FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

白のチョコレート、黒のチョコレート、その意味とはなんだろう?

chocolate.png 

どうも、最近sarahahっていうやつで質問に答えるのがとても楽しい僕です。
Twitterで色々質問をしてくれたら、僕がどんどん答えますのでどうぞフォローしてみてください。

僕のtwitterは→
こちら

1月6日 〜リガ〜

20180106IMG_6451.jpg 
アルトゥルの実家に遊びに行きました。
ちっちゃい可愛いのがいます。
名前はゲルマン(きっと僕には発音できない音)
5歳です。
アルトゥル23歳なんで、17歳差なんですね。

僕も姉とは15歳差ですが、僕以上の年齢差がある兄弟なかなか見る事ないので驚いてます。

サザエさんとわかめちゃんでさえ14歳差ですからね。
あそこいつ見ても親子に見えるけど、姉妹なんですよね。わすれがち。


お土産を持ってきました。



20180106IMG_6452.jpg 


ねるねるねるねの進化バージョン。
その名もまじょまじょねるねる

子供絶対喜ぶやろうって思ってますので。
日本のお菓子万歳。


20180106IMG_6453.jpg 
家族総出でまじょねるねるの謎を紐解いてます。
アルトゥルは日本語読めるのですが、なかなかまじょねるねる難解です。


20180106IMG_6454.jpg 
開けてみたのはいいけれど、何が書いてるかさっぱりわからないゲルマン。
まぁ、水を入れて混ぜればなんとなくできあがると思うので大丈夫でしょう。


20180106IMG_6455.jpg 
まじょまじょねるねるは食事が終わるまでおあずけです。

まだお昼ですがシャンパンも用意。
正月気分ですからね、僕としては。
正月に帰省した感じです。


20180106IMG_6456.jpg 
ラトビア料理のパンケーキ。
二種類のパンケーキをママが作ってくれました。

一つはキャベツと卵。
一つはハムとチーズ。

パンケーキを焼いて、中に具材を詰めて、フライパンで焦げ目をつけてできあがり。

以前お伝えしたかと思うのですが、ラトビアのリガは美食の街。
一般家庭で食べるご飯も手が込んでないように見えて、めちゃくちゃこだわってるんです。

アルトゥルも時々家でご飯を作ってくれるんですが、僕の手抜き料理とは全然別物。
豚肉をタコ糸でしばったりします。




20180106IMG_6458.jpg 
食事が終わり、お待ちかねのまじょまじょねるねるタイムです。

なになに…粉1を丸のいれものにいれて…水をいれて…混ぜて…粉2をいれて…混ぜる。
そして、その他にも二種類の粉をいれて、味を変えたり、膨らませて遊びながら食べる…。


20180106IMG_6459.jpg 
ど…どう…。
ゲルマン…
美味しいのかな…



残念ながら美味しくなかったようです。
日本が誇る知育お菓子ねるねるねるねの新シリーズまじょまじょねるねる。
ラトビアの子供にはウケないというデータが取れました。



ちなみにヤコブもめっちゃ残してた。
作る時は楽しんでたけど、味は嫌いみたい。


って事は、味を大幅に変えたら世界中で人気出るんじゃないのか。
確かに、なんか複雑な味しますよね。
青りんご味からコーラ味に変わるんですけど、実際青りんごでもないしコーラでもない。


そこをなんとか変えたらいいんじゃないかと思うんですが、そういえば昔からこういうお菓子ってソーダ、コーラ、青りんご、ぶどうの4種類くらいですよね。



20180106IMG_6461.jpg 
まじょまじょねるねるの事なんてささっと忘れて、お土産で持ってきた忍者ステッカーを壁に貼り出しました。


20180106IMG_6463.jpg 
部屋中のいたるところに忍者ステッカーを貼りまくるゲルマン。


20180106IMG_6464.jpg 
まさしく忍者の如く木に隠れる場所にも忍者ステッカーを貼りまくる。

20180106IMG_6466.jpg 
そして、自分が寝てるベッドの内側にもぺたり。
めちゃくちゃ嬉しそうな顔をしてるのを見てるだけで嬉しくなる。


20180106IMG_6467.jpg 
次はどれを貼ろうかな。
そんな事をきっと考えてるんだと思う。
そして、小さなものから貼っていき、大きなものは後に残す。
そのタイプの性格なんですかねゲルマン。

