“暮らすような旅”これはもはや旅じゃないかもしれないけれど、僕はこのスタイルが好きでたまらない。

**本日の内容**
・またもや登場。毎日が誕生日ケーキ。


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログスマホ用応援ボタン

パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


3月26日
〜リガ〜

20170326thumb_IMG_3710_1024.jpg
今日はチルだねぇ〜。
ゆったりゆったりチルだねぇ〜。
週末遊びすぎたからねぇ〜。
(ほぼ寝てない)


20170326thumb_IMG_3717_1024.jpg
シェアハウスの下にはちょうどタコス屋さんがあるのです。
ってことで、タコス屋さんでご飯を買います。

20170326thumb_IMG_3718_1024.jpg
内装が可愛いです。
骸骨がいるあたりがメキシコっぽさをかもしだしていますが、確実に子供受けはしないと思われます。
子供の時って骸骨怖かったんですね〜。
僕はあんまりそんな記憶がなかったんですが、こないだりえの家に行った時にれおが骸骨を見て怖い怖いといってたので。
確かに。
骸骨怖いっちゃ怖い。
でもメキシコで死者の日をお祝いした時は全然そんなことなかったなぁ〜。


20170326thumb_IMG_3719_1024.jpg
あ、アルさん何か持ってますね。
それ今日の晩御飯の用意ですかね。
僕はノマドワーカー的なやつなので、平日は家にいて日中あれだこれだとやっておりまして。
そんで、みんなが仕事なので僕がご飯を作ることが多いわけです。
(イタリア人にカルボナーラを作るという暴挙もやりましたが)


土日なのでアルさんがご飯を作るらしいです。
それはそれはありがたい。


20170326thumb_IMG_3721_1024.jpg
家に帰ってタコス。
タコスうまー。
タコスうまー。

でもメキシコで食べたやつとなんかちがーう。
メキシコで食べたタコスってなんていうかもっとシンプルやった気がするんですよね。

肉は肉!!
きのこはきのこ!!
野菜は野菜!!

みたいな。
世界のいろんなところで食べるタコスはとにかくいろんなものが一つのタコスに入ってる印象。


あれ。
メキシコのタコスがおかしいんやろうか。
ペンションアミーゴの前のタコス屋さんよく行ったなぁ〜。
※メキシコシティーにある日本人御用達宿


20170326thumb_IMG_3699_1024.jpg
お。
アルさんやる気じゃないですか。
何作ってくれるのかなぁ〜。







20170326thumb_IMG_3697_1024.jpg
アルトゥル『Like a Birthday Every day!!!!!!!』



いやいや。
違うがな。
晩御飯晩御飯…



20170326thumb_IMG_3704_1024.jpg
いやいや、派手になっていっとる派手になっていっとる!!!!
晩御飯どこいった!!!!!



20170326thumb_IMG_3695_1024.jpg
結局晩御飯はパウロが作ってくれましたとさ。


20170326thumb_IMG_3709_1024.jpg
美味しそう。
この家素敵すぎる。
家にいるだけで勝手に他の国の料理ができあがる。
(日本人が作るカルボナーラも含め)


正直な話、年齢的なものもあるし、文化的なものもあるし、そりゃなんでもかんでも日本人と一緒にいる時と同じかっていうとそうでもないです。
日本人と一緒にシェアハウスしてたらもっと楽なんやろうなっていうのも感じる。
けれど、日本人と一緒じゃないからこそ自分のペースで好きにできるっていうのもある。


国が違うから。
文化が違うから。
年齢が違うから。
育ってきた環境が違うからbyセロリ。


これってなんか悪い言い訳のようにも見えるけど、僕はそんなのあって当たり前だと思う。
違うものは違うし、それをあーだこーだいったって仕方ない。


僕が問題だと思うのは、違うことを対立するものだと思うこと。
違うことは対立するものじゃなく、学びあい、感じ合うものだと思う。


寄り添えっていうんじゃない。
違っていて当たり前だって思うこと。


そしていつの間にか違っていて当たり前っていう状態が、自分の周りに空気があるのと同じ状態になる事。
僕たちはそこらへんにまっている、酸素を吸っていきてるけど、酸素以外にもいろんなものが飛び回ってる。
けど、そんなの気にしてない。



自分の周りには色んな違うものがある。
そしてそれが当然な事。
違う事は普通な事。


そう思って僕は旅をしてる。
そして今のシェアハウスで暮らしている。


きっとみんな同じ。
僕が日本人だからって言って、何か特別な事を感じるわけじゃない。
ましてや僕の年齢の事なんて誰も聞いてこない。
(おそらく同い年くらいと思われていそうな気もする)


僕はこのラトビアでのシェアハウス生活でまた一つ世界の事を知っていくんだと思う。


一番最初に考えていた

〜暮らすような旅〜

これを実現しながら僕はこれからも生活の拠点を日本と海外の両方で行っていこうと思う。
ただ、旅をするだけじゃない。
旅をしながら、生活をし、その土地で暮らす。


そんな事をやっていこうと思う。



アルトゥル『sho〜!!!できたよー!!!』









20170326thumb_IMG_3722_1024.jpg
Like a Birthday Every day!!!!!!』


ラトビアで一体僕は何歳になるんや。



本日もお読みいただきありがとうございました。
最後にクリックでもしていきませんか?


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
旅丸ブログスマホ用応援ボタン


パソコンの方はこちらのボタンをぽちっとお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


▼▼僕が旅中に使用しているNo1宿予約サイトはこちら▼▼




予約時にお金もかからないし、キャンセルも無料の場合がほとんど。
現地到着時に支払いをするという方法なので、トラブルが起きない優れものです。
ここから飛んで予約してくれると、僕が太鼓叩いて笛吹いて小躍りしたりします。




▼▼僕の旅情報サイト【TABIMARU.COM】もよろしく▼▼
tabimarudottocom.png 
  


スポンサーサイト

スポンサーリンク

0 Comments

Add your comment