エジプトで強盗に遭遇する話【ルクソール×エジプト×世界一周】

____________________________________________
どうも、旅丸shoです。

2013年5月13日から世界一周の旅をはじめました。
皆様に旅の素敵さと面白さと切なさと歯痒さを、写真と情報でお届けしたいと思います。
ランキング参加しております。
よかったらクリックしてやってください。

スマホと携帯の方はこちらの文字をクリックしてやってください。
☆携帯・スマホの方 クリックはこの文字☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
パソコンの方はこの犬ちょろをなでるようにクリックしてやってください。
_____________________________________________

11月11日
~ルクソール~
2013年11月時点レート 1ポンド=15円

運命の日だ。



運命の日がやってきた。




ブラジルワールドカップのチケット販売第二弾!!!

今回は早い者勝ち!!!!

現地時間朝の9時から販売開始。
エジプト時間だと昼の13時から。

ふっ。
ばっちり12時からスタンバイしてるぜ。
このチケットを逃すわけにはいかないんだ。
なんせ、ブラジルワールドカップに行くために南米の期間を7か月にしたんだからな!!

この駆け足バックパッカーが7か月も南米に滞在するんだ。
それだけの価値がワールドカップにはあるって思ってる。
日韓ワールドカップを見に行った時、正直ワールドカップを見てる気がしなかった。
なぜだろうか?
きっと日本だからか。
なんとなく日本でやってる親善試合を見に行ったような気がしてた。


けど、今回はブラジル。
サッカーの本場ともいわれるブラジルで行われるワールドカップ。
これは盛り上がるに違いない。
しかも日本の出場も決定している。


見に行くっきゃない。
元南葛高校サッカー部背番号10番としてはこの機会を逃すわけにはいかない。








5分前・・・・







Oh Shit!!!!!
Wi-Fiが切れた!!!
神は元南葛高校サッカー部背番号10番を見放したのか!!!!



ひぃ!!!!
はじまる~!!!!
Wi-Fi誰かつないでー!!!!








・・・・







ふっ






今日は何しようか。
飯でも食べようか。
いや、いっそのこともう一回寝ようか。





チケットとれんかったしな。




はい。
開始3分で連絡がきましたよ。


『もう売り切れたみたいです』





ふっ




俺はチケット争奪戦にもまだ参加できてなかったっていうのに。
俺の試合はまだ始まってもいなかった。
けど知らぬ間に完敗。


あー腹減った。
コシャリでも食べよ。

new3-20131111.jpg
ってことでコシャリ。
エジプトにきてからコシャリの率が非常に高いのはコシャリがダントツで安いからなのです。
だいたい4~6ポンドくらいで食べれちゃうし、炭水化物ばっかりやからおなかもいっぱいになるんで。

new4-20131111.jpg 
これはマカロンだと思うのは僕だけなのか。

new1-20131111.jpg 
水たまりで遊ぶ子供。
後でおかあちゃんに怒られて泣いてるっていうね。



あー・・・
ワールドカップのチケットどうしようかなぁ・・・

今日は一日ずっとそのことを考えるんやろうな・・・・



と思っていた僕にとんでもない事件が起こりました。



ワールドカップのチケットを取れなかった事で半分ぼーっとしながら僕は市場へやってきました。
昨日の夜にも通った市場だったので、何人かは顔なじみになっている場所。
大勢のエジプト人が僕に"Hi-Five”を求めてくる。
けど、僕が買い物をしないのも彼らはもう知ってる。
何人かは僕を呼び止めようとするけど、僕はすぐにその場を笑顔で立ち去っていった。

『Hi』

後ろから一人の男が声をかけてきた。

ちらっと見るとまったく知らない顔。
あー、どうせまた客引きかなんかやろうなと思い
『Hi』
とだけ返事をして再び歩き始めた。


『あなたの事を知ってるよ。あなたが泊まってるホテルで俺は清掃のアルバイトをしててさっき終わったから今から帰る所なんだ』



確かに、僕がシャワーを浴びて外に出てくると男性が二人ほどで他の部屋を清掃していた。
ただ、この男がその人物だったかどうかは正直覚えてない。
違うような気もするし、違ってない気もする。


