トルコ発祥と思っていたドネルケバブ、実はドイツ発祥だったという真実

**本日の内容**
・イスタンブールには猫だらけだ


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログスマホ用応援ボタン

パソコンの方はこちらのボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


9月1日
〜イスタンブール〜

僕はとんでもないミスをやってしまったんです。

本来であれば、ポーランドのタビイクが終わったらウクライナへ10日間ほど行って、その後ラトビアに帰る予定だったんです。
しかし・・・







ウクライナ行くの忘れました。

普通にラトビア帰っちゃった。


そのせいで、シェンゲンの問題に引っかかり、シェンゲンから出て行かないといけなくなったんです。
そんな訳で・・・




ポーランドから突如



20170901IMG_6056.jpg
トルコ来たって感じにブログはもっていきます。
(実際はラトビアに10日間くらいいました)


20170901IMG_6054.jpg
久しぶりにトルコです。
世界一周に出た年の10月、そう、まだ鎖骨が両方くっついていた時代に訪れた国。
行こうかどうか悩んでいたんですよね。


トルコって僕の感覚ではあるんですが、すごく旅人にとって《旅がやりやすい国》だと思うんです。
そして、《世界一周をはじめたばかり》の人にとっても良い国だなぁと。


・物価がそこまで高くない
・そこそこ都会
・自然系、歴史系、建築系の見どころが点々とある
・世界三大料理と言われるトルコ料理
・人が優しい
・英語がそこそこ通じる
・公共交通機関と長距離バスの発達


こういった様々なことがしっくりはまるのがトルコ。


20170901IMG_6059.jpg
空港からも地下鉄が走っていて、観光地の中心地まではトラムに乗っちゃえばいい。
超発展してます。
おそらくトルコを訪れた事がない人は想像以上の発展ぶりやって思うんじゃないだろうか。


20170901IMG_6055.jpg
ケバブもよく見かけます。
というか、もうあちこちでケバブがまわってます。
すげーケバブです。


20170901IMG_6057.jpg
今回はスルタンアフメット、別名ブルーモスクの近くに宿を取ることにしました。
安宿が結構固まってるのがスルタンアフメットの近くなんです。
1000円前後で宿が結構見つかるし、栄えているんで食べ物にも買い物にも困らないです。


20170901IMG_6061.jpg
特に何かをする予定ではないイスタンブール。
(だって、本当は来る予定じゃなかったもん)


トラムに乗ってどっかフラフラしてみようと思います。


20170901IMG_6060.jpg
イスタンブールにはイスタンブールカードっていうスイカみたいなやつがあるんですよね。
プリペイド式になってて、お金をいれてタップすればトラムも地下鉄も乗れちゃうやつ。
しかも、イスタンブールカードで支払えば料金が約半額になるっていう。


最初に6リラ(180円くらい)支払わないといけませんが、3回乗れば元を取れますんで絶対に持ったほうがいよいです。
イスタンブールはほんまに歩きでは回れないくらいでかいし坂が多い。



そして・・・





20170901IMG_6064.jpg
猫が多い。


坂と猫がめちゃくちゃ多いのがイスタンブール。


20170901IMG_6063.jpg
街を歩いているとひたすら猫に出会います。
しかも、ほとんどの猫が人懐っこいっていう素敵な国。


20170901IMG_6065.jpg
猫と猫がしょっちゅうすれ違います。
喧嘩をする訳でもなく、お互いちょっと見つめあってからさらーっとどっかに行ってしまう。
それがイスタンブールの猫さん社会。


20170901IMG_6069.jpg
人に慣れてるのは、人がご飯をあげてるから。
イスタンブールの人は、野良猫さんにご飯をあげるんですよね。
ちゃんとキャットフードを買ってあげる人がいっぱい。
なので路地裏とかにはいると、透明のケースに入ったキャットフードがあちこちにあるのを目にすることができます。
その周りにはたくさんの猫さんがいて、急いでご飯を食べる訳でもなく、ゆーっくりと自分のペースでご飯を食べて過ごしているっていう状態。




パラダイス!!!




