日本は世界に優しくない。優しいのは日本人だ。

**本日の内容**
・優しい日本人
・優しくない日本

スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
▼▼▼
旅丸スマホ用応援ボタン


パソコンの方はこちらのボタンをぽちっとお願いします。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



5月19日
〜東京〜

アルトゥルが帰国し、僕の旅も終わり。
日本を旅した事があまりなかった僕にとって、今回の旅はとても意味があるものだったと思います。










20170418IMG_2871.jpg
ご当地B級グルメが美味い

※写真は富士のアジ丼


日本には美味しい食べ物がたくさんあります。
そして、日本人は本当にアイデアマンだなぁとも思います。
色んな食材を使って、色んな料理を産み出す。


日本のB級グルメ巡る旅してみたいな。


アルトゥルは無事にラトビアに到着したそうです。
到着して家に戻ったら、20人ぐらいの仲間が出迎えてくれたそうで、結局朝までパーティーだったようです。


アルトゥルにとって、相変わらずの毎日がまた戻ってきたって事ですね。
僕と一緒にいる時はだいたい12時か1時には寝てましたから。


僕が久しぶりに日本でうどんを食べようと思っていた時に電話がかかってきて

アルトゥル『今カラ寝マスヨー』

って言ってましたが、すでにラトビア時間で朝8時でした。


というか、アルトゥルが帰国して家についたのが夜の23時くらいなんですけど、普通の平日に20人も友達が集まるんですね。
アルトゥルがそれだけみんなから慕われているっていうのもあると思うんですが、もう一つ僕は理由があると思ってます。


ラトビア人が1ヶ月も日本に行くっていう事がなかなかないから。


ラトビアには2種類のパスポートがあります。
ラトビアって国なんですけど、正式なラトビアのパスポートを持っていない人がほとんどなんです。

ラトビアは第二次世界大戦の際、ソ連だったんです。
1991年ソ連が崩壊し、ラトビアやエストニアなどがそれぞれ再び独立しました。


その後、ラトビアで暮らす人たちはラトビア人になるわけです。



普通はこの時点でラトビア人なんだからラトビアのパスポートが作れるはずなんですよ。
だけれど、ラトビア政府は意味のわからん事をしました。


ラトビア国民とラトビア国民じゃない人をわけたんです。
そこに何の意図があったのかまでは僕の浅はかな知識では説明しにくいのですが、現在ラトビアには2種類のパスポートが存在し、1種類は正式なラトビア国民のもの、もう1種類はラトビア国民のものではないものになっています。


ラトビア国民になるためには試験を受けなければいけません。
ラトビア語が話せるかどうか、ラトビアの歴史を知っているかどうか。
その試験をクリアすれば正式なラトビアのパスポートがもらえます。


ラトビア人は日本へ本来であればビザ無しで90日滞在ができます。
日本人も同様、ラトビアへは90日ビザ無しで滞在ができます。

けれど、正式なラトビアパスポートを持っていない人はビザが必要。
その際に必要なもの

・日本滞在中に充分お金があるという証明(銀行の預金残高1日1万円程度)
・往復航空券
・日本での滞在先すべての予約証明書
・日本での行動予定全日程分
・仕事をしている人は会社からの給与証明書と在籍証明書


このすべてを提出しないといけません。

正式なパスポートを取る事が簡単かどうか。
結論を言えば、そこまで難しくないそうです。
ラトビア語を話せる人はたくさんいるし、歴史の勉強をすればそれですむ。


けれど、その正式なパスポートを取ったとしても提出する書類が免除されはしますが、実際に日本で旅をするのが簡単かどうかと考えるとそうじゃないって思う。


ラトビア人の平均所得は月間800ユーロ前後。
約10万円。
日本と比べると2分の1以下です。


とてもじゃないけれど、日本往復して日本を1ヶ月旅ができそうにない。
実際、今回僕とアルトゥルは関西にいる間は僕の実家、そして関東にいる間は色んな友人の家に宿泊させてもらっていました。
だから、そこまで旅でお金は使わなかったと思います。


っていっても、平均すれば1日4000円程度は使っていたかもしれませんが、それでも普通に日本を一ヶ月旅する事を考えれば半分程度なんじゃないかと思います。


たまたま僕が旅慣れしていて、泊めてくれる友人がたくさんいて、実家が奈良にあったという事で安くすませることができましたが、もしも僕と一緒じゃなければ、20代前半の若者が旅をできるような国ではないというのが現状。