けど、とりわけ僕は彼に用事もないし、頭の中はワールドカップの事しかなかったんで

『あ、そうなんだ~。僕は今から散歩して帰るよ~。じゃーね』

といって再び歩き出した。


彼はずっと僕についてきた。
僕が土産物屋の前で足を止めると、彼も足をとめる。


んー・・・・

なんだこいつ。


彼はまた僕に話しかけてきた

『俺の家がこの近くにあるんだ。一緒に俺の家にいかないか?お茶でも飲もう』


『いや、遠慮しておく。僕は一人で散歩したいんだよ。さようなら』

僕はそういってその場を去ろうとした。


『Listen!! You listen to me!! I listen to you!!』

はぁ・・・
何回この台詞をルクソールについてから聞いただろうか。
ルクソールの人はよくこの台詞を口にする。

『聞け!!お前は俺の話を聞け!!俺はお前の話を聞いてる!!』

まったく意味がわからない。
こういった人間とは絶対に会話は成り立たない。

『わかったわかった。聞いてやるからあなたの言いたい事を言えばいい』
僕はそう伝えた。


『俺が案内をしてやるから、ついてこい。お金はいらない。俺はガイドじゃない』
彼はそういった。


『あのね、僕はさっきもいったけど、一人で歩きたいんだよ。だから案内はいらないよ』


『この辺は危ないぞ。何があるかわからない。俺はお前を助けてやりたいんだ』


『ふぅ・・・助けてくれるのはありがたいけども、僕はルクソールは2回目だし昨日も一人で歩いてたんだよ。
だから危険だとは思ってないし、危険な場所にはいかないから大丈夫。』


そういって僕はその場を無理やり離れていった。
後ろの方では
『Hey!! Listen!!!』
と男が叫んでる。


僕は誰かを無視するのがとても苦手だけど、もう彼と話をする必要はないと判断したので無視をすることに決めた。


10分後


再びその男は僕のすぐ目の前に現れた。
『おい。ここら辺は危ないから俺が案内してやる』

またか・・・

『あのね、何回言えばわかるんだよ。僕は一人で歩いても大丈夫だからほっておいてくれ』

彼にそう伝えた。


すると彼はこんなことを言った


『あそこにいる男が見えるか?あいつがずっとお前の事をつけてるぞ。お前から鞄もカメラも全部奪おうとしてるんだ』



・・・



彼が指さした方を見ると確かに一人の男がいる。
その男は右手に竹でできた1mないくらいの棒をもって、ときどき左の手のひらにバンバンとあてていた。


僕がこの時に考えた事。

こいつらぐるやな。


そうやって僕をびびらせといて、案内することを引き受けさせて後からガイド料を請求するっていうパターンやろうな。


そう僕は考えた。


『はいはい。でも大丈夫だからほっておいてくれ。じゃあね』
そういって僕は再びその場を離れた。





しばらくして後ろを振り返ると





・・・・・・・いる・・・・・・・
さっきの竹の棒を持った男が確かにいる。




角を曲がってしばらく待っていると




・・・・・・きた・・・・・・




そいつの方向にむかっていき、そいつが来た道へ戻っていき再び僕は角を曲がった。
これでこいつがこっちに戻ってきたら完全につけられてると判断しても間違いないと思ったから。





!!!!!!!




きた!!!!!!

つけられてる。
確証はないけど、用心するに越したことはない。


僕は人通りが多い商店街の方へむかっていった。
その商店街を抜ければホテルの道までは大通りばかり。


ちらちらと後ろを振り返ってみると、竹の棒を持った男はいなかった。
きっと人が多いところに僕が入ったからついてくるのをやめたんだろう。


僕は市場をどんどん進んでいった。



・・・・・・・











結論をいうと、僕は被害にあいませんでした。
怪我もしてませんし、何も取られてはいません。
お金もまきあげられてないです。

ただ、ちょっと怖い目にはあいました。


犯罪って夜に起こりやすいものやって思ってたけど、そうじゃないんです。
思ってもいない時に起こるものなんです。

自分が油断してた訳でもないし、気を付けてたつもりやったけど。
そんなん関係ない。


狙われるか狙われないか。
それも運次第なんかもしれません。


でも、そもそも僕が狙われたのは最初に声をかけてきた男と話をしてしまった事からかもしれへん。


今考えたらね、

new2-20131111.jpg
この写真の真ん中。
こいつが棒持ってたやつの気がするんです。

頭にターバンまいてて、こんな色のガラベーヤを着てたように思う。


ルクソール結構好きな街やったのにな。
こういう事が一つ起きるだけで、全然印象が変わってしまう。

僕はほんまに運が良いのか悪いのか、なんとか被害を免れてますけど、世界一周旅行者の中には強盗にあって全部荷物を奪われた人もいるわけで。


やっぱり何が起こるかわからないのが世界なんですね。

これからアフリカ南下。
もっと何が起こるかわからない場所。


もう一回気を引き締めなおして、無事に南下を終えたいと思います。


new5-20131111.jpg 
広場で遊ぶ子供がやたらかわいいルクソール。
一緒にサッカーしたらめっちゃ喜んでくれるんです。

new6-20131111.jpg 
ほんまにこの子と遊ぶの楽しかったなぁ~。


new7-20131111.jpg 
ふらふらしてたら話しかけてくれたイケメンエジプシャン。
彼は兵士だそうです。
ナイル川沿いを2人で歩いて話すだけでとっても楽しかった。