20180106IMG_6468.jpg 
こんな所にも貼ってます。
『見て見て!』
って顔がほんとうに楽しそう。

なるほど…

子供との会話

子供との会話はやはり顔を見る事、行動を見る事なんだと思いました。
ゲルマンとは言葉では会話できません。

でも、ゲルマンは僕が昨年一度だけ家に遊びに行った事を覚えてくれていたし、最初にドアを開けた時、とても嬉しそうな顔をして迎え入れてくれました。


僕の事覚えていてくれたのが本当に嬉しかった。

前にきた時も会話はもちろんできませんでした。
でも、一緒に自動車のおもちゃで遊んでました。


そこにあった音は、ボタンを押すと鳴り響くパトカーと消防車のサイレンの音。
それと楽しそうな笑い声だけ。


滅多にいない日本人だからかもしれませんが、それでもゲルマンは僕と遊んだ事を覚えていてくれたんです。

僕が部屋に入ると、どこからともなく電車のおもちゃを持ってきてくれました。
そして、前みたいに一緒に遊ぼうという顔で僕の事を見てくれた。




子供の行動を見て、表情を見て、笑っているのを見て、一緒に笑って。

言葉が通じなくたって、子供との会話はそうやって成立していくんだと思います。

もう少し成長していくと、言葉を使ってコミュニケーションをとるべきタイミングが来るんだと思うんですが、ラトビアでは英語教育が進んでいるので、英語で話せるようになったらいいなぁって思うし。

それまでは、僕と言葉を使わない大切な関係性を作っていけたらいいな。


世界に家族ができる事

お土産をもらいました。

20180106IMG_6470.jpg 
ハッピーニューイヤー&メリークリスマス

その言葉と一緒に少し恥ずかしそうな顔をしながら僕にプレゼントをくれたゲルマン。

中身は一体何でしょうか。


20180106IMG_6471.jpg 
二種類のチョコレート。
チョコレートがそこまで好きじゃない僕には珍しく、僕が好きなRaffaelloのホワイトチョコとトリュフ。
なんで僕が好きなん知ってたんやろうって思うぐらいドンピシャです。

この二種類のチョコレートには意味があるんだそうです。


白いチョコレート=いい時
黒いチョコレート=悪い時


いい時も、悪い時もあるけれど、食べてしまえばどっちも甘くて美味しいんだよ。


なんだかヨーロッパらしい考え方ですね。
悪い時を美味しいって思える発想が素敵だなって。

そうやって、僕の為にプレゼントを選んでくれた事がとても嬉しかった。

僕には世界中いろんな場所に大切な家族がいます。
そして、こういうクリスマスや新年は特に世界中の家族から連絡が一気にくる。

それを返信していくたびに、その人たちとの出会いのきっかけを思い出します。

ホステルでたまたま一緒だった。
カウチサーフィンで泊めてもらった。
レストランで仲良くなった。

色んなきっかけがあって、色んな出会いをしてきたけど、こうやって世界中に家族がいる事で、僕はより一層平和っていうものに憧れを抱きます。


いつまでも旅を続けて、そんな風に思い合える人がたくさん増えたらいいなぁ。


旅丸応援ボタンです。

最後にポチッと。

スマホの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログスマホ用応援ボタン

パソコンの方はこちらの文字をぽちっとお願いします。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


▼▼旅中に使用しているNo1宿予約サイトはこちら▼▼



予約時にお金もかからないし、キャンセルも無料の場合がほとんど。
現地到着時に支払いをするという方法なので、トラブルが起きない優れものです。


▼▼旅情報サイト【TABIMARU.COM】もよろしく▼▼
tabimarudottocom.png 
スポンサーサイト

スポンサーリンク

- 2 Comments

ひさぷりあゆQ~  

アルトゥルの弟なんだ~♪可愛いと思った!!!

チョコの話いいね~✨✨✨

そうだよね~食べてしまえばおんなじ甘くて美味しいね~❤

私も弟くんに会いたいなぁ~
ラトビアいくからね~✨✨✨

そのまえにまた、家で乾杯しましょ🎵

2018/01/10 (Wed) 22:45 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆あゆきゅ☆

せやでー!!
アルトゥルそっくりやからな笑
本人にいうても全然似てるって思ってないみたいやけど、周りからみたらそっくりやもんなぁー。

ラトビアほんまに遊びにおいでや!!
僕の部屋めちゃくちゃ広いから!!!
家族全員できても大丈夫やで笑

日本帰ったら別荘として使わせてもらうわ!!!!

2018/01/12 (Fri) 00:52 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。