20170901IMG_6072.jpg
夜になってくると猫さん達は活発に動き始めます。


20170901IMG_6073.jpg
すぐに猫さん発見。


20170901IMG_6076.jpg
車の上にぴょんっと飛び乗り歩き回る猫さん達。
人間が近づいても逃げない猫さんが多く、人間慣れしているようです。


20170901IMG_6080.jpg
どんどんすれ違う。
僕にすり寄ってくるわけでもなく、まったく無視して歩いていく。


20170901IMG_6077.jpg
猫が好きな人はイスタンブールの街を1日歩いても飽きないと思います。
あっちこっちに猫がいる。
そして、どの猫も基本的には美人顔なんですよね。
ブスな猫がいません。
みんな可愛い猫ばかり。



まぁ、猫ばかり見てても仕方ないんでご飯を探したいと思います。


20170901IMG_6083.jpg
現在トルコは犠牲祭まっさかり。
10日間くらいのホリデーなんですって。
だから、あまりローカルな場所のレストランなどはやっていない可能性があります。

20170901IMG_6086.jpg
そんな訳で非常に活気のある場所にやってきました。
ご飯くれ。





20170901IMG_6088.jpg
イベントやってました。
ご飯くれ。
イベントいらん。
ご飯くれ。


20170901IMG_6090.jpg
レストランを発見しました。
テラスでご飯を食べようと思います。



20170901IMG_6091.jpg
チャイ登場。
インドだとチャイはミルクティーみたいなやつだけど、トルコでは普通にストレートティーの事なんですよね。
そんで、この腰がくびれた形の器で出て来ます。
こいつに角砂糖をいれて飲むのがトルコ流。
アルコールがあまり飲まれていないトルコ。
ほとんどの方、とくに男性はこのチャイを飲んでいる姿をよく見かけます。



20170901IMG_6092.jpg
今晩の晩御飯。
アダナケバブってやつです。
ピリ辛の牛肉が入ったやつ。
おまけにアイランっていうヨーグルトっぽい飲み物もいただきました。
この二つでお値段10リラ。300円くらい。


トルコといえばやはりケバブですよね。
けど、ケバブってこういうやつだけがケバブじゃないんですよ。
お肉を焼いた料理は基本的に全部ケバブです。


それと衝撃的な真実が・・・




実は、ドネルケバブ(お肉を野菜と一緒にパンに挟んだケバブ)




トルコ発祥の料理ではありませんでした。



え!?
ケバブってついてるのにトルコ発祥じゃないとかありなの!?



って思う方が多いかもしれませんが、ドネルケバブはドイツ発祥の料理なんですって。

もっと正確に言うと、トルコからドイツへ移民としてやってきた方が作ったのがドネルケバブなんです。
なのでオリジナルを作ったのはトルコ人だけれど、うまれたのはドイツ。


か・・・完全にトルコ料理やと思って食べてた・・・


トルコ料理、ケバブばかりの印象が強いと思いますが、いろいろ美味しいものがありますので、また紹介していこうと思います。




タビイクHPはこちら▶︎タビイク公式ページ

タビイクLINE@登録はこちら▶︎友だち追加


本日もお読みいただきありがとうございました。
最後にクリックでもしていきませんか?


スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
旅丸ブログスマホ用応援ボタン


パソコンの方はこちらのボタンをぽちっとお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


▼▼旅中に使用しているNo1宿予約サイトはこちら▼▼



予約時にお金もかからないし、キャンセルも無料の場合がほとんど。
現地到着時に支払いをするという方法なので、トラブルが起きない優れものです。
ここから飛んで予約してくれると、僕が太鼓叩いて笛吹いて小躍りしたりします。




▼▼旅情報サイト【TABIMARU.COM】もよろしく▼▼
tabimarudottocom.png 
  


スポンサーサイト

スポンサーリンク

0 Comments

Add your comment