new8-20131111.jpg 
ホテルへ帰る途中に水を買おうと思って立ち寄ったお店の子供。
チェックのシャツがむっちゃお洒落。

new9-20131111.jpg 
こうやってエジプト人と楽しく話をしたり、一緒に写真を撮ったりすることが本当に好きになってきてる。

だからこそ、今日会った事件が悔しいんですよね。
被害こそなかったけども、やっぱり悪い事の印象ってずっと残ってしまう。

ルクソールは素敵な街です。
だからこそ、嫌な思い出が鮮明に残ってるまま離れたくないんです。

怖いことがあった夜やけど、外に出てみてよかった。
この日に外にでなければ、この子達との出会いがなかったもんね。
そして、この子達との出会いがなければ僕は今日ブログを書こうって思えなかったかもしれへん。


ほんまは一回詳細を書いてアップしようとしたんです。
むっちゃ細かくどんな事があったか。

けど、怖いことだけの記事を書いてると心が沈んでしまうんです。


だから、この子達に出会えてルクソールをもう一度好きになれてよかったと思ってます。


ルクソールを訪れる方、日中であろうと繁華街であろうと一人で行動するのは極力避けてください。
道端で話しかけてくる人に対して返事をするのはかまいませんが、あまりにもついてくるようだとおかしいと思ってください。


本日の一枚

newfunky667.jpg 
"太い眉毛は男の証"


本日もありがとうございました!!

リアルタイムは…【タンザニア サッファリサッファーリ】!!


パソコンの方はこの下の犬ちょろ君をぽちっと押してやっていただけるとポイントが入りますので、よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯・スマホの方はこの下の文字をぽちっと押してやっていただけるとポイントが入りますので、よろしくお願いします。
↓↓↓

この文字をぽちっとしてやってくださいねぇ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

7 Comments

トゥカン♂  

ヒゲ

金銭トラブルのみならず、貞操の危機もアルと思います!!
ヒゲを生やし、筋肉をつけましょう!!
サングラスをかけて、目を合わさないようにするのもいいかもしれません。

2013/12/16 (Mon) 08:08 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆トゥカンちゃん☆

貞操!!!!!!
ちゃんと守り通してエジプトを抜けれてよかった…
次はブラジルが結構危ないらしいんですよね…

まずはアフリカをきっちり貞操守って抜ける事に集中します。

2013/12/16 (Mon) 13:58 | EDIT | REPLY |   

あゆQ  

イケメンハンターさきこさんのツィートからおじゃましました。はじめまして!旅はいろんな意味で刺激的ですね~☆世界中の人とコミュニケーションをとれるのは旅の醍醐味ですね。ブログ楽しみにしています!どうぞ、体に気を付けてアフリカも楽しんでくださいね♪ヽ(´▽`)/

2013/12/16 (Mon) 18:05 | EDIT | REPLY |   

まぶ  

ブラジルワールドカップいいなー。
現地でチケット何とかなるような気がする!
南米にはいつ入るんですか?
私はすでにちょっと緊張してます(笑)

2013/12/17 (Tue) 04:13 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆あゆQさん☆

おー!!!はじめましてー!!!
さきちゃんからきてくれるなんて嬉しすぎる笑

世界中の人とのコミュニケーションは本当に楽しいです!!
刺激にもなりますしね☆

ブログ楽しんで書きますのでぜひ楽しみにしていてください!!
現在アフリカ満喫しまくってます!!

2013/12/20 (Fri) 03:50 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆まぶちゃん☆

ワールドカップ行こうよ!!
楽しもうよ!!
チケット…どーにかならんかなぁ…なるだろ…なるよね…orz

南米は2月10日にとぶよ!!!!

2013/12/20 (Fri) 03:53 | EDIT | REPLY |   

履歴書の送付状  

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

2014/06/05 (Thu) 09:54 | EDIT | REPLY |   

Add your comment