僕はピースボートに今後乗るのか!?乗らないのか!?どっちだ!!

**本日の内容**
・ピースボートって結局なんだったのか


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログスマホ用応援ボタン

パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2月8日
〜プンタアレーナス〜

僕は





一人で





2017020708IMG_0636.jpg
マゼラン確認しながら



2017020708IMG_0657.jpg
スーパーで買った






2017020708IMG_0658.jpg
エンパナーダを食べる事にしました。






2017020708IMG_0659.jpg
中身がお肉だったーラッキー










って




20170206IMG_0610.jpg
格差!!!!!!!




meshi.jpg
刺身からの格差がひどい!!!!!



いや…元に戻ったと言えばそれまでなのですが。


そして





pba3.jpg
あんな事や



2017020708peaceboat1.jpg
こんな事や




pba.jpg
そんな事ばっかりあった毎日からの






2017020708pbas2.jpg
孤独感がえぐい!!!!!
(これは、その前日に『ほんまに俺を一人にしてウユニへ行ってしまうのか〜』という写真)




あ…あれ…おかしいな…
こんなはずじゃなかったのに。



もう孤独なんて慣れっ子だったのに!!!!



そんだけピースボート面白かったんですね。
なんだかんだと。

正直僕の世代はいないんですよ。
僕よりも若い10代の子から20代後半が若い世代って言われてるくらいの世代。


もちろん30代、40代、50代って人もいるんですがそこまで多くはない。
次に多くなるのは60代以上のシニア層の方たちになるんですね。


僕は上の世代の方からは可愛がられ、下の世代の方からは旅の相談をしてもらえるっていうなんとも美味しいポジションにいたわけです。


ピースボートの中に入ると一種のなんといいますか



ファミリー感

みたいなのがあるんですよね。
ピースボートファミリーみたいな。


僕はなんとなくそれが心地よかったんですよ。


タビイクと似てるから。
タビイクも中に入ってくるとものすごくファミリー感があります。
過去参加者も最近の参加者も一緒になってタビイクファミリーみたいなね。


だからピースボートに乗っても、全然違和感がなかったのかもしれない。



正直な事を言うと、僕はピースボートに対してアンチでもなければ肯定するような事もしなかったです。

『あんなん、やめときや。お金もったいないだけやで。自分で旅したらええねん』

とも思わなかったし

『え!?旅行くの!?それやったらピースボートで一回旅に出てみたらいいよ!!』

とも思わなかった。


じゃあ実際に乗って僕はどうなったのか。



そんなに変わらないです。
めちゃめちゃ僕からすすめるかっていうとそれはない。


やっぱり僕はバックパッカーやからね。
すすめるならバックパッカーに特化したタビイクになっちゃうなっていうのが結論。


でも、ピースボートの事で相談を受けたら誠心誠意をもって、僕が見てきたピースボートの魅力をそのまま伝える事ができる。
ピースボートに乗ろうか悩んでる人の気持ちを聞いて、その子が8割くらいピースボートに乗る事を決めていて、あと少しの一押しが欲しいっていうだけなら僕は背中をおしてあげれる。


だって、ピースボートよかったもん。


ここ数日、僕はありのままのピースボートでの生活をブログで綴ってきました。
本当にあの通り。
船内ではたくさんの若者たちがイベントを毎日繰り広げ、盛り上げてくれている。


みんなが楽しめるように。
自分が楽しめるように。


ピースボート船内が盛り上がるように。
一つの思い出がずっと続くように。


本当に頑張ってくれてるって思う。
そんなのしなくたっていいはずなのに。
みんなはお金を支払ってボートに乗ってるお客さんなんだから、船内を自ら盛り上げるなんて事する必要ないのに。



それでもみんな頑張ってくれてる。


その姿を見て、僕は本当に素敵な企画だなって思いました。
タビイクとはまた違った魅力。
船っていう限られた空間の中で毎日同じ人が顔をあわせる。
学校ともまた別。
毎日が合宿所みたいなの。


僕は、もっとたくさんの方に旅をしてもらいたいって思ってタビイクの経営に携わる事を決めました。


旅人を増やして、世界を変える。


僕がずっと理想としていた事を明文化していたのがタビイクのミッションにあったから。


けれど、タビイクっていうのは一つのきっかけであり手段でしかないって思ってます。
だから、僕はタビイクの企画だけをやっていくつもりはないんです。
これはうちの社長石田拓人も同じ考え。
タビイクは一つのきっかけであり、手段の一つでしかない。


僕たちはまだまだ色んな事をやっていきたいって思ってる。


それと同時に、旅に出る人が増えるのであればタビイクじゃなくてもピースボートであってもいいって思ってるんです。

あほみたいに金儲けをしたい訳でも、競合他社と競争して何がなんでも勝ちたいっていう事でもないから。


だから結論を言えば

タビイクであっても
ピースボートであっても
TABIPPOであっても

どんな事がきっかけで、どんな事が手段であってもいいから、たくさんの若い方たちに世界を知ってもらいたいなって思う。


ピースボートは大きい会社やと思います。
ものすごく規模が大きいし、多くの人に知られているって思う。


けれど、僕は今回実際に中に入ってみてまだまだ改善すべき箇所が山積みやっていうのも感じた。
もっとできる事があるし、なんで今までやってこなかったんだっていう事もある。


ピースボートはまだまだ変わる。
そして、まだまだ面白くなる。
もっともっと広がる。


TABIPPOともタビイクともWin Winな関係でやっていけるって僕は思ってます。



あー、なんかおもしろなってきた。
まさかこんなにピースボートがおもろいなんて思ってもなかったから。

完成されてるものだったら僕は面白いって思ってなかったかもしれないです。
まだまだ未完成な部分が多くて、その部分を僕が得意としている分野だったから面白かったんだと思う。


世間一般のピースボートへのイメージは決していいものばかりではないと思う。
それはタビイクに対してもTABIPPOに対してもそうやと思うけど、ピースボートほど大きな組織になればそれなりにアンチだって増える。


けど、そのイメージは中には間違ったものもあるって僕は思う。
実際に乗ってみないとわからないピースボートの魅力。

僕はその魅力を残しつつ、もっと進化したピースボートを作る事に携われたらいいなぁなんて思っていたりします。



そんな訳で…



次の秋のピースボートも乗る事にした!!!!!
(ピースボート側にまだゆーてないけど)


いつかタビイク×ピースボートも実現できる可能性が高い。
だって僕らは同じ目的を持った旅を愛するチームなんやから。


さてさて、タビイク春プランがもう開始されてるのか。
今年はどれだけの新しい旅人が誕生するんやろうか。


僕も自分のプランを持っているんで、今日はボリビアにぶっ飛びます!!


それでは次からはボリビア編がスタート!!!

ウユニ塩湖は今年も綺麗なのか!?
楽しみにしていてください。

***********************
【タビイクアナウンス】

申し込みはまだ可能!!
今なら半額プランなども!!
次の春に用意したプランはこちら!!
smalltabiiku.jpg
・タイ(タビイクの定番であり、一番人気プラン)
・タイトライアル(3泊4日の時間がない方でも参加できるプラン)
・ダイビング(タイでダイビングのライセンス取得プラン)
・カンボジア(タイからカンボジアへ移動する2カ国豪華プラン)
・インド(魅惑の国インド。衝撃度ナンバーワンプラン)
・ボリビア(一生に一度は行きたい“ウユニ塩湖”を訪れるプラン)
・クルーズ(世界中のダイバー憧れの海で豪華なクルージングプラン)


 
旅をしてみたいと思っているけれど、なかなか踏み出せない方が多いのが現実です。
けれど、一歩踏み出すとそこで待っているものは皆さんの想像をはるかに超えた素晴らしい世界です。
ぜひ、勇気を出して次の春、僕らと一緒に旅をはじめてみませんか?




☆申し込みはこちら
▶︎




本日もお読みいただきありがとうございました。
最後にクリックでもしていきませんか?


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
旅丸ブログスマホ用応援ボタン


パソコンの方はこちらのボタンをぽちっとお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


▼▼僕が旅中に使用しているNo1宿予約サイトはこちら▼▼




予約時にお金もかからないし、キャンセルも無料の場合がほとんど。
現地到着時に支払いをするという方法なので、トラブルが起きない優れものです。
ここから飛んで予約してくれると、僕が太鼓叩いて笛吹いて小躍りしたりします。




▼▼僕の旅情報サイト【TABIMARU.COM】もよろしく▼▼
tabimarudottocom.png 
  


スポンサーサイト

スポンサーリンク

2 Comments

東京人  

ちょっと要望

こんにちは。
じぶんが40歳になってみて
ピースボートもタビイクも主旨は共感出来るけど
素直に参加できないなぁって感じがあるんですよね。
若くないし年でもないし…

タビイクに関してはもう少し上の年齢限定でやれば参加できそうだなと思いました。
よかったらそういう企画してみてください

2017/02/17 (Fri) 09:50 | EDIT | REPLY |   

sho  

⭐︎東京人さん⭐︎

こんにちわ!!
そうですね〜…
タビイクやピースボートはまったく年齢制限をしていないので、気にせず参加してくださっていいと思いますよ〜!

年齢限定で企画をして集客ができるほどタビイクはまだまだ知名度が高くないので…
まずは国内企画などから参加してみてはいかがでしょうか!?
タビ好きな人が集まるタビ飲みが全国で行われてますので!!!

2017/02/20 (Mon) 06:42 | EDIT | REPLY |   

Add your comment