仕方ないのはわかるんです。
日本の物価が高いのなんて、僕はもう慣れてるから。
それにはそれなりの理由があって、物価が高くなってしまってるのもわかる。



けれど、日本は本当に日本のことしか考えていない国なんだなぁって感じました。


英語はどこにいっても通じない。
案内も表記もすべて日本語。
空港から市内へ行く切符も現金でしか買えない。
クレジットカードは使えないところばかり。
電車の乗り換えもややこしい。


本当に旅がしにくい国やって思いました。
なんや先進国て。
何がどこと比べて先進してる国で先進国っていうねん。


そんな風に思いました。


僕が見てきた世界。
世界はもっと優しかったって思う。
確かに日本語表記なんてほとんどないけれど、英語だったら色んな場所で見かけてきた。


世界ってもっと外国人に優しかった。


そんな風に思うんです。


じゃあ、なんで日本を好きだって思う外国人の人がいて、その人たちが日本を訪れた時にまた日本に来たいって思ってくれるのか。




日本人



僕は日本人っていう人たちがそうさせてるんだって思う。


旅で出会ってきた日本人の人たちはみんなとても優しかった。
一人で日本へやってきた22歳のラトビア人にも、みんな笑顔で接してくれた。
たくさんの人たちが大きな優しさを持っていた。


そんな風にいつも僕とアルトゥルは感じていました。


昔と変わったなって今回僕は思った事があります。



『Hello』



僕とアルトゥルは今回一緒に旅をしていて、たくさん『Hello』と声をかけられました。
(おそらく僕も外国人と思われていたのではないかと)



『Hello』

そう挨拶をしてきてくれたのは、小学生や中学生の子供たちでした。

以前も外国人の友人と日本で遊びに行っていた事がある僕は驚きました。
子供たちが『Hello』と声をかけてきてくれるなんて思ってもいなかったから。


変わりつつある日本人。

変わらない日本。



日本は素敵な国だって思います。
食べ物だって、自然だって、歴史的な建造物だって、文化だって。
本当に独特のものだと思います。


だからもっと外国人を広く受け入れて欲しい。

これは僕の願望でしかありません。
テロが多くなってきたご時世、より入国に関して厳しい審査を通らないといけないのもうなずける。
それを見破る事が難しいんだろうなっていうのもわかる。


けれど、設備的な面を考えればまだまだ変えるべきところはたくさんある。


ニュースで国会中継のようなものも見ました。



本当にしょーもない事をうだうだと話してるなぁっていう風にしか思えない。
◯友学園が聞かない名前になってきたなぁと思ったら、次は◯計学園?
怪文書?事務次官?出会い系バー?




もう何やねんお前ら!!!!!


さっさと結論出して次の話進めろや!!!!



日本の政治系のニュース見てると、最近イライラしかしません。
誰かが嘘をついて、足を引っ張り合いしてるだけにしか見えない。


そんな事してる暇があるなんて…


お願いです日本。
もう少し自分のこと以外を考えれるようになってください。



*********************************************************************

【タビイクインフォメーション】
タビイクでは現在友達登録をするだけで1万円引きになるLINE@割引を用意しました。
すでに次の夏のプランが先行リリースされています!!!
そして、今後どんどん夏のプランがリリースされていく予定です。
lineat1.jpg
友達登録するだけで、参加費が1万円引きとなるクーポンがついてくる!
しかも、様々な情報も最速で受け取れちゃうとっても素敵なタビイクLINE@

ぜひ登録してくださいね!!

タビイクHPはこちら▶︎タビイク公式ページ

タビイクLINE@登録はこちら▶︎友だち追加


本日もお読みいただきありがとうございました。
最後にクリックでもしていきませんか?


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。

旅丸スマホ用応援ボタン



パソコンの方はこちらのボタンをぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


▼▼旅中に使用しているNo1宿予約サイトはこちら▼▼



予約時にお金もかからないし、キャンセルも無料の場合がほとんど。
現地到着時に支払いをするという方法なので、トラブルが起きない優れものです。
ここから飛んで予約してくれると、僕が太鼓叩いて笛吹いて小躍りしたりします。




▼▼旅情報サイト【TABIMARU.COM】もよろしく▼▼
tabimarudottocom.png 
  






スポンサーサイト

スポンサーリンク

0 Comments

Add your comment