これを見ずに旅は終えれない

___________________________________________
どうも、旅丸shoです。

2013年5月13日から世界一周の旅をはじめました。
皆様に旅の素敵さと面白さと切なさと歯痒さを、写真と情報でお届けしたいと思います。
ランキングに参加しております。
よかったら一日一度のクリックお願い致します。


携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
▼▼▼
旅丸ブログ応援ボタン


パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
▼▼▼
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
_________________________________________


6月15日
〜シーラーズ〜


ぐっもーにん

20140615IMG_9665.jpg 
シーラーズ。
ただいま午前7時半。

こんな朝早くからお出かけしてるなんて…
いったいどこへ行くのでしょうか?

20140615IMG_9666.jpg 
ここです。
マスジェデ・ナスィーラロ・モルク。
僕がシーラーズで絶対に見たかったモスク。

20140615IMG_9667.jpg 
シーラーズといえば薔薇。
入り口には薔薇のモザイクがありました。



7時50分になり、門が開き中へ入りました。
チケット代は100000リアル(約400円)

20140615IMG_9669.jpg 
こちらがマスジェデ・ナスィーラロ・モルク。


でも僕が見たいのはこの景色じゃないんです。


今日はしばらく写真を楽しんでください。
そんなブログの日も良いでしょ。


では、僕が早起きしてまで見たかったものを皆さんにお見せしたいと思います。

20140615IMG_9670.jpg 
これがモスクの中。

20140615IMG_9672.jpg 
この景色を一度自分の目で見たいと思い、イランにやってきたんです。

20140615IMG_9679.jpg 
このステンドグラスから生み出される

20140615IMG_9677.jpg 
幻想的な彩をこの目で見たくて

20140615IMG_9673.jpg 
ステンドグラスに太陽の光が差し込むのは朝一。

20140615IMG_9681.jpg 
太陽が昇りきってしまうと光ははいるものの、ステンドグラスにはうまく差し込んでくれない。

20140615IMG_9683.jpg 
だからこうやって綺麗なステンドグラスを見れるのは

20140615IMG_9685.jpg 
限定された時間だけなんです。

20140615IMG_9684.jpg 
この時間だけが創り上げる特別な空間

20140615IMG_9687.jpg 
それをどうしても味わってみたくて僕はイランにやってきました

20140615IMG_9693.jpg 
差し込む光は時間が経つにつれ

20140615IMG_9697.jpg 
彩の角度を変えていく


しかし残念な事があるんです。

20140615IMG_9674.jpg 
カーテン…
この季節、ステンドグラスの下の部分をカーテンが覆ってしまっているんです。
だから、中から見える彩もカーテンが無い時と比べると美しさは半分以下になってしまうんです。


そして残念な事がもう一つあるんです。

20140615IMG_9698.jpg 
自分の世界にずーっと浸ってしまう人が寝っ転がってる。

20140615IMG_9714.jpg 
だから仕方なく僕は上の部分だけを写真におさめる。

20140615IMG_9696.jpg 
だってずっと浸ってしまってるんだもの。

20140615IMG_9705.jpg 
ずっと浸ってしまってる人の事を忘れ、僕は再び写真をとりはじめる。


けれど…

20140615IMG_9703.jpg 
気になる…
どいてくれないかしら…
いや、言うまい。
それぞれ自分の時間を楽しみたいっていう思いもあるんだし。


20140615IMG_9700.jpg 
しかし本当に美しい。

20140615IMG_9730.jpg 
今までたくさんのステンドグラスを見てきたけれど

20140615IMG_9744.jpg 
ここまで映り込む光がたくさんの彩に飾られているのを僕は見た事が無い。

20140615IMG_9741.jpg 
思わずこの彩の中に溶け込んでみたくなる程の美しさ。
僕の美しさが8割増くらいになっている事に気づいていただけるだろうか。

20140615IMG_9752.jpg 
本当にこのステンドグラスはずっと見ていても飽きる事がない。


20140615IMG_9748.jpg 
太陽の光が創り上げる彩をひたすら眺めているだけで

20140615IMG_9772.jpg 
 
この光の中に自分がどんどん溶け込んでいくような気分になる。

20140615IMG_9768.jpg 
いや違う

20140615IMG_9753.jpg 
そんな気分になるだけじゃなくて

20140615IMG_9797.jpg 
自分自身もこの彩の一部になってるんやって事に気づく。

20140615IMG_9773.jpg 
時間が経つにつれ太陽の光は強くなり

20140615IMG_9758.jpg 
モスクの中の彩を増やし続けていく

20140615IMG_9765.jpg 
どんどん広がり続けていく彩



20140615IMG_9784.jpg 
これだけ素晴らしい彩を僕に見せてくれたこのモスクは本当にすごいと思う。

 
ここには朝一に来る事をお勧めします。
そうしないと…

20140615IMG_9776.jpg 
素敵な彩のお洋服をきたツアーの方がたくさん訪れちゃいます。


ちなみに…

20140615IMG_9800.jpg 
このモスクの井戸が実はめっちゃ深いって事はあまり知られてい無いっぽいです。


お昼ご飯食べに行きます。
頑張って見つけたんです。
20140615IMG_9807.jpg 
このおじさんが勧めてくれたんです。

20140615IMG_9801.jpg 
イラン料理。

20140615IMG_9805.jpg 
ホレシュテ・バーデムジャーン
ナスとトマトと牛肉のシチューです。
これをご飯にかけながら食べるのがうまいのです。


帰り道、ふらふらと街中を歩いていると二人組の女性に声をかけられました。
逆ナンってやつです。


今日の夜もイラン料理を食べようと思っていた僕は、二人組の女性にイラン料理を出してくれるレストランを知らないですか?と尋ねました。


そしたら…

20140615IMG_9808.jpg  
仰々しい…


いやちょとまって。

20140615IMG_9809.jpg 
絶対高いやん。


実は僕に声をかけてきた二人組の女性。
このレストランの従業員でした。
このレストランなんですが、シーラーズ市内にある高級ホテルに併設されてるレストラン。


20140615IMG_9812.jpg 
わからんで。
読めへんから。
読めへんからわからんねんけど、数字だけちょっとわかるねん。

一番安いやつで395000リアル(約1600円)


お姉ちゃんごめん。
わしには無理や。
そもそも声かける相手間違っとるわ。

20140615IMG_9841.jpg 
そんな訳で、お金のあまりない僕は一休みしたのち晩御飯を探しに行くのでした。


ケバブ…ケバブ…
どこを見てもケバブばかり…


ケバブはいつでもたべれる…
イラン料理はイランでしか食えない…


イランは街中を歩いているとどんどんいろんな人が声をかけてくれます。
それを機に、イラン料理のお店を教えてもらう事にしました。


教えてもらった通り進んでいくと屋台のようなものを発見。

20140615IMG_9844.jpg  
これは一体…
こちらキャシュコ・バーデムジャーンという料理。
お値段20000リアル(約80円)
茄子をサワークリームのようなものであえた料理です。
上にかかってる黒いやつは…


謎の物質…
多分中華料理でいうところのラー油みたいなものやと思うんです。
油やったから。
ゴマのペーストにも似てたなぁ。
でもごま油じゃない。

味は普通。
不味くはないですけど、もう一回たべたいかって言われるとそうでもない。
アレンジしたら絶対に美味しくなりそうなんですけどね。
日本人にあうようなアレンジしてみたいなぁ。


でね。
ここの屋台でもう一つ料理があったんですよ。
それを頼んでる人が多かったんで、僕もお腹いっぱいやったんですけど、それも味見だけしたくってね。
だから2000リアル(約8円)分、10分の1の量だけ欲しいってゆーたらね



まるまる一皿タダでくれました。
『食ってけ食ってけにーちゃん!』
みたいなのりで。


20140615IMG_9845.jpg  
こちらはアーシュ・レシテっていう料理らしい。
ちなみにレシテの“レ”は“R”の“レ”です。
英語の発音でいうと“レ(レレレレ)シテ”
巻き舌の“レ”です。


これなんていったらいいんやろ。
麺が入ってるんですよ。
パスタよりもうどんに近い感じの麺。
ほんで、スープはどろってしてる。
多分豆のスープやと思います。
これはかなりお腹にたまりそうな一品。
そして、こちらもなんとかしたら日本人の口にあいそうな一品。
(って事は、そこまで口にあってない)


イラン料理…
まだまだ色々試してみる必要がありそうな予感。


そんな予感してたら…

20140615IMG_9851.jpg 
宿でこれもいただきました。
むっちゃでかいひらべっちゃいパンに卵焼き乗っけて食べる。
このひらべっちゃいパンなんですが、少し焦げ目がついてて香ばしく、サクサクしてる部分もあってなかなか美味しいんです。


明日もイラン料理探そう!!!!


気合い入れないと!!!!

なんで僕がこんなに気合い入れてるか。
それは…


三日後からラマザンが始まるから!!!!!!
ラマザン…
ラマザンの期間…約一ヶ月…お昼ご飯食べれない…



ただでさえ勝手に痩せていくのに…
これ以上痩せたら、旅人女子が怒る体重になってしまう…


本日もありがとうございました!! 

ブログ応援よろしくお願いします。

▼▼▼パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
▲▲▲パソコンの方はこちらの犬ボタンのクリックをお願います。


▼▼▼携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。
旅丸ブログ応援ボタン

▲▲▲携帯・スマホの方はこちらのクリックをお願いします。


  




スポンサーサイト

スポンサーリンク

8 Comments

にょろ  

モスクめっちゃ綺麗ヽ(;▽;)ノ
感動するね〜こんなん見たら。
カラフルな光が反射したshoさんも、綺麗なお姉さんに見えるもん(笑)

寝っ転がってる人は、一応ステンドグラスの光を楽しんでたの?
独特の楽しみ方やね。

いよいよ痩せちゃうのね。
冬眠前のようにたくさん食べておかないと。
って事は、明日は食レポ三昧?

2015/07/22 (Wed) 07:24 | EDIT | REPLY |   

くりきんとん  

お兄さんの体重は私が守るわ!!!!笑

2015/07/22 (Wed) 11:36 | EDIT | REPLY |   

あゆあゆあゆQ~  

ちょっと!!兄さん、痩せたなぁ~

ステンドグラスの光がそうみせるの?
いや、いや。

4か月前より4キロはやせてるな、。

私は毎日走ろうがホットヨガしようが、代行バシバシいれて働こうが、なにしても去年から増えた体重3キロもどせないのにな、、、。

旅って、、 すごいな 、、、。

ステンドグラスはほんと、キレイ~(*´ー`*)

ず~っとみてたいよね~

あの転がって自分の世界に浸ってる人の気持ちわかるわぁ~ 日本じゃあんな素敵な感じに現実逃避できないものね、、大酒をくらうしか、、、、。

さ、明日は、うまいイラン料理のせてちょうだいよ!!!

日本に帰ってきたら、フルコースディナ~よろしくたのむぜっ!!!

2015/07/22 (Wed) 12:02 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆にょろ☆

モスク綺麗やんねぇ!!
ほんま感動するで…でもこれが一番綺麗な時期は秋なんよねぇ…
ちきしょー!!!
8割り増しで男前になった僕ね。
素晴らしいでしょ。

寝っ転がってる人は…
何してるんでしょうかねぇ…


そうなんです。
いよいよ痩せちゃうんですよ。
悲しいことに痩せちゃうんです…

って思ったら…笑

2015/07/22 (Wed) 16:22 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆くりきんとん☆

はよ大使館行ってこい。

2015/07/22 (Wed) 16:24 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆あゆあゆあゆあゆぴゅー☆

ちょっとだけね!!
ちょっとだけ痩せたかもしれんけど、今は同じくらいに戻ったと思う!!!

3キロ戻せないのか。
多分あなたの邪悪な心をとりのぞいたら3キロ痩せると思うけど、無理やね。
その邪な心が消えることはない!!!!

ステンドグラス綺麗でしょー。あれはたまらんかったわぁ。

さ!!!
イラン料理の特集はイラン旅終盤にあるからもうちょっと待って!!!
フルコースディナー任せて!!!
ふみえとぶりしゃぶ!!!

2015/07/22 (Wed) 16:32 | EDIT | REPLY |   

まえまえ  

あ、もーいきます。
絶対いきます。
これみて決めました。
私もこの中に溶け込みたい!

実際人はそないにいらっしゃらず静かな感じですか?
だったらいいなぁ。

2015/07/23 (Thu) 01:57 | EDIT | REPLY |   

sho  

☆まえまえさん☆

イラン見所よーさんあるから是非いってください!!
朝一は人が少ないんで開館と同時に入るのがオススメですよ!!!

そうじゃないと、カラフルな人たちがやってきます!!

2015/07/23 (Thu) 09:36 | EDIT | REPLY |   

Add your comment