞台にたって色んな劇をやってたのかもしれないな。


20161105IMG_7635.jpg
けれどこの建物の建設には予算がほとんどなかったらしい。
そのため、床はボロボロ。


20161105IMG_7642.jpg


20161105IMG_7644.jpg
これはクリスマスツリーを模したもの。
ここには原発事故によって人が住めなくなった村へ届く手紙を集めるメールボックスがあるんやって。
クリスマスの手紙が届く事はなくなってしまったっていう意味を踏まえたオブジェだそうです。


20161105IMG_7640.jpg
天使がラッパを吹いてるオブジェ。
ヨハネの黙示録みたいやなぁ・・・


20161105IMG_7649.jpg
こんなのを発見。
ウクライナと日本。
両国が負った大きな心の傷。



20161105IMG_7646.jpg
広島



20161105IMG_7647.jpg
福島



20161105IMG_7648.jpg
そして平和を願う折り鶴。
広島は原爆。
福島は原発。


決して良い共通点とは言えないけれど、僕らだから互いの痛みがわかるんやろうな。
そして、心から同じような出来事が発生しないように寝返るんやと思う。


20161105IMG_7656.jpg
重厚な門の先に


20161105IMG_7657.jpg
どこまでも続いていきそうな道。


ここはかつて無関係の人が入る事はきんじられていた場所。


この先にあるものを旧ソ連は知られるわけにいかなかったから。



20161105IMG_7665.jpg
これはDuga-3というもの。
これレーダーなんですよ。
一般的にこの手のレーダーは自国に飛来する航空機や長距離弾道ミサイルを監視するもので、Duga-3は北アメリカ大陸の一部を含む北極海の範囲を監視してたんですって。


アメリカからのミサイルを感知するために作られた高さ150メートルにも及ぶレーダー。


世界がまだ今よりも憎み合っていた時代の遺産ですね。


20161105IMG_7667.jpg

こちらがガイドさん。
ガイドさんが何をしてるかというと


20161105IMG_7669.jpg
ガイガーカウンターで
放射線量をはかっています。
13.43マイクロシーベルト。
かなりの放射線量です。



20161105IMG_7672.jpg
ここはかつて幼稚園だったんです。


20161105IMG_7673.jpg
たくさん置かれた子供なら横になれるベッド。


その上に


20161105IMG_7677.jpg
置き去りにされた人形。



20161105IMG_7671.jpg
持ち主を失った人形はこの先持ち主が戻る事のないのを知る事がないままこの場所でずっと待ち続けるんですね。


20161105IMG_7680.jpg
そして三輪車はどこへ進む事もなく、ずっとこの場所に置かれたままなんやろうな。


車は次の場所へ移動。
いよいよ最悪の事故が起こった場所へ。



20161105IMG_7681.jpg
これは3号機。
実際に爆発したのはこちらではない。


20161105IMG_7682.jpg
こちら。
現在はドーム型の建物に覆われているけれど、この中に爆発した4号機があり、それをコンクリートで固めた石棺と呼ばれるものがある。
このドーム型のものはさらにその上から覆っているもの。


とはいえこのあたりは



20161105IMG_7691.jpg
6.12という通常よりも高い放射線量を出していた。


20161105IMG_7701.jpg
ここは元カフェがあった場所。
この建物には綺麗なステンドグラスの窓が差し込まれていたけれど、時間の流れ、そして人の手によって破壊されていってるらしい。


20161105IMG_7693.jpg
建物の周りには昔、ソビエト時代に置かれていた自動販売機があった。
コップがここに置かれており、自分で洗浄をし、ボタンを押すとレモネード、水、炭酸水が出てきたんだそう。


そしてこの場所のすぐ近く。
階段を降りた場所に


20161105IMG_7696.jpg
今日一番の放射線量をたたき出した場所があった。
ここはただの階段。
何かがあるっていう訳でもない。
ただの階段のはじっこに積もった落ち葉。




20161105IMG_7699.jpg
33.10という強烈な数字。


本当にただのなんでもない場所。
この周りも確かにそこまで低くはなかったけれど、10前後。


けれどこの一角だけが毎回30以上なんだと。


放射線というのは水溶性で水に溶けるという事を説明してくれた。



雨や掃除によって使われた水が流れて階段の端っこに溜まる。
そしてその場所にはどんどん放射線が積もっていく。

それだけじゃなく、水に溶けた放射線は土の中に潜り込み、木はその水を養分にし育っていく。
木には放射線が含まれ、葉っぱや実にも放射線が。


そういった様々な現象から、まったく予想もつかない場所に放射線というものが溜まっていくらしい。


問題は事故のあった現場だけじゃなく、そこから遠く離れ場所、まさかこんな場所にって思う場所にまで放射線というものの影響があるという事。


20161105IMG_7696.jpg
実はこの場所にはりんごがたくさん落ちていた。
りんごの木が育っていて、実がなっていた。


けれど、それをまったく知らずに食べる事だってありえるかもしれない。


そうやって体内の中に放射能を含んでいってしまう事だってある。



僕は福島原発の事故以降、今までと変わりのない食生活をしている。
特に福島産がダメだとかそんな風には一切思ってもいなかった。


むしろ、それを気にしすぎの人が日本には多すぎるんじゃないかって。
そしてその事を日本の悪い文化“風評被害”なんじゃないかって。
そんな風に僕は思ったりもしていた。


今回この出来事を知って、僕は二つの事を思った。

一つは
そういった事を気にする人がいるというのは普通の事だという事。


そしてもう一つは
福島産だからダメ、原発の近くだからダメ。
そうじゃないっていう事。



その結果。


僕は日本に帰ってもどこの原産かどうかっていうのは気にしないだろうなぁって思う。


福島の桃だって梨だって食べたい。
ニジマスもイワナも食べたい。
阿久津曲がりネギだってあざみごぼうだって食べたい。



けど、食べたくないっていう人がいる事もそれはそれで普通なんだって思う。
こういった放射能について詳しい人なら余計に。
健康に気を使う人だったらなおさら。


そういった人との違いを知る、理解する、受け止める。


まさかチェルノブイリの原発を見て、こんな事を学べるなんて思ってもいなかったな。


***********************
【タビイクアナウンス】

タビイクの新プラン登場!!!
タビイクへ僕が経営参画してから一発目の企画がリリース!!



CvDeSZOXYAA0XzB.jpg
【年末年始企画リリース!】
★タビイク100回開催記念企画★カンボジア初開催!

・タイ集合なので飛行機が選びやすい!!
・年末年始なので学生も社会人も休みが取れやすい!!
・陸路で国境越え!!
・アンコールワットで初日の出!!

・引率がたけこ!!!!!!←僕のブログの読者さんは大注目笑

今年の年末を最高の締めくくり方で終え
来年一発目を最高の楽しさでスタートしよう!!


盛り沢山な内容!今年は海外で年越しに決まり!

▼年末年始タビイクinカンボジア申し込みフォームはこちら



本日もお読みいただきありがとうございました。
最後にクリックでもしていきませんか?


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
旅丸ブログスマホ用応援ボタン


パソコンの方はこちらのボタンをぽちっとお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


▼▼僕が旅中に使用しているNo1宿予約サイトはこちら▼▼




予約時にお金もかからないし、キャンセルも無料の場合がほとんど。
現地到着時に支払いをするという方法なので、トラブルが起きない優れものです。
ここから飛んで予約してくれると、僕が太鼓叩いて笛吹いて小躍りしたりします。




▼▼僕の旅情報サイト【TABIMARU.COM】もよろしく▼▼
tabimarudottocom.png 
  

スポンサーサイト

スポンサーリンク